ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

予定どおりゼフ撮影のため、蝶仲間のスギ丸氏と共に早朝より北摂に向け出撃する。現地には午前7時過ぎの到着である。今回は鳥仲間である、M氏、O氏夫妻と現地でお会いする事になっている。昨年同様、持参した長竿を芝刈りの要領で広範囲に払うも、出てくるのはミズイロ2頭のみ。厳しそうである。暫く探索していると、偶然にも蝶仲間のma23氏、O氏とバッタリ遭遇。成果を尋ねてみると、何と現地午前5時到着。ウラジロの撮影に成功した由。ここで、両名とはお別れをし、昨年撮影成功したヒロオビポイントに到着。3名の撮影家と出会う。その中のお一人は、今年1月、鳥ツアーで御一緒した懐かしいK氏であった。♂はここ、♀はあそことピンのピンを教えていただき、数分後には用事があるということで、疾風のように立ち去られた。
と言うことで、苦もなく♂と♀のヒロオビ撮影完了。ただ、♂は少し傷害があり、鮮度はまあまあなれど、自力で飛び立つことは出来ない個体だ。念のため附記しておきます。暫くして、M氏、O氏夫妻もやって来られ、大撮影会開始。その間、ウラナミアカ、ウラジロを他力本願で撮影完了。午前9時半、各自鳥は鳥、蝶は蝶と予定があるので、散会する。
まだたっぷり時間があるので、ma23氏、O氏と第2、第3フィールドに移動するも、大した成果はなかった。少しスレたウラゴを撮影出来た程度か。本日は自力で見つけ、撮影したゼフは正直言うと0種類である。でも、皆様の御協力を得、楽しいゼフ撮影会、これにて終了。
ゼフ撮影種が、ミズイロ、ウラジロ、ウラゴ、ウラナミアカ、ヒロオビ。ゼフ観察種が、アカシジミ。その他、スジグロシロチョウ、モンシロチョウ、キチョウ、モンキチョウ、ジャコウアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、ミドリヒョウモン、コミスジ、イチモンジチョウ、アカタテハ、ヒオドシチョウ、メスグロヒョウモン、ヒメウラナミジャノメ、ナミヒカゲ、テングチョウ、ルリシジミ、同定不能のミドリ系ゼフを見る。スギ丸さん、本日も運転お疲れさまでした。楽しい1日でした。岡山遠征是非実現したいですね。帰宅後、メガネが修理完了したので取りに行く。やっぱり良く見えます。写真の選定等昨日はかなり苦労しましたが、本日は1時間で選定終了。少々呑みすぎて、写真が2重に見えるのが些か心配ですが。

ミドリヒョウモン
f0105542_20195070.jpg


ミズイロオナガシジミ
f0105542_20203410.jpg


ウラジロミドリシジミ♂①
f0105542_20212766.jpg


ウラジロミドリシジミ♂②
f0105542_2022597.jpg


ウラナミアカシジミ①
f0105542_20224787.jpg


ウラナミアカシジミ②
f0105542_20232984.jpg


ヒロオビミドリシジミ♂①
f0105542_20241457.jpg


ヒロオビミドリシジミ♂②
f0105542_20245497.jpg


ヒロオビミドリシジミ♂③
f0105542_20253838.jpg


ヒロオビミドリシジミ♂④
f0105542_2026153.jpg


ヒロオビミドリシジミ♀
f0105542_2027520.jpg


ウラゴマダラシジミ♀
f0105542_20274047.jpg

[PR]
# by 6422j-nozomu2 | 2007-06-17 20:36
数日前に関西も入梅である。この時期最も蝶が面白い時期なので、毎日天気予報とにらめっこ。明日は蝶仲間とゼフ狙いであるが、さあ、今日は何処へ行こうかな。候補は、京都市内のキマルリ。北摂のダブルモドキ、京都南部のオオヒカゲ、大阪のオオムラサキである。
とりあえず散髪に行く。頭がスキッとしたところで、午前オオヒカゲ、午後オオムラサキのコースに決定。出発は午前9時である。本数が少ないローカル線に乗り、京都府南部に向かう。最高の天気で、気温も恐ろしいほど高い。先ずは、ウラナミジャノメ殿に御挨拶。数ヶ所ポイントを知っているが、ここが一番蝶影は濃い。すぐに下草でバタバタしている本種に遭遇。ウカチョクの♀だ。まだ完全に翅が伸びきっていない。手乗りのチャンスとばかり人差し指を差し出すと、すぐにオッケー。周辺をブラブラすると、やはり個体数は多い。20分程で、裏と表を撮影完了。
次に、昨年撮影出来なかった、オオヒカゲフィールドに移動。やはりいない。本日も長竿を持参している。スゲ林周辺を目一杯竿を伸ばし、払いまくる。やはり駄目だった。グッと持参したお茶を飲み干し、帰ろうとした時、巨大なヒカゲチョウが出現。「ヤッター」。相変わらず超臆病な蝶で撮影は難儀を極めたが、マクロと広角撮影に成功。
今から急げば、午後3時のオオムラサキテリ張りに間に合うので、急いでマイフィールド向け移動する。普通電車を待つため、ホームのベンチで汗の染み込んだメガネのレンズを拭いていると、「ポキッ」と音がして、メガネのフレームが大破。「やってしまった」これでは蝶が見えない。
ということで、意気消沈して自宅に戻る。金銭に細かい家内のことだから、「自分の小遣いで買ってや」と言うのは目に見えている。困った困った。
本日の目撃種は、ナミアゲハ、クロアゲハ、モンシロチョウ、モンキチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、ヒメアカタテハ、アサマイチモンジ、コミスジ、ナミヒカゲ、オオヒカゲ、ヒメジャノメ、ウラナミジャノメ、チャバネセセリであった。

