ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

先月の振出を1枚消化すべく、3月21日に当てはめる。一応4連休である。普段からコツコツとお小遣いを貯めておれば、豪華沖縄遠征も可能であるのだが、計画性のない私、鳥のようにピーピー言っております。給料前だし、1円もお金のかからないマイフィールドに決定。午前10時の出発である。梅の花もスッカリと散り初め状態。今年の梅は満開状態がなかったようだ。着いてすぐ、キジバト発見。ドバトの次に普通のハトである。普段なら見向きもしないのであるが、以前見たテレビで、「メーテルリンクの青い鳥のモデルは」という問題があり、何と正解は「キジバト」であったので、久しぶりレンズを向ける。青い鳥というイメージではなかったが、数枚撮影する。

青い鳥のモデルのキジバト
f0105542_1650795.jpg


少し歩くと、ルリシジミとテングチョウを同時に発見。まずは先週苦い経験をしたルリシジミを丁寧に撮影する。

ルリシジミ1
f0105542_16521847.jpg


ルリシジミ2
f0105542_16524029.jpg


続いて、テングチョウの撮影。2頭いたので、それぞれ広角とマクロで撮影完了。

テングチョウ広角
f0105542_1654467.jpg


テングチョウマクロ
f0105542_16543964.jpg


風が強いので、意外とチョウは少ない。風の当たらない陽だまりを探し求めて、エエポイントに到着する。たった5分で、モンシロ、キタテハ、テング、ルリタテハ、ルリシジミを見る。タンポポで吸蜜するモンシロチョウを撮影。

モンシロチョウ
f0105542_16593229.jpg


しばらくして、大型のチョウが颯爽と登場。アゲハチョウである。今年初見であるので、近々撮影するであろうギフチョウを想定して、丁寧に撮影完了。小振りな春型は可憐で大好きだ。

アゲハチョウ1
f0105542_17311.jpg


アゲハチョウ2
f0105542_1732625.jpg


アゲハチョウ3
f0105542_1734364.jpg


本日もタップリと4時間歩きました。明日、明後日も休みですが、ネタがありません。本日の目撃種は、モンシロチョウ多数、キチョウ多数、アゲハチョウ1頭、キタテハ2頭、ルリタテハ1頭、ルリシジミ多数、ムラサキシジミ2頭、テングチョウ多数であった。
[PR]
# by 6422j-nozomu2 | 2008-03-21 17:18
先週から、群馬県ではホソオチョウが発生しているそうな。一応関西でも発生の可能性ありと思い、午前9時、京都府南部に出撃する。いつものピンポイントで1時間頑張るも影も形もなかった。綺麗に刈り込まれていて、ウマノスズクサさえ発見出来ない始末。

ホトケノザ
f0105542_1720647.jpg


このまますんなり帰るのもしゃくなので、モンシロ、モンキあたりを探すことにする。京都府南部の最高気温は17℃のはずであったのに、風が強く、体感的には午前11時現在で10℃位か。全く蝶影はない。暫く徘徊して、モンシロ1頭、キタテハ1頭を発見。モンシロは今年初見であったが、あまり感動はなかった。

モンシロチョウ
f0105542_17285013.jpg


キタテハ
f0105542_17291036.jpg


次に、マイフィールドに移動する。午後1時半の到着である。まずは梅林のチェック。やはりウメテングはおりませんでした。やけくそでウメジロを撮影する。

ウメジロ1
f0105542_17321230.jpg


ウメジロ2
f0105542_17323190.jpg


マイフイールド周辺も丹念にチェック。日当たりの良い場所で連続して2頭、ルリシジミを見る。1頭目は梢高く飛翔し、撮影出来なかったが、2頭目は何とか静止し、半開したではないか。但し、足場が悪い。大きなトゲのある植物が群生しており、足中血だらけになる覚悟があれば近づけたのだが、覚悟がなかった。従って3m半からの遠距離撮影でいまいちのできばえ。500mmを持ってくれば良かったとかなり後悔する。

ルリシジミ半開
f0105542_1742234.jpg


気分的にまだスカッとしないので、スジグロポイントに移動。8割方発生していると読んでいたのにヌル。その代わりルリシジミ吸水ポイントで裏面ながら本種をアップで撮影成功。やたら敏感で逆光しか撮らせてくれなかったが。

ルリシジミ閉翅
f0105542_17465424.jpg


その他越冬種も少々撮影し、気分良く?帰宅した。本日の目撃種は、モンシロチョウ3頭、キタテハ1頭、ルリシジミ5頭、アカタテハ1頭、ルリタテハ1頭、テングチョウ1頭であった。なお、本日も広角写真中心でいこうと、すべての蝶に対してチャレンジしたのだが、ことごとく飛ばれてしまい、オールマクロという寂しい結果。先週のキタテハのような子を探さなくては。(笑)

アカタテハ1
f0105542_17502496.jpg


アカタテハ2
f0105542_17504217.jpg


ルリタテハ
f0105542_1751364.jpg

[PR]
# by 6422j-nozomu2 | 2008-03-15 18:02
昨日、今日と連ちゃんでマイフィールドに出撃した。目標は勿論新成蝶の観察、撮影である。結果はタイトルのとおり無残な結果に。ヌルと言うのも立派な記録。ブログネタもほとんどありませんでしたが、お付き合いしてくださいませ。

8日は天気が良いものの気温が低すぎる。多分最高気温は10℃いくかいかない程度か。いつものコースを正午~午後4時までたっぷり時間をかけて徘徊したが、一頭の蝶さえ見ることはなかった。身近な鳥を2種ばかり。マクロでの撮影です。鳥に近づくことだけは、次第に修得しつつあるようです。

アセビとメジロ
f0105542_1611344.jpg


相変わらず色っぽいルリビタキ
f0105542_16122482.jpg


9日は午前11時~午後3時まで粘った。昨日よりは少し気温が高めだ。梅林でウメテングでもと、ほとんどの樹をチェックしたが、ハエとアブの仲間がいるだけで、やはり一頭の蝶もいなかった。これだけ人がいれば蝶もいないはずだ。

満開には程遠いが、花見の客で一杯
f0105542_1621854.jpg


更に周辺も調査したが、一向に蝶は現れない。ジャスト正午、目の前を黒っぽいタテハが凄いスピードで通過し、いつもの農園納屋屋根に静止。柵があって近づけない。今年初めて飛翔する蝶を見る。

ルリタテハ
f0105542_16295545.jpg


午後2時頃からようやく、「暖かいな」と実感するも、蝶の出は悪い。テングチョウ2頭を見るものの非常に敏感で撮影出来ず。暫くしてキタテハ登場。この子は比較的おとなしく、良いモデルになってくれた。広角とマクロ共撮影成功。やはり蝶は広角の方がはるかに面白い。

キタテハ飛翔マクロ些かピンボケ
f0105542_1635950.jpg


キタテハ静止マクロ
f0105542_16354448.jpg


キタテハ静止広角
f0105542_16361584.jpg


鳥も何種類かマクロで撮影したので、掲載しておきます。

大きな蛾をゲットしたジョウビタキ
f0105542_16383259.jpg


藪からウグイス
f0105542_1639054.jpg


2日間かけての成果としては、あまり満足は出来なかった。ギフが飛び出すまでタップリ期間があるし、来週モンシロチョウを撮影成功しても、あまり感動はないし、困った困った。暫く鳥中心で頑張ろうかな?
[PR]
# by 6422j-nozomu2 | 2008-03-09 16:47