ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

<   2017年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

素晴らしい天気である。始発電車で大阪市内の大公園に向かう。
一応狙いは、ヤブサメのアップだったけど、やっぱりヌルでした。

証拠写真(行った証拠写真)をどうぞ。賢明な読者は直ぐに何処かわかりますよね。

大阪市内の大公園
f0105542_16323959.jpg
やっぱり鳥は難しいです。

次にMFに行く。ヒガンバナとアゲハの写真です。
昨日行くことは忘れてしまったかもしれませんね。

ヒガンバナ満開ポイントで3分間待ちました。キアゲハが付近を通過するも、通過しただけでした。

かなり落ち込んでいます。ヒガンバナとアゲハはカタクリとギフに似ています。
両者のタイミングが合わないと撮影出来ないからです。

入り口付近の花壇に立ち寄ります。「どうせ駄目だろう」とかなり落ち込んでいます。
奇跡が起こりました。私、この花壇にヒガンバナがあること自体知りませんでしたが、偶然私にはクロアゲハ♀に見えましたが、何か吸蜜しています。
オナガアゲハ♀でした。確か2化しかなくこの時期はいないはずなのに。

写真をどうぞ。

オナガアゲハ1
f0105542_16442404.jpg
オナガアゲハ2
f0105542_16450314.jpg
オナガアゲハ3
f0105542_16454402.jpg
綺麗な♀個体でした。

続いてナミアゲハ登場。

ナミアゲハ1
f0105542_16465597.jpg
ナミアゲハ2
f0105542_16471805.jpg
上の写真はキバナコスモスでの吸蜜です。こちらも綺麗な個体でした。


昨日の目撃種は、ナミアゲハ、キアゲハ、オナガアゲハ、コミスジ、コチヤバネセセセリ、ナミヒカゲ、ウラナミジャノメ、モンシロチョウ、キチョウであった。

そうそう、モズの高鳴きの写真をどうぞ。明日から10月です。多分鳥中心になろうかと思います。

モズ
f0105542_16555609.jpg






[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2017-09-30 16:55
午前6時起床。ずっと雨が降っています。
午前8時に雨が止んだので、すぐにMFに直行。

今日はヒガンバナとアゲハということで先ずアゲハ類を探しましたが1頭も見ず。
ヒガンバナも一部満開であったが、枯れている個体も多く、往生しました。

蝶も少なく、時々雨が降ってきます。
本日の目撃種は、モンシロチョウ、ヒメウラナミジャノメ、オオチャバネセセリ、コミスジ、ヤマトシジミであった。

掲載する写真はオオチャバネセセリと満開のヒガンバナです。

オオチャバネセセリ
f0105542_11514843.jpg
満開のヒガンバナ
f0105542_11521890.jpg
明日は天気がエエので再チャレンジします。

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2017-09-28 11:54
夕方から雨が降るらしい。私には全然関係ない話だが。

午前中は曇だと思っていたが、素晴らしい天気である。

近所の公園を3箇所徘徊したが、たいした成果はなかった。

本日の目撃種は、ナミアゲハ、モンシロチョウ、モンキチョウ、キチョウ、ヤマトシジミ、キマダラセセリ、イチモンジセセリ、ヒメウラナミジャノメ、ナミヒカゲ、サトキマダラヒカゲ、ツマグロヒョウモンであった。

モンキチョウをどうぞ。

モンキチョウ
f0105542_10024814.jpg


[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2017-09-27 10:03
午前6時起床。午前7時過ぎ出発。
とりあえずMFに行きました。
少し迷いました。①アサギマダラの渡り②ヒガンバナとアゲハです。

無理をして①に決定。少し早い気がするが。以前から書いているように、アサギマダラ
の渡りポイントはMFの端にあります。上りを片道約2時間。ヒイヒイ言いながら何とか現地に到着。ここは野鳥でも有名な場所です。

野鳥を撮影しながら蝶を待つ。

何とか野鳥、アサギマダラ共撮影成功。

本日の目撃種は、キチョウ、スジグロシロチョウ、オオチャバネセセリ、クロヒカゲ、
アサギマダラであった。

最初に野鳥続いて蝶、最後にイトトンボをどうぞ。

エゾビタキ
f0105542_14405273.jpg
ソウシチョウ
f0105542_14413095.jpg
アサギマダラ1
f0105542_14420697.jpg
アサギマダラ2
f0105542_14422846.jpg
アサギマダラ3
f0105542_14425084.jpg
イトトンボの仲間
f0105542_14432270.jpg


[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2017-09-26 14:44
恒例の近所公園3箇所巡りを本日もおこなった。

天気はエエのにチョウは少なかった。
本日の目撃種はナミアゲハ、アオスジアゲハ、キチョウ、ナミヒカゲ、ヒメジャノメ
、クロコノマチョウ、ツマグロヒョウモン、イチモンジセセリであった。