ウラナミジャノメ①
f0105542_16422581.jpg


ウラナミジャノメ②
f0105542_16433668.jpg


ウラナミジャノメ③
f0105542_1644515.jpg


ウラナミジャノメ④
f0105542_1644478.jpg


チャバネセセリ
f0105542_16452994.jpg


ヒメジャノメ
f0105542_1646359.jpg


ヒメアカタテハ
f0105542_16464299.jpg


アサマイチモンジ
f0105542_16472345.jpg


オオヒカゲ①
f0105542_16475878.jpg


オオヒカゲ②
f0105542_16483540.jpg

[PR]
# by 6422j-nozomu2 | 2007-06-16 16:54
一日中雨の予報で完全休養しようと思っていたが、ふと午前7時目を覚まして空を見ると、薄曇りのまあまあの天気ではないか。「気象予報士さん頼みまっせ」1時間後には、7㍍の長竿を担いで、マイフィールドに向け出発。狙いはミズイロとウラジロ、あわよくばウラナミアカである。
数ヶ所のポイントを長竿で叩きまくる。結果から言うと、ミズイロ2頭、ウラジロ1頭の成果であった。段々とゼフが少なくなってきているようで気になる。特にウラジロは惜しかった。ナラガシワを叩くと、飛び出すと言うよりか、落ちてきたと言う表現の方が正しいのであるが、新鮮な♀個体が残念ながら葉上ではなくて地面に着地。それも超葉かぶりのポジション。一応証拠写真を5枚撮影後、ウェイティング。ゆっくりと葉の上に登り、地味ながら全開ポーズを披露して飛び出すと言うイメージが出来ていたのだが・・・・。しかし、一向に動きなし。5分後、気の短い私は、人差し指を差し伸べて、手乗り写真+好位置への移動を試みたのだが、意外と俊敏に飛び立ち、梢彼方に消え去ったのだ。無茶苦茶悔しい。午前10時頃、突然空が真っ暗になり、小雨が降り出した。おまけに雷が2発。疾風のように入口付近に移動。しかし皮肉なものである。この頃から又空が明るくなってきたのだ。まだ、午前10時20分である。帰宅するには早すぎる。一度切れた集中力を再度繋ぎ、再度山に登る。先ずはミスジポイントへ。綺麗な♀静止個体を是非撮りたかったからだ。しかし、ミスジは現れず。そのかわり、イシガケチョウ3頭が実に気持ちよさそうに梢を滑空する。飛翔写真を試みるも駄目であった。暫く蝶と戯れていると、再度空が暗くなり、今度は豪雨である。雷も3発。半時間後には電車の乗客になっていた。今ひとつ成果がなかったが、目的とするミズイロとウラジロが見れたので良しとしよう。
本日の目撃種は、ルリシジミ、ウラギンシジミ、ウラジロミドリシジミ、ミズイロオナガシジミ、モンシロチョウ、ヒカゲチョウ、コジャノメ、イシガケチョウ、イチモンジチョウ、ヒオドシチョウ、テングチョウであった。

ミズイロオナガシジミマクロ
f0105542_14224050.jpg


ミズイロオナガシジミ広角
f0105542_14233153.jpg


ウラジロミドリシジミ♀マクロ尻のみ
f0105542_14243483.jpg


ヒオドシチョウ裏マクロ
f0105542_14251221.jpg


ヒオドシチョウ裏広角(こちらの方が良い)
f0105542_14262680.jpg


デンデンムシ広角(以前も良く似たシーンを撮ったような気が)
f0105542_14274611.jpg


アジサイ
f0105542_14291294.jpg

[PR]
# by 6422j-nozomu2 | 2007-06-09 14:35