ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

7月22日(雨のちくもり)タイトル:河川敷のシジミチョウ達

折角の休日なのに、梅雨も最後の意地を見せて、昨日、今日と天気は良くない。先週コメントしたように、マイフィールドもめぼしい蝶はいない。給料前だし、あまり遠征も出来ず、兵庫県のシルビアに決定。秋は頻繁に出撃しているが、この時期、旬であるかどうかも自信がない。確か5、7、9、11月が発生時期だと記憶しているのだが。始発電車で気合いを入れて出撃である。現地に到着すると雨が降っているではないか。「きっと止むはず」と念をおくる。半時間後には偶然ではあるが、障害を一つクリア。いつもの、唯一発生しているピンに赴くも、唖然。あまりにも綺麗に刈り込みが行われたようで、「ツルツル」で、花一輪も咲いていないではないか。市か県いずれの管轄かは知らないが、全くシルビアなど眼中にないようだ。困った困った。でも、ここで帰るわけにはいかない。意地でも撮影するぞと、全域を調査する。一頭目が現れたのは、何と2時間半後である。ボロではないが、ややスレ気味の♂個体である。流石に天気が良くないので、全開はしない。それでも多分最初で最後の個体だし、100枚近く撮影してしまった。ラッキーなことに、更に半時間後、今度は♀個体発見。♂よりも少しは新鮮な感じだ。意外にもあっさりと全開したではないか。やはり蝶の開翅システムは未だに理解できない。晩秋の頃の青♀とはほど遠い個体であったが、同じく100枚程撮影完了。まあ、目的種の♂♀共撮影出来たのだから、大満足である。予定では、この後北摂に移動することになっていたが、シルビアで時間と体力を消耗してしまい、帰路に着くことにした。ここでの目撃種は、モンキチョウ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ツバメシジミ、シルビアシジミ、ヒメウラナミジャノメ、チャバネセセリであった。
帰宅後、犬の散歩を半時間してから、うっとうしい草むしり。半時間後、綺麗なツマグロヒョウモン♀登場。手を止め、R5を取りに行く。戻ってみると、影も形もなし。半時間後、今度はピカピカのホシミスジ登場。やはり前述と同じパターンであった。その他、ヤマトシジミ、ヒメウラナミジャノメ、ナミアゲハを見る。いつも蝶に元気をもらっている私が好きだ。

ツバメシジミ♂
f0105542_15423187.jpg


ツバメシジミ♀
f0105542_1543247.jpg


ベニシジミ
f0105542_15432549.jpg


ヤマトシジミ(少し羽化不全)
f0105542_15441115.jpg


シルビアシジミ♀①
f0105542_15454698.jpg


シルビアシジミ♀②
f0105542_15464534.jpg


シルビアシジミ♀③
f0105542_15473469.jpg


シルビアシジミ♂①
f0105542_1548910.jpg


シルビアシジミ♂②
f0105542_1549615.jpg


シルビアシジミ♂③
f0105542_15494237.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2007-07-22 15:57 | Comments(26)
Commented by maeda at 2007-07-22 16:16 x
シルビア、厳しそうな環境ですね。

その時どうしてカメラ無いの!なんてよくありますね。
急いで取りに戻るのですが、お決まりのように居ませんね。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-07-22 17:16
maedaさん毎度です。シルビア風前の灯火です。保護団体の皆様動いてくれないかな。カメラがないとき結構エエ蝶見るのは定番です。一昨日も自宅から、2分歩いたとき、クロコノマ目の前で静止。綺麗な個体でした。これからはR5常時携帯いたします。
Commented by nomusan at 2007-07-22 17:44 x
う~ん、シルビア厳しそうですね~・・・。私も佐賀県の産地で五厘刈り?っていうくらいツルツルに刈られたポイントの前に立ちつくした事があります。生命力に期待したいところですが・・・。
手ぶらの時にエエ場面に遭遇・・・これは不思議に遭遇しますね(笑)。
Commented by 空飛ぶ百合香 at 2007-07-22 17:52 x
こんにちは。私たちも昨日シルビアを探したのですが、見つかりませんでした。
シルビアシジミ♀②、素敵ですね。翅の周りの毛まできれいです。
ホシミスジはこtっち(山口)では珍らしいそうです。
私も草むしりをしました。汗びっしょりになってドクダミの匂いがプンプンしてます。
ノゾピーさんも蝶に元気をもらっているのですね!私たちもです。
Commented by kmkurobe at 2007-07-22 18:57
私はカメラはあっても、電池切れ、カード無し・・・・など間抜けなことを繰り返しております。それにしても、読みを的中させて撮影地を決定されたのは長年の経験と勘というものですね。写真ともどもお恐れ入りました。
Commented by otsuka at 2007-07-22 19:03 x
今日も変な天気でしたね。こんな変な天気でもシルビア♂♀ゲットおめでとうございました。
実は今はシルビアは2化と3化の端境期で、3化は早くても来週かと思っていたのですが、認識を改めないといけないようですね。ひょっとすると、もうダラダラ発生モードに入っているのかも。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-07-22 19:22
nomusanさん今晩は。シルビアはギフと同様。人と共存している蝶です。ボチボチ保全を意識しないと、あっという間にいなくなる予感が。そうですよね。カメラがない時に限って、エエ蝶が現れます。前述したように、コンデジ常時携帯することに決めました。はい。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-07-22 19:27
空飛ぶ百合香さん毎度。 そうなんですか、同じ蝶を捜しておられたとは。♀②が宜しいでしょうか。コンデジも結構戦力になってくれます。私もドクダミのにおいが染みついています。ホオー、ホシミスジ、山口では珍なんですか。日本は狭いようで広いですね。

Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-07-22 19:30
kmkurobeさんどうもです。本音は本日も休養日にするところだったのですが、週最低一回は出撃をモットーとしておりますので、出撃してしまいました。毎年同じ時期に同じ蝶を撮影しているような気がいたしますが、それはそれ、勘が磨かれます。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-07-22 19:35
otsukaさん、シルビアの発生時期は難しいです。おっしゃるように、2化と3化の端境期かもしれませんが、♂の鮮度からして、7月初旬が適期化もしれません。♂の全開写真、又、秋頃に掲載いたします。
Commented by Noreen05 at 2007-07-22 23:52
小さな草原の蝶を綺麗に写されてますね~♪
こちらはヒメシジミが多くカバイロがちょっと少ないです。
ツバメやベニを見るとホッとします。シルビアシジミは憧れます!
Commented by kenken at 2007-07-23 00:12 x
私もシルビアの生息地、訪れたらつるつるに草刈ってのが結構あります。
火入れされてたこともあったかな。(笑)
でもね、それがかえって草原環境という生息地の維持につながっている場合もあったりします。
Commented by chochoensis at 2007-07-23 05:27 x
ノゾピーさん、悪天候なのに出撃・・・お疲れ様でした・・・それにしても刈り込まれた草原で数時間も粘る姿勢にただただ感心するばかりです、いつまでも棲息が続きますように・・・。写真も綺麗で素晴らしいです。
Commented by banyan10 at 2007-07-23 20:47
草刈は必要なのでしょうが、一気に全面やられると心配な面もありますね。
この蝶は関西の方が良いポイント多いみたいですね。
先日の遠征で近ければ寄りたかったのですが、遠そうなので断念しました。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-07-23 22:35
Noreen05さんどうもぉ。やはりシジミの仲間は可憐で素敵です。北海道はカバイロがいるので羨ましいです。確かシルビアにそっくりのヤマトシジミも生息していなかったですよね。日本は狭いようで広いですぅ。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-07-23 22:39
kenkenさん今晩は。この蝶には定期的な草刈りは重要不可欠だと思いますが、ツルツルだと、凄く心配になってきます。おっしゃるように、これが生息維持につながっているのですよね。秋に訪れたら、ツルツルがボーボーになっているかもしれませんね。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-07-23 22:44
chochoensisさん、私車がないので、暫く待って、いなかったら、別のシルビアポイントに移動とは簡単に出来ないのです。広く浅く、狭く深くの違いはありますが、まあ一長一短はありますね。単独の出撃ではこのスタイルしか出来ないのが、些か寂しいですが。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-07-23 22:47
banyanさん、この蝶はやはり関東以西のようです。まあ西と東、それぞれ特徴があるのが、楽しいわけですが。草刈りもあまり過激だと、非常に不安になりますが、意外と蝶もしたたかのような気も。
Commented by トッシイ at 2007-07-25 19:17 x
先土曜日、淀屋橋から大川沿いをジョギングしながら観察スポットがないか見ました
けれど、天神祭りの準備か綺麗に花も含めて刈られてました。
確かに草刈は、必要ですけど残念ですね。
また、いろんなを探してみたいです。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-07-25 23:23
トッシイさん今晩は。そうですね、河川敷はジョギングされている方多いです。今日から天神祭り故、綺麗に整備されたようですね。適度な草刈りは河川敷の蝶にとって、必要だそうです。ただ、草刈り直後はものの見事につるつるで些かショックを受けますね。今後も色々な観察スポットを捜してくださいまし。
Commented by fanseab at 2007-07-26 00:55
シルビア♀①はモノトーンの絵作りで雰囲気が出てますね。多化性のシジミの
場合、発生適期をつかむのが難しいのでこのような撮影記録は後で大変参考になると思います。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-07-26 22:57
fanseabさん、どうも遅い時間からのコメント恐縮です。シルビア♀①は少し背景のないモノトーン的なマクロ撮影でしたが、気に入って頂きありがとうございます。確かに旬の発生時期が難しいですが、データを残しておくと、今後の参考になります。梅雨も明け、暫く暑い日が続きますが、じっくりと普通種を撮影するのも一考ですねぇ。
Commented by Ryochan at 2007-07-28 09:17 x
 シルビア、粘り勝ちですね。曇り空の感じが伝わって来ます。私の知っているポイントも川原なのですが、昨年、かんぷなきまでに刈り上げられて唖然としました。最近知ったのですが、ブルドーザーを小型にしたような草刈機(車)で刈っているようです。刈り上げられて以後、確認に行っていないのですが、この記事を読んで少しだけ安心しました。看板はどうかと思いますが、行政も少しは考えてもらいたいと思いますね。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-07-28 21:57
Ryochanさん今晩は。河川敷の蝶も、適度な草刈りを必要としますので、非常に微妙ですが、草刈り直後に訪れると、確かに青ざめます。発生時期、草刈りの時期等色々と検討してから出撃しないとえらい目にあいます。行政も希少種の生物は色々と考えていただきたいものです。
Commented by cicada_nana at 2007-07-29 07:59
わたしも河川敷に行かないと・・・・クロツは行かれましたか?
昨年は少ないながらも11月まで神戸の北で見られました
シルビアは安定してそうで安心しましたが、今年はまだ見ていないので
そろそろ行こうかな
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-07-29 22:12
cicada_nanaさん、どうもです。今年クロツは行っておりません。秋の楽しみで残しております。シルビアはどうでしょうか。ボチボチシーズンオフの感じもあります。やはり秋口がよろしいかと。