ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

ヒメヒカゲ生息調査終了のお知らせ

お知らせ
6/29をもって、ヒメヒカゲの生息調査は無事終了いたしました。
予想以上に生息地が減少していることが分りました。
f0105542_23385459.jpg
わずか数年前まで多数の個体が見られた生息地において、
今回の調査では未確認、あるいは数個体のみしか確認できなかったところが4箇所も
ありました。
減少の原因として、
1.湿地の乾燥化
2.樹木の進入による湿地の暗化や消滅
3.森林火災の延焼防止のために植栽されたヤマモモの樹の生長による草地の消滅
4.採集圧
などが考えられます。
いずれにしても、生息地は極めて微妙なバランスのなかでなんとか残っている状況
で、今後の継続調査の必要性を感じています。

なお、引き続き来年も同調査を継続いたしますので、撮影家、採集家の皆様には、調査の趣旨を御理解いただき、御協力の程宜しくお願いいたします。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2008-06-30 23:41 | Comments(6)
Commented by chochoensis at 2008-07-03 07:52
ノゾピーさん、生態調査ご苦労様でした・・・棲息地の荒廃、怖いですね・・・何とか棲息が確保できて後世に伝えられる環境であってほしいと願っています。それと、採集者による=採集圧=食い止めたいですね。お疲れ様でした。
Commented by cicada_nana at 2008-07-03 12:59 x
希少種調査お疲れ様でした
環境の変化に左右され減りつつある昆虫達の悲鳴にどれだけ人間が対応できるか
この蝶の調査そして今後の課題なのでしょうね!
加西のある天然記念物のトンボのようになってはならないので、何とか復活して
最低限現状維持出来ることを影ながら応援しています
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-07-03 22:19
chochoensisさん、このブログは、生態調査された方の依頼で、後方支援的PRで掲載したものであって、私残念ながら調査には、参加しておりません。誤解を招いてしまい大変失礼いたしました。でも、本当にいつまでも素敵な姿を見たいものです。採集圧だけは何とか食い止めたいですね。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-07-03 22:22
cicada_nanaさん、↑でコメントいたしましたように、私恥ずかしながら調査には参加しておりません。益々数が少なくなると、ウスイロヒョウモンモドキ、ヒョウモンモドキのような保全・保護を徹底的にすることになってしまうかもしれませんね。
Commented by maeda at 2008-07-09 06:26 x
広島でも湿地の乾燥化が見られていました。
かつては沢山居たらしい場所でしたが、全く居ませんでしたね。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-07-09 23:03
maedaさん、わざわざコメント恐縮です。確かこの蝶の食草はスゲの仲間ですよね。次第に日本も温暖化し、湿地が乾地に変化し、食草も生息しづらい環境となり、更に採集圧も加わり、数年後には危機的状況を迎えるかもしれませんね。絶滅種だけにはしたくありません。大した協力も出来ない私ですが。