ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

<   2015年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

もうすぐ7月ということで、前半(3月~6月)の総括。
今年は、私的新種として、埼玉県のアカボシゴマダラ(外来種)。
外来種とはいえ、かなり嬉しかったです。

めぼしい蝶は、撮影種が、ギフチョウ、シルビアシジミ、ギンイチモンジセセリ、ミカドアゲハ、ヒメヒカゲ、ウラナミジャノメ、ウラギンスジヒョウモン、オオヒカゲ、クロシジミ。

未撮影並びに未出撃種が、スギタニルリシジミ、ヒメギフチョウ、ゼフ全般、クモマツマキチョウ、キマダラモドキ、クロヒカゲモドキ、キマダラルリツバメetcと、圧倒的に後者の方が多かったです。

まあ、例年の事ですので、さほど悔しくはありませんでしたが、狙って撮影出来なかったのが、キマダラモドキ、クロヒカゲモドキ、ウラジロミドリシジミの三種。実は、かなり悔しかったです。

7月になると、関西は、ほぼシーズンオフです。
本日は、自宅から徒歩で5分以内にある2公園に朝から散歩がてらに行ってきました。狙いは、タイトル通り、ジャノメチョウとカワセミです。

先ずはジャノメチョウ。決して珍しいチョウではありませんが、自宅から徒歩で5分以内の所で撮影出来るのは、私だけでしょう。着いてすぐ1頭発見。鮮度も良いようです。これは大漁だと思い、たったの1枚しか撮影しなかったのですが、半時間待っても、1頭も現れませんでした。「うそっ」と言いたくなりました。真剣に最初で最後の1頭を撮影しておけば良かったのに。

ジャノメチョウ
f0105542_10122563.jpg


次にカワセミ狙いで別の公園に移動。この鳥は結構、上級者にも人気があります。銜えた小魚の目が綺麗に写っておれば、合格レベルだそうです。
私のコンデジ並びに私の腕では、探して、撮影出来れば合格レベルでしょう。
1羽だけ発見しました。凄い距離です。でも、100倍位にアップ出来るので何とか写っておりました。

カワセミ
f0105542_10185594.jpg


一つ忘れていました。私の大好きな花、アガパンサスを撮影しなければ。最初の公園に戻り撮影完了。
今回を含めて、6月は19回もアップしてしまいました。少し、やりすぎかな。

アガパンサス
f0105542_10214754.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2015-06-28 10:28
前回、閉翅しか撮影出来なかったので、満を持して、MFに向け午後1時出発。
先ずは、眼下から見下ろせるはずの第1ポイント。午後2時~午後3時半まで粘ったが、1頭も見ず。
続いて、前回撮影した第2ポイント。やはり、1頭もいない。「とことん待ってやれ」。
午後4時、ようやく1頭目登場。遅すぎる。午後からは素晴らしい天気だったので、テリ張り時刻が遅いようだ。
裏面はいらない。表面だけ撮影したい。と言うことで、午後5時まで粘った。
何とか、表面撮影成功。3枚アップいたします。

オオムラサキ全開1
f0105542_181102.jpg


オオムラサキ全開2
f0105542_1813291.jpg


オオムラサキ全開3
f0105542_1815075.jpg


先日、NHKのダーウィンが・・・という番組で、オオムラサキの特集をしていた。素晴らしい映像の数々に感動していたが、こういう件があった。「オオムラサキは視力が弱いので、動くものに何でも反応して、すべて♀だと思い、追いかけるのだ。鳥に対しても果敢に追いかける」と。
そうだろうか。私の持論は、オオムラサキは意外と視力が良い。ただし、DNAで、何でも追いかけるとインプットされているので、同種であろうと、異種であろうと、石ころであろうと、鳥であろうと何でも追いかける。すべて本能なのだ。時たま、カラスを追いかけて、逆襲にあい、逆に追いかけられる様子も見たことがあるが。
別に♀を追いかけることをインプットされているとは思わないのだけれども。
でも、天下のNHKの言うことも然りだと思うけれども。
 
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2015-06-25 18:14
再度、某蝶求めて、早朝から3箇所廻りましたが、またしてもヌル。副産物のホソバセセリのみの収穫でした。
秋に再度訪問しようと思っています。
某蝶って何か皆さんすぐにわかると思います。

ホソバセセリ1
f0105542_7545183.jpg


ホソバセセリ2
f0105542_7551813.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2015-06-25 07:56
昨日、午後のオオムラサキをアップしましたが、実は、午前中、別のポイントで某蝶を真剣に探していました。
結果として、1頭も見つけられなかったのか、未発生なのか、天気が悪くて、出て来なかったのか、理由は兎も角としてヌルでした。副産物を2種類撮影しましたのでどうぞ。
暗くて惨い写りでしたが、何でもアップします。

メスグロヒョウモン閉翅
f0105542_149854.jpg


メスグロヒョウモン半開
f0105542_1493363.jpg


メスグロヒョウモン全開
f0105542_1410074.jpg


ジャノメチョウ閉翅
f0105542_1410494.jpg


ジャノメチョウ半開
f0105542_14111053.jpg


ジャノメチョウ全開
f0105542_14114746.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2015-06-21 14:13
あまり良い天気ではなかったが、雨は降らないとのこと。
例年のように、MFのオオムラサキを狙う。
テリ張り時刻は、午後3時前。天気が悪いとテリを張らない場合もある。
現地には、午後2時半着。数箇所ポイントを知っているが、唯一眼下から撮影出来るポイントには、1頭もいなかった。見上げるポイントで暫く待つ。午後2時40分。待望の1頭登場。2~3度円軌道を描いてから、ピタッと葉上に静止。距離があるので、コンデジで撮影する。しかも、手持ち。数は少なかったが、約1時間で撮影完了。
鮮度が良いのは今のうち。