シャツターを押したのはイトトンボだけです。全く同定出来ませんでした。
コメント欄を開放します。同定宜しくです。
カナブンさんのコメントで種名がわかりました。アオイトトンボ♂です。

アオイトトンボ
f0105542_09532729.jpg


[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2017-09-25 09:54
暑い、近所の公園を3箇所徘徊した。

昨日いたジャノメチョウもコムラサキもいない。チョウは水物だ。

クロコノマチョウ発見。全然開翅しない。飛び方は蛾のようだ。表面は結構素敵だけれども、本日も撮影できず。いつもの秋型裏面です。どうぞ。

クロコノマチョウ
f0105542_09294196.jpg
3箇所目の公園で吸蜜するツマグロ♀を見る。身近なチョウだけど美しい。
どうぞ。

ツマグロヒョウモン
f0105542_09312315.jpg
本日の目撃種は、ナミアゲハ、キアゲハ、ツマグロヒョウモン、ヒメアカタテハ、ホシミスジ、ヒメウラナミジャノメ、ヒメジャノメ、クロコノマチョウ、ナミヒカゲ、サトキマダラヒカゲ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、イチモンジセセリであった。

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2017-09-24 09:35
今日は出勤だと思い、おにぎりも買ったのであるが、現地到着後、女性スタッフから、
今日は秋分の日で祝日ですよと聞き、思わずその場をあとにした。やはり歳のせいかなと寂しくなった。

自宅帰宅後、充電(携帯とカメラ)をして、午前10時に出る。あまりに遅いので近所にした。公園を3箇所徘徊しただけ。

第一ポイントでジャノメチョウを見る。この蝶の発生は6月下旬だ。何と長生きしているんだ。撮影は失敗。

第二ポイントで再度ジャノメチョウを見る。撮影成功。樹液にコムラサキが来ていた。
MFにも多からずいたのであるが、馬鹿な園長が柳を切ってしまった。それ以来撮影は初めてなので結構嬉しかった。カワセミもいたし。

第三ポイントは園芸種が植えられている花壇になっている。いつもの顔ぶれで特にコメントはなし。

本日の目撃種は、ナミアゲハ、キアゲハ、クロアゲハ、コムラサキ、ツマグロヒョウモン、コミスジ、ヒメアカタテハ、ヒメジャノメ、ヒメウラナミジャノメ、ジャノメチョウ、イチモンジセセリであった。

本日は、ジャノメチョウとコムラサキをどうぞ。

ジャノメチョウ1
f0105542_12322332.jpg
ジャノメチョウ2
f0105542_12325124.jpg
コムラサキ
f0105542_12331226.jpg


[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2017-09-23 12:34
雨は降ったけど、帰宅途中なのでギリギリセーフ。
今日はMFにいない3種求めて、始発電車で兵庫県へ。
結論から言います。1勝2敗でした。3種とは、シルビアシジミとギンイチモンジセセリとクロツバメシジミです。

最初にシルビアシジミ。いつものピンポイントにいませんでした。2時間も費やしました。ポイントを変更しました。何とか撮影成功。

シルビアシジミ
f0105542_13030564.jpg
折角、兵庫県まで来たんだからとギンイチとクロツを狙いました。共にヌルでした。やはり比較的レア種はそう簡単に姿を現しません。

本日の目撃種は、ヤマトシジミ、ツバメシジミ、ベニシジミ、ウラナミシジミ、シルビアシジミ、キチョウ、ヒメウラナミジャノメ、イチモンジセセリであった。

ヒマはあってもカネはなし。




[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2017-09-22 13:07
超遅く起床。
最初は大阪市内の大公園だ。オオルリもヤブサメも見ず。
はっきりいうと何にも撮影できなかった。

次にMFに移動。目的はヒガンバナを吸蜜するアゲハ類だったが、全然来ない。

本日の目撃種は、ナミアゲハ、アオスジアゲハ、モンキアゲハ、クロアゲハ、ウラギンシジミ、ヤマトシジミ、コミスジ、ウラナミジャノメ、ヒメウラナミジャノメ、ヒメジャノメ、サトキマダラヒカゲであった。

写真は、以前静止写真を掲載したので、今回は動いている船の写真です。

大阪市内の大公園の写真
f0105542_14524213.jpg



[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2017-09-21 14:53
出勤前の公園散歩。まだ続いています。
段々と時間が早くなっている気が。雨はamは降らない予報でしたが、空は真っ黒です。

本日の目撃種は、ヒメジャノメ、ヤマトシジミ、キチョウであった。流石にシャツターは切れませんでした。蛾のホシホウジャクをどうぞ。

ホシホウジャク
f0105542_09313993.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2017-09-20 09:32