ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

超出遅れてしまった。昨日の天気予報によると、ほぼ快晴、気温は3月下旬並だった。ウメやアセビにやって来るテングチョウ、アカタテハのチャンス大いにありと、昼前にマイフィールドに向かう。「あれれ、全然エエ天気と違うやん。曇っているし、気温も低いし」ウメとアセビの前で少し待つも蝶の気配なし。ガックリ。

f0105542_18355156.jpg


f0105542_1836810.jpg


蝶はきっぱりと諦めて、鳥狙いで探索。早速メジロ発見。蝶に例えるとモンシロチョウレベルの超身近な鳥である。普段なら、私でさえ全く撮影意欲が湧かないのではあるが、面白い写真が撮れたので数枚。先ずは静止。いくら近寄っても逃げないのでかなりのアップが撮れた。

メジロ静止
f0105542_18402191.jpg


次は全開写真。顔が見えていたら面白い写真になったと思う。

メジロ全開
f0105542_1841261.jpg


次は、飛び立つ瞬間の写真。勿論偶然であるが、ピントが合っていて、大満足。

メジロ飛び立つ瞬間
f0105542_18443369.jpg


最後が、結構お気に入りの写真。

メジロ空中静止?
f0105542_1844428.jpg


今年は、蝶に限らず、鳥に限らず、「身近な種の意外なシーン」をテーマにしたいと思います。ほんまかいな?
その他の鳥も数種撮影したので、どうぞ。一応テーマはウメを背景にした鳥達のはずであったが、ウメがほとんど咲いておらず、ウメ周辺になかなか止まらないので、非常に厳しい結果となってしまいましたが。

カラスの攻撃を受けるノスリ
f0105542_18501348.jpg


囀るシジュウカラ
f0105542_1851389.jpg


シロハラ1
f0105542_18513263.jpg


シロハラ2
f0105542_18514997.jpg


ジョウビタキ
f0105542_18521616.jpg


モズ
f0105542_18524118.jpg

[PR]
# by 6422j-nozomu2 | 2009-02-07 18:59 | Comments(4)
昨日は久しぶりに馴染みのスナックに立ち寄った。昔はスナックと言えばウイスキーが定番。粋な人はバーボンを難しい顔をして呑むのがお洒落だったが、現在は焼酎が幅を利かせている。値段はウイスキーと同じだ。「桜島」もなかなか美味しゅうございました。

f0105542_1859695.jpg


さて、本題。情報収集すると、大阪北部のコマドリ、大阪南部のクロツラヘラサギが面白い。昨晩は少し痛飲したので、近い方ということでクロツラに決定。このポイントには、毎日100羽以上のツクシガモ、1羽のクロツラヘラサギが毎日出現しているそうだ。本命のクロツラは午後3時以降に出るようだ。ゆっくりと午前10時に起床、午前11時半に出発。午後1時に到着すると、既に大砲カメラマンが数人。双眼鏡で観察すると、ツクシが10羽気持ちよさそうに泳いでいる。距離は半端ではない。デジスコでも厳しそう。時間が経過する度に続々とツクシの数が増え、情報どおり100羽以上となる。同時に、クロツラもかなり早い出勤。やはり遠すぎる。証拠写真の山を築いていると、一斉にすべての鳥が飛び立つ。多分猛禽がやって来たのだろう。にげまくる鳥達、左に行ったり、右に行ったり。結構近い距離にも来て、シャッターを押し捲る。時系列で8枚の写真を掲載いたします。色々とトリミングをしております。

シーン1
f0105542_191512.jpg


シーン2
f0105542_19152189.jpg


シーン3
f0105542_19153811.jpg


シーン4
f0105542_19155672.jpg


シーン5
f0105542_19161134.jpg


シーン6
f0105542_19162756.jpg


シーン7
f0105542_19164265.jpg


シーン8
f0105542_19165993.jpg


本日は長期戦の予定だったが、本命が早く出現したので、午後2時で鳥見は終了。ここは、多からずムラツも生息するので、食草周辺を半時間探したが、やはりいませんでした。来月からも暫く鳥中心にお届けいたします。(涙)
[PR]
# by 6422j-nozomu2 | 2009-01-31 19:26 | Comments(10)
本日は、ケーブルに乗って山上まで行き、下ってマイフィールドに戻るコースをとる。それほど高い山ではないが、雪が降っている。下りの泥濘は非常に歩きにくい。気を抜くと、スッテンコロリである。亀のように歩いたのが幸いしたのか、藪からいきなりソウシチョウが5m程の距離に静止。ご存知の方もおられると思うが、この鳥は、所謂「かご抜け鳥」鑑賞用として飼われていたのが、何らかの理由で野外で生活するようになったのだ。たった1秒の出合いであったが、連続3枚をどうぞ。少しピン甘です。

f0105542_18374770.jpg


f0105542_18381141.jpg


f0105542_18383433.jpg


ベニマシコと今年初であるウソを撮影するも、とんでもない距離。ベニマシコは前回掲載したので、ウソの証拠写真をどうぞ。

f0105542_18404032.jpg


麓に近づくと、お馴染みの鳥が賑やかだ。先ずはエナガ。開羽を狙って100枚程撮影したが、当たりは2枚だけだった。

f0105542_18424742.jpg


f0105542_1843553.jpg


コゲラも少し下品な鳴き声ではあるが愛くるしい。

f0105542_18445147.jpg


梅林に到着し、時折雪が降る中、トラツグミとジョウビタキに遊んでいただく。

f0105542_18471638.jpg


f0105542_1847316.jpg


f0105542_18475761.jpg


f0105542_18482515.jpg


春が確実に近づいている写真を1枚。狂い咲きかもしれないが。

f0105542_18502344.jpg


大半の写真はD90・ISO1600以上での撮影である。確かにノイズが少ない。早朝、夕方の蝶には絶大な威力を発揮しそうである。今からワクワク。
[PR]
# by 6422j-nozomu2 | 2009-01-24 18:57 | Comments(10)