ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

6月30日(くもり一時晴れ)タイトル:とりあえずオオムラサキ

今年の梅雨は男性的。シトシトと降ることはなく、パッと降って、パッと止む。蝶の撮影にはお誂え向きだ。ここ2~3日本当に蒸し暑い。外回りで歩いていると、スーツの中から汗がしたたり落ちる。どうも体温調整の機能が芳しくなく、あまり体調は良くない。くもりの予報であったので、久しぶりにたっぷりと睡眠。寝たのが午後11時、起床が午前9時。頗る体調は良い。
以前から何度も行こうと思い、行けなかったマイフィールドのオオムラサキ求めて、午前11時半出発。先ずはクヌギ食堂中心に、丹念に捜すも、樹液が出ているのはたった1ヶ所。暫し待つも、平凡な蝶とオオスズメバチのみ。テリ張り時刻にはまだたっぷり時間があるが、何ヶ所かのポイント上空を眺めていると、ツバメを激しく追う本種を何度も観察。以前にも書いたと思うが、逃げる方も逃げる方だし、追う方も追う方である。ツバメの逆襲にあい、捕食されたケースは一度たりともないのが何故が不思議である。お互い解りながらも演技しているようで面白かった。
午後3時、テリ張りの開始である。かなりの個体を観察したが、目線より下に静止することは一度もなかった。相変わらずの出来映えであったが、表面をチラッと撮影出来たのが、まだしもの救いか。
本日の目撃種は、ナミアゲハ、クロアゲハ、キアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、キチョウ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ルリシジミ、ウラギンシジミ、オオムラサキ、ナミヒカゲ、テングチョウであった。明日は天気が良いと思っていたのに、調べてみると一日中くもりだそうだ。完全休養しようか思案中である。

メジロ
f0105542_21101394.jpg


ベニシジミ夏型
f0105542_21104755.jpg


クヌギ食堂
f0105542_21112715.jpg


ナミヒカゲ
f0105542_2112129.jpg


オオムラサキ1
f0105542_21123910.jpg


オオムラサキ2
f0105542_21131160.jpg


オオムラサキ3
f0105542_2114288.jpg


オオムラサキ4
f0105542_2115249.jpg


オオムラサキ5
f0105542_21153377.jpg


オオムラサキ6
f0105542_2116574.jpg


東大阪市の野良猫
f0105542_21163820.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2007-06-30 21:22 | Comments(16)
Commented by kenken at 2007-06-30 22:00 x
おぉ~、紫のえぇ色が出てるぢゃないですかっ!
「オオムラサキ4」が最も好きなアングルです。
手前のは建物?それとも看板?登れるものであれば登って撮影したいなぁ~(笑)
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-06-30 22:05
ケンケンさん毎度。少し距離があり、忸怩たる思いです。手前の物体は建物です。梯子でもあれば、登って、至近距離から撮影出来るのですが。無茶してはいけませんね。
Commented by otsuka at 2007-06-30 22:07 x
さすが何度もオオムラサキを撮っておられるノゾピーさんだけあって、難しいアングルながらも余裕が感じられますねぇ。翅表のブルーもバッチリだし。私はオオムラを見たのが35年ぶりだったもんで、バクバクもんでした。
Commented by furu at 2007-06-30 22:08 x
そちらでも出ましたか。
この蝶はテリ張りも飛び方も男前で惚れ惚れしますね。
あくび猫もナイスです。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-06-30 22:12
大塚さんどうも。お恥ずかしいですが、かなりの年数マイフィールドに日参していますが、まともな写真はないのです。トホホものです。スギタニ型全開を至近距離から撮影できるのは後何年かかることやら。何。オオムラ35年ぶりなんですか。それは知りませんでした。心臓パクパクだったのでは。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-06-30 22:14
フルさん今晩は。いつ見ても迫力ある飛翔でホレボレします。欠伸猫良いでしょ。本日唯一の自信作です。(笑)
Commented by 空飛ぶ父 at 2007-06-30 22:42 x
オオムラサキを生まれて初めて見たのが、一昨年で、場所はノゾピーさんの「マイフィールド」なのです。娘、妻と出かけて悠然と滑空する姿に見とれていました。
たしか、蝶の撮影で初めて県外に出たのがこの時でした。懐かしいです。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-06-30 23:24
空飛ぶ父さん、ヘエー、そうなんですか。マイフイールド、オオムラは健在ですよ。この蝶飛翔している時の雄大さが素敵です。本日は思わぬ場所で至近から撮影成功出来て本当に良かったですね。
Commented by fanseab at 2007-07-01 00:01
関西でオオムラサキ撮影は結構難易度高そうですね。
相当な距離から、これ500mmズームでの撮影でしょうか?
苦労が偲ばれます。もう少し、日差しがあれば、オオムラサキ6がベストショット
になりそうですが・・・・
Commented by nomusan at 2007-07-01 07:34 x
オオムラサキ、綺麗です。ええですね~・・・。私はまだまともに撮れていません。今年の狙いの一つです。樹液も気まぐれですよね(笑)。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-07-01 12:52
fanseabさん深夜のコメント恐縮です。おっしゃるように、このフィールドでの撮影はかなり厳しいです。樹液が少ないので、毎年テリ張り写真ばかりです。今回は500㎜は使用していません。レンズ交換がうっとうしいし、ゴミが入るのを嫌ったからです。そうですよね。オオムラ6、日射しがあって翅が紫色に輝いていたらなあ。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-07-01 12:55
nomusanさんどうもです。九州ではオオムラサキ多産するのでしょうか。呑むさんでもまともに撮れていないということは、やはり少ないのでしょうか。是非裏面が銀色に輝く個体を見たいですぅ。
Commented by nomusan at 2007-07-01 14:12 x
九州のオオムラサキは、いるところにはまあまあ、いますが、やっぱり撮りにくい蝶だとは思います。梢のテリハリは高く遠く、樹液の吸蜜もかなり低いところでないと・・・しかも完品でいる時期も短いと思えますし・・・すみません、愚痴ってしまいました(笑)。
Commented by maeda at 2007-07-01 21:02 x
オオムラ素敵ですね。
オオイチですら大きいと感じるので、オオムラはもっと迫力あるでしょうね。
札幌方面に出掛けないと見られないので残念です。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-07-01 22:54
nomusanさんご丁寧にコメントありがとうございます。やはり九州でも撮影は厳しいようですね。信州では、樹液に群がる本種の写真を良く拝見しますが、夢のまた夢のようです。エエポイントを自力で捜さなければ。

Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-07-01 22:56
maeda さん今晩は。確かに迫力だけでは、タテハナンバ゛ーワンだと思います。翅音がブンブン伝わりますものね。そうか札幌は同じ北海道でも遠いですね。○○公園まだ生息しているようですね。