ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

午前中は天気が良くない予報だったので、久しぶりに睡眠を楽しむ。起床したのは午前10時である。寝不足は身体の調子が悪いが、寝過ぎも同様のようで、頭が重たい。全く狙いたい蝶はないが、散歩ついでに午前11時45分発でマイフィールドヘ。一応狙うべき蝶をタイトルのヤマト、ウラナミの青♀と定める。まずはヤマトシジミポイントに直行。約10頭いたが、そのうち♀個体は2頭。どうも青くないと言うのが第1印象。曇りがちで、風も強く一向に開翅する気配がなかったが、辛抱強くウェイティングして、何とか撮影成功。やはり青くなかった。モミジが赤く色づく季節に本種も青く色づくに違いない。やはり11月にならないとビックリする程青い個体は難しいような気がした。次にウラナミポイントに移動。数頭観察出来たが、風が非常に強く、葉上、花上にしがみつくのが精一杯のようで、開翅写真も撮れず、早々に撤収。本日もイマイチの成果であったが、帰ろうとした時、初めて見る鳥発見。ヒタキ科の♀個体程度は同定出来るが種名はわからない。得意の匍匐前進で比較的マシな写真が撮れた。ライファーゲットで超大満足。帰宅後鳥図鑑やネットで検索するも、蝶以上に鳥♀の同定は困難である。一応私の同定結果はコサメビタキである。間違っている可能性40%であるが。ボチボチ蝶から鳥へと移行する時期になってきた。蝶の方は、ムラツ開翅、ヤクルリ、クロツツメレンゲ訪花、シルビア青♀開翅は最低死守したいのであるが。本日の目撃種は、ナガサキアゲハ、モンシロチョウ、モンキチョウ、キチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、ツバメシジミ、ウラギンシジミ、ルリタテハ、キタテハ、コミスジ、ツマグロヒョウモン、ナミヒカゲ、イチモンジセセリ、テングチョウであった。午後6時から阪神巨人戦。優勝の可能性は1%程度か。気合いを入れて応援しようっと。

ウラギンシジミ吸水
f0105542_1736176.jpg


ヤマトシジミ♂閉翅
f0105542_17365126.jpg


ヤマトシジミ♂開翅
f0105542_17372650.jpg


ヤマトシジミ♀閉翅
f0105542_17375781.jpg


ヤマトシジミ♀開翅①
f0105542_17383972.jpg


ヤマトシジミ♀開翅②
f0105542_17391849.jpg


ヤマトシジミ♀開翅③
f0105542_1740363.jpg


ツバメシジミ♂開翅(やっぱり綺麗)
f0105542_1741860.jpg


コサメビタキ
f0105542_17415528.jpg

[PR]
# by 6422j-nozomu2 | 2006-10-07 17:48
午後3時から、大呑むさん状態になるべく出撃しなければならないので、それまでにアップしようと、早朝始発電車で兵庫県のいつものフィールドへ行く。今年の5月に行ったときは、2時間探して、ようやく♂一頭の成果。かなり厳しいのではと思っていたが、歩き始めて10分で、同時に♂二頭が飛び出す。旬をはずれているのか、共に鮮度は良くない。それでもしっかりと撮影開始。裏面撮影は飽きたので、じっくりと翅を開くのを待つ。一頭目はスリスリし始めたかと思うと、ゆっくりと開きだした。二頭目は触覚を激しく動かし出してからジワッと角度を大きくしていった。「なるほど、これが開翅前の前兆2パターンなのか」と納得。しかし、半時間後、私の仮説は見事に裏切られた。比較的鮮度の良い奴を見つけたのだが、静止したかと思うと、瞬時に全開する。それも1分以上も。おかげで全開ポーズもバッチリ撮影出来たのだが。やはり開くタイミングは蝶それぞれの勝手気ままであるようだ。ただ、一つだけ言えることは、午前9時半をすぎると、ほとんど開こうとはしないようだ。次に目的である青♀の調査。まず♀個体を探さなければならない。半時間程してようやく発見。飛んでいる姿を見ると、あまり青くないようだ。「まあ黒♀でもエエワ」と開翅のタイミングをはかって、結構な枚数を撮影完了。青い鱗ぷんは確かにあるが、やはり青♀とは言えない個体であった。まあ、とにかく♂♀表裏を撮影出来たのだから、大満足。少しだけ期待していた、交尾、産卵シーンは夢に終わってしまった。10月後半~11月前半にはきっと青♀がいるに違いない。もう一度訪れて見ようっと。本日の目撃種は、キアゲハ、モンシロチョウ、モンキチョウ、キチョウ、キタテハ、ヒメアカタテハ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ツバメシジミ、シルビアシジミ、ウラギンシジミであった。なお、広角写真をかなり撮影したが、もろピンポイントがわかってしまうので、掲載は差し控えました。

