ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

4月20日(くもりのち晴れ)タイトル:5分+5分

土・日、ナラギフに出撃すべく、金曜日にまずは諸条件の確認。まずは天気。両日共くもり。山沿いは雨が降りやすいそうな。ガクッ。次にカタクリの開花状況を電話して確認。ほとんど蕾で一週間後が適期とのこと。更にガクッ。ということで、昨日は家事手伝いに専念する。ミュウ号の予防注射、庭の草むしり他所用を無事こなす。夕方から、阪神戦を見たり、ごくせん3を見たりして、珍しく一度もパソコンに向かうことはなかった。そして、本日。午前5時に起床し、天気予報を確認すると、午前中はくもり。午後から晴れとのこと。非常に微妙だが、とりあえず出発する。
現地ポイントには午前9時40分の到着である。予想通り、カタクリの花はすべて蕾。辛うじて3つはほんの少し開いている。天気はどんよりした曇り空。午前9時時点での気温も7℃と、先週に引き続きヌルの可能性95㌫。目的はカタクリギフなのでかなりハードルは高いが、兎に角待つことにする。午前11時半、一瞬(正確には5分)太陽が顔を出す。奇跡的にも、1分後、ギフが出現し、ほんの少し開いたカタクリで吸蜜を開始したではないか。残念ながら目線はギフのサイドである。急に回り込んで飛ばれたら元も子もない。シャッターを押し続けながら、正面の位置まで、ゆっくりと移動する。「エエポジションや」とシャッターを押す瞬間、飛ばれた。すぐには飛び去らず、地面で暫し静止。曇りだしたら、梢彼方に飛び去ってしまった。

ギフカタクリ吸蜜1
f0105542_20353277.jpg


ギフ地面静止
f0105542_20361965.jpg


まあ、一応カタクリギフは撮影成功。ほとんど蕾のカタクリに来るなんて、かなりラッキーなのであるが、心は晴れない。更に待つ。正午12時半。再度太陽が顔を出す。またもやギフ登場。1回目のギフと同個体かどうかはわからないが、やはりカタクリで吸蜜を始める。今度は正面からの撮影にも成功。5分後またもや曇りだし、同様の結果に。

ギフ地面静止広角
f0105542_20422719.jpg


ギフカタクリ吸蜜2
f0105542_20432035.jpg


ギフカタクリ吸蜜3
f0105542_20435531.jpg


カケス1
f0105542_2054823.jpg


カケス2
f0105542_20543018.jpg


たった10分だけであったが、晴れ間がのぞき、待望のシーンも成功。「たられば」を言わしていただくなら、①満開のカタクリだったらなあ ②飛翔とか、縦位置とか、青空広角カタクリギフも撮影したかったなあ。更に1時間待つも、天気の回復はなし。午後1時半、1名のネットマンと数名のカタクリ観察隊がほぼ同時にやってきたので、ポイントを後にする。次は麓での撮影。天気はうってかわって快晴だ。しかも気温も汗ばむほど高い。いつもの菜の花畑には、白いチョウが8頭。モンシロ4、スジグロ4だ。期待していたツマキチョウはいない。良く見ると1頭毛色の異なるチョウが熱心に吸蜜中。サカハチチョウだ。何とか表裏を撮れた。

