ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

6月16日(快晴)タイトル:ヒカゲとジャノメ

数日前に関西も入梅である。この時期最も蝶が面白い時期なので、毎日天気予報とにらめっこ。明日は蝶仲間とゼフ狙いであるが、さあ、今日は何処へ行こうかな。候補は、京都市内のキマルリ。北摂のダブルモドキ、京都南部のオオヒカゲ、大阪のオオムラサキである。
とりあえず散髪に行く。頭がスキッとしたところで、午前オオヒカゲ、午後オオムラサキのコースに決定。出発は午前9時である。本数が少ないローカル線に乗り、京都府南部に向かう。最高の天気で、気温も恐ろしいほど高い。先ずは、ウラナミジャノメ殿に御挨拶。数ヶ所ポイントを知っているが、ここが一番蝶影は濃い。すぐに下草でバタバタしている本種に遭遇。ウカチョクの♀だ。まだ完全に翅が伸びきっていない。手乗りのチャンスとばかり人差し指を差し出すと、すぐにオッケー。周辺をブラブラすると、やはり個体数は多い。20分程で、裏と表を撮影完了。
次に、昨年撮影出来なかった、オオヒカゲフィールドに移動。やはりいない。本日も長竿を持参している。スゲ林周辺を目一杯竿を伸ばし、払いまくる。やはり駄目だった。グッと持参したお茶を飲み干し、帰ろうとした時、巨大なヒカゲチョウが出現。「ヤッター」。相変わらず超臆病な蝶で撮影は難儀を極めたが、マクロと広角撮影に成功。
今から急げば、午後3時のオオムラサキテリ張りに間に合うので、急いでマイフィールド向け移動する。普通電車を待つため、ホームのベンチで汗の染み込んだメガネのレンズを拭いていると、「ポキッ」と音がして、メガネのフレームが大破。「やってしまった」これでは蝶が見えない。
ということで、意気消沈して自宅に戻る。金銭に細かい家内のことだから、「自分の小遣いで買ってや」と言うのは目に見えている。困った困った。
本日の目撃種は、ナミアゲハ、クロアゲハ、モンシロチョウ、モンキチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、ヒメアカタテハ、アサマイチモンジ、コミスジ、ナミヒカゲ、オオヒカゲ、ヒメジャノメ、ウラナミジャノメ、チャバネセセリであった。

ウラナミジャノメ①
f0105542_16422581.jpg


ウラナミジャノメ②
f0105542_16433668.jpg


ウラナミジャノメ③
f0105542_1644515.jpg


ウラナミジャノメ④
f0105542_1644478.jpg


チャバネセセリ
f0105542_16452994.jpg


ヒメジャノメ
f0105542_1646359.jpg


ヒメアカタテハ
f0105542_16464299.jpg


アサマイチモンジ
f0105542_16472345.jpg


オオヒカゲ①
f0105542_16475878.jpg


オオヒカゲ②
f0105542_16483540.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2007-06-16 16:54