シルビアシジミ♂閉翅
f0105542_1313451.jpg


シルビアシジミ♂訪花半開翅
f0105542_13144211.jpg


シルビアシジミ♂全開
f0105542_13152770.jpg


シルビアシジミ飛翔(偶然撮れたがピンアマはご容赦を)
f0105542_13164485.jpg


シルビアシジミ♀閉翅
f0105542_13173956.jpg


シルビアシジミ♀飛翔と言いたいが静止全開
f0105542_13183542.jpg

[PR]
# by 6422j-nozomu2 | 2006-09-30 13:25
楽しい時間はあっという間に過ぎ去ってしまう。本日はもう帰阪する日である。帰りの飛行機は、那覇発午後1時30分、午前中少し時間の余裕があるので、早朝午前4時半に起床し、名護発那覇空港行きの高速バスに乗り、空港には午前7時40分の到着だ。那覇市内で少し蝶撮影が出来るポイントと言えば、S公園しかない。ユイレールと言う名前のモノレールに初めて乗り、約25分で最寄り駅に到着。そこから10分程歩いてポイントに着く。片手にはしっかりと○研のガイドブックを携えている。狙いは一応イワカワシジミである。しかし、パッと見、蝶が全然飛んでいない。名護とはえらい違いである。約2時間、公園の隅々まで探索したが、イワカワどころか、ウスイロコノマ一頭、ジャコウアゲハ三頭、ツマベニチョウ二頭、シロオビアゲハ二頭、ウラナミシジミ数頭、ヤマトシジミ多数、チャバネセセリ数頭。以上が本日の観察の全てであった。沢山の珍しい蝶を期待しておられた、ブログをご覧いただいた方には、大変申し訳なく思っています。仕方なく、鳥と昆虫狙いに切り替えるものの、こちらも極端に数は少ない。目の前を突然巨大なコウモリが飛翔するも、ただ見とれていまい、撮影不能であった。結局、鳥一種類、昆虫一種類、ほ乳類一種類、これが本日の全データであった。しかし、miyagiさんとのオフ会楽しかったなあ。オリオンビールと泡盛美味かったなあ。沖縄の大自然素晴らしかったなあ。来年もひょっとして、また来ているかもしれないなあ。  完

○研ガイドブック(決して回し者ではありません)
f0105542_2339172.jpg


那覇市の野良猫 ポーズその1
f0105542_23404946.jpg


那覇市の野良猫 ポーズその2
f0105542_23412713.jpg


シロガシラ
f0105542_23415563.jpg


ナナホシキンカメムシ
f0105542_23422279.jpg


さらば沖縄また来るぞぉ
f0105542_23425328.jpg


流石に、蝶が一頭も掲載されない蝶ブログでは些か寂しいので、昨日、一昨日に撮影した身近な蝶達を「おまけ」としてアップしておきます。

シロオビアゲハ訪花
f0105542_23471876.jpg


ナミエシロチョウ集団吸水
f0105542_235232.jpg


イシガケチョウアップ
f0105542_23531011.jpg


オオゴマダラ訪花
f0105542_2354928.jpg


イシガケチョウ集団吸蜜(何頭いるでしょうか?)
f0105542_23545570.jpg


シロオビアゲハ超アップ
f0105542_2356470.jpg

[PR]
# by 6422j-nozomu2 | 2006-09-30 00:04