サカハチチョウ1
f0105542_20585984.jpg


サカハチチョウ2
f0105542_20592738.jpg


サカハチチョウ3
f0105542_2184990.jpg


スジグロシロチョウ交尾
f0105542_20595510.jpg


本日の目撃種は、初見が、ベニシジミ、ヒメウラナミジャノメ、サカハチチョウ。それ以外が、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、キチョウ、ヤマトシジミ、ツバメシジミ、ルリシジミ、ギフチョウであった。来週はきっとカタクリが満開のはずだ。一方、ギフの方は、♂はボロ、♀はまだ狙えるかもしれない。まあ出撃は天気次第。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2008-04-20 21:17 | Comments(18)
Commented by otsuka at 2008-04-20 21:31 x
カタクリギフ、おめでとうございました。ギフもまだまだ新鮮ですね(♂ですか?)。ギフの発生とカタクリの開花は必ずしもシンクロしないんですね。カタクリの方が遅かったのかも。
もうサカハチですか。かなり早いようにも思いますが、そちらではいつもこのタイミングで発生ですか?
Commented by thecla at 2008-04-20 21:50 x
カタクリギフ、撮影おめでとうございます。
ちょっと痛んだ花よりも、つぼみから開きかけの花で吸蜜しているほうが綺麗なのではないでしょうか。
花びらの隙間から差し入れているストローもばっちりですし。
Commented by kmkurobe at 2008-04-20 22:50
いやいやきれいですね。このギフチヨウ蜜というよりも色に反応して訪花しているのでしょうかね?
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-04-20 23:14
otsukaさん、ありがとうございます。多分撮影したギフは♂?と思いますが、自信なしです。一応両希少種。タイミングが難しいです。カタクリの方が遅いようです。サカハチは通年どおりの発生時期です。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-04-20 23:17
theclaさんありがとうございます。確かに、旬を越えたボロボロのカタクリよりは良かったなとは思いますが。こんな蕾に近い状態でもしっかりストロー差し込んでいますでしょ。感激いたしました。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-04-20 23:19
kmkurobeさん今晩は。おっしゃるように、色に反応していると私も思いました。しかし、この蝶ほど日射と気温に敏感な子は少ないですね。
Commented by maeda at 2008-04-21 06:14 x
ギフとカタクリがやはり絵になりますね。
次は桜でしょうか。
色々な花に来ますが、地面と花とと考えると、やっぱりこの花です。
Commented by fanseab at 2008-04-21 07:36 x
粘りと執念でのカタクリギフ撮影おめでとうございます。蝶と花弁の向きが好みの位置に来ないところが、この定番画像撮影の奥の深い点だと思います。縦位置広角もかなりギフに接近していて迫力満点ですね!
Commented by ダンダラ at 2008-04-21 12:25 x
ギフの撮影成功おめでとうございます。
たった10分の晴天でこれだけの写真が撮れるとはすばらしいですね。
カタクリ吸蜜3は明るい光線で、誰しもこんなにクリアに撮れることを頭に描いているような写真です。
確かに花が開いていないのは残念ですが、光線のクリアさがそれをカバーしているような気がします。
Commented by banyan10 at 2008-04-21 18:44
天気が良ければカタクリも開いたかもしれませんが、これも貴重なシーンですね。
ギフは新鮮で綺麗に撮影できていて素晴らしいです。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-04-21 21:21
maedaさん今晩は。そうですね、カタクリの場合はギフは空中に静止したようになるので、絵的には面白いです。なお、桜は北海道ではこれからだと思いますが、関西ではすでに葉桜になっており、チャンスはありません。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-04-21 21:24
fanseabさんどうも。確かに些か執念もあり、同じ場所にさびしく4時間居座って下りました。なかなか正面で撮影出来なくてイライラいたしましたが、数枚ヒット出来てうれしかったです。この日はここでは気温も低く、地面に止まった子は数センチに接近してもおとなしくしていましたよ。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-04-21 21:26
ダンダラさん、どうもありがとうございます。時間が少なかった割には、常にシャッター押し捲りで、結構な枚数撮影できました。大半は惨い写真でしたが。吸蜜3はおっしゃるようにギフカタクリの定番でしょうか。些か花はさびしいですが、結構満足いたしました。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-04-21 21:28
banyanさん毎度。そうですね、気温が高ければ開いたかもしれないし、まだ開花には早いような気もするし、微妙でした。まあ兎に角、狙った写真が撮れて結構満足しておりますです。
Commented by 空飛ぶ父 at 2008-04-21 23:27 x
カタクリギフ、おめでとうございます。
懸命にストローを差し込んで吸蜜している姿が、なんとも言えず愛らしいですね。
サカハチチョウ、もう出ているんですね。
春型は特に美しく、山へ行くと必ず探してしまう大好きなチョウです。
Commented by Noreen05 at 2008-04-22 04:32
ナラギフ撮影おめでとうございます~♪
福井では本当に待ちぼうけでしたから・・・良かったヨカッタ(笑)。
こんなに開いていないカタクリで吸蜜しようとするギフチョウの健気な姿に感動します。
気温に敏感なギフチョウは低い方が撮影しやすいのですね・・・美しいです!
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-04-22 21:11
空飛ぶ父さん、どうもありがとうございます。この日はこのシーン狙いでしたので嬉しかったです。蕾に毛の生えた程度のカタクリに執着するあたり、かなり空腹だったようです。サカハチも春型の方が素敵ですが、きつい日差しのため、美しい裏面を表現出来なかったのが少し残念でした。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-04-22 21:14
Noreenさん、どうもありがとうございます。福井ではつらいめにあいましたので、ホッという心境です。しかし、さほど気温が高くなかったので、このショットが撮れたと思います。地面静止ギフはかなり近づいても逃げませんでしたから。