オオムラサキ1
f0105542_632572.jpg


オオムラサキ2
f0105542_634626.jpg


オオムラサキ3
f0105542_64471.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2015-06-21 06:05
拙ブログである、蝶&鳥日記2が、6/17時点で、20万アクセスを超えた。
2006年4月の開設であるので、約9年2ヶ月。1日のアクセス数は、約60アクセス。
すべて、訪問していただいた皆様のお陰である。
車がないので、フットワークに乏しく、新規ポイント開拓という観点からは、疑問符が打たれるけれども、タイムリーな蝶ネタ中心に、これからも、頑張っていきますので、応援宜しくお願いいたします。

f0105542_724717.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2015-06-18 07:04
今年は、去年より約1週間、季節の進みが早いようだ。
天気はいまいちだが、雨は降らないという予報だったので、始発電車でクロシジミポイントに行く。

かなりの確率でフライングだと思っていたが、最初に発見したのが、♂個体。翅を広げるまでこいつと心中しようと思っていたのだが。

クロシジミ1
f0105542_1053819.jpg


クロシジミ2
f0105542_10532358.jpg


クロシジミ3
f0105542_10533765.jpg


すぐ目の前に♀個体発見。結論から言って無視すれば良かったのだが。少し、助兵衛根性を出して、♀個体の撮影開始。少し経ってから、ほんの5分間、陽が射したのだ。半開、全開とご披露。パチパチパチ。

クロシジミ4
f0105542_10572183.jpg


クロシジミ5
f0105542_10573578.jpg


クロシジミ6
f0105542_10575237.jpg


クロシジミ7
f0105542_1058832.jpg


♀個体は、何とか、閉翅、半開、全開のシーンを撮影できた。
次は♂の番だ。しかし、♂と♀との距離があまりに近かったので、最初見た♂は影も姿もない。
約5分間必死のパッチで探した。
ようやく発見。「この個体と心中するぞ」の覚悟で、約半時間、開くのを待った。まったく開かない。
無理やり開かそうと、魚眼で近づいた時、飛ばれてしまった。やはり、♀を追いかけないで、最初の♂個体が翅を広げるまで待つのが正解だった。少し、悔しさは残ったが、これをバネに来年頑張るぞ。

クロシジミ8
f0105542_1164815.jpg


以上までの写真はD90。D7000でも撮影したので、掲載する。

クロシジミ9
f0105542_118628.jpg


クロシジミ10
f0105542_1182695.jpg


クロシジミ11
f0105542_1184029.jpg


クロシジミ12
f0105542_118533.jpg


次の撮影は、キマダラモドキとクロヒカゲモドキの予定である。既に発生しているかもしれないが。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2015-06-17 11:11
昨日、6/13に撮影したイトトンボの名前がわからないので、トンボの掲示板に投稿したら、その日のうちに、回答を得ることが出来ました。拙ブログを見ていただいている方は、大半が蝶屋さんだと思いますので、↓の写真だけで、種名、性別が瞬時にわかる方は、ほぼ皆無だと思います。

f0105542_733169.jpg


正解は、オツネントンボの♀でした。保育社の昆虫図鑑だけでは、まず同定出来ないと思います。恐るべし、専門家。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2015-06-16 07:36
カンアオイの横に植えていた三色スミレも枯れてしまいました。幼虫4頭も行方不明です。
5分ほど探しました。1頭がカンアオイで蛹になっていました。やりました。
多分、成虫になるまで2週間といったところでしょうか。羽化の瞬間を見たいけれども、多分、深夜~早朝の時間帯なので、撮影は出来ないでしょう。

枯れたスミレ
f0105542_7454184.jpg


ツマグロヒョウモン蛹
f0105542_7461293.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2015-06-14 07:46
昨晩、関東の方のブログを見ていると、6/11にオオヒカゲ成虫が発生した模様。
早すぎる。私の昨年のブログを見ると、6/21に出撃している。何と昨年よりも10日も早いではないか。
と言うことで、第2ポイントはオオヒカゲに決定。第1ポイントは何処にしようか考えたが、平地ゼフの終焉観察にした。いつものように、始発電車で出発する。

先ずは第1ポイント。いきなり早朝から、ヒョウモン類発見。じっとしている。私、瞬時に同定出来なかった。帰宅後、調べてみると、どうやら、メスグロヒョウモンの♂のようだ。

メスグロヒョウモン
f0105542_13493441.jpg


ゼフは、まずミズイロオナガシジミ発見。

ミズイロオナガシジミ
f0105542_13502461.jpg


続いて、アカシジミ発見。2頭見たが、1頭はかなりボロであったので、綺麗な方をアップ

アカシジミ
f0105542_13514935.jpg


最後に、栗の花で吸蜜しているミドリシジミ発見。吸蜜中は、全開しないと聞いていたが、観察していると、ジワジワと翅を開きだした。そういや、身近な蝶であるが、全開写真は撮影したことがない。
間違いなく全開すると思っていたら、何と飛び去って梢彼方に消え去った。残念。

ミドリシジミ1
f0105542_1356280.jpg


ミドリシジミ2
f0105542_13562415.jpg


第2ポイントに移動。ウラナミジャノメが多い。本命であるオオヒカゲは約30分の探索の結果、たった2頭を観察。しかも、1頭は鮮度がいまいち。何日前から発生していたのだろう。

ウラナミジャノメ1
f0105542_1359373.jpg


ウラナミジャノメ2
f0105542_13593648.jpg


オオヒカゲ1
f0105542_135952100.jpg


オオヒカゲ2
f0105542_140964.jpg


本当に6月は楽しい。来週は何処に行こうかな?
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2015-06-13 14:05