ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

連荘で出撃するのは久しぶりだ。今日も天気が良い。好天の時に家に篭る程不健康なことはない。私の持論である。
地元のムラツポイントに直行。12月1日前後の日向ぼっこ時刻は限られている。午前11時~正午12時の1時間が狙い目である。
私、このポイントには、良く行っている。でも、ムラツはいない。ブログでは、本命がいないと流石にアップ出来ない。本日ムラツがいなかったら、絶滅宣言を出そうと思っていた。このポイントは、以前は少数ながら、確実にムラツが見れるポイントであったが、人為的な開発により、食草は切られるは、酷い状態である。
予定通り、午前10時45分現地に到着。
いつもの蝶が、午前11時5分までに顔を出す。何種類か紹介いたします。

アカタテハ
f0105542_15254620.jpg


キタテハ
f0105542_15261150.jpg


テングチョウ
f0105542_15263269.jpg


ムラシ1
f0105542_15265375.jpg


ムラシ2
f0105542_1527978.jpg


ムラシ3
f0105542_15272565.jpg


ムラシ4
f0105542_15274220.jpg


やはり、本命は現れません。現在午前11時半。店仕舞いをしようと、カメラをバックに入れようとしたとき、黒っぽい個体が静止するのを私は見逃しませんでした。ムラツ♂でした。逃げないようにそっと近づき。無事撮影完了。角度+個体により、スーパーバイオレットは拝めませんでしたが、絶滅宣言はキャンセルです。

ムラサキツバメ♂
f0105542_15315289.jpg


更に半時間ウェイティング。午前11時50分に待望のムラツ♀登場

ムラサキツバメ♀
f0105542_15325677.jpg


丁度、紅葉の時期。紅葉といっても、カエデの仲間は赤く色づき、イチョウの仲間は黄色く色づきます。
私はっきり言って、風景写真にはあまり興味がありません。あくまでも、メインの被写体は生き物です。バックに素敵な景色があればグッドです。
何枚か紅葉写真をアップしますが、私は最後の写真以外あまり興味がありません。分かっていただける方には分かっていただけることかと思っております。エゴかな?

f0105542_15394161.jpg


f0105542_15395155.jpg


f0105542_15395960.jpg


f0105542_15402723.jpg


f0105542_15404049.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-11-24 15:42
11/21がボジョレーヌーボーの解禁日。私馬鹿舌ですので、ビビットにお味を紹介出来ないことに忸怩たるものがあります。
ボジョレーヌーボー解禁はワイン通の間では大きな行事です。毎年、様々なキャッチコピーが出回ります。
私の知る所では、2003年 100年に1度の出来、近年にない良い出来。2009年 50年に1度の出来栄え。
何か矛盾しますよね。でも、確かに2003年と2009年は美味しかったです。
最近、どうも不作なんでしょうか。キャッチコピーに迫力がありません。確か、2012年は大不作の年。でも、味は抜群。
そして、2013年は、みずみずしさが感じられる素晴らしい品質なそうな。

この日、赤とロゼを購入し、赤をボトル半分程試飲しましたが、「うーん」と唸ってしまいました。
確かに、みずみずしい味です。酸味と渋みが少なく、飲みやすいのは事実です。でも、物足りないというのが本音でしょうか。

f0105542_18435173.jpg


f0105542_1844453.jpg


前置きが長くなりました。本日11/23は久しぶりの休日です。
ということで、終見調査その2を敢行いたしました。午前中、町内会の行事に参加したので、午前11時半~午後1時の、たった1時間半の調査です。
結果から申しましょう。モンシロチョウ多数、キチョウ1頭、ヤマトシジミ多数、ウラナミシジミ多数、ベニシジミ2頭、キタテハ1頭、テングチョウ1頭、計7種類でした。

ベニシジミ2頭は距離にして4メートル。交尾を迫る♂に♀がいやいやをするシーンかもしれませんが、この蝶はぱっと見、♂と♀の区別が難しいです。図鑑にも、翅の丸みと胴体部分で判別できるとのこと。
どういうシーンかは知りませんが、500㎜で4メートルからの撮影です。

f0105542_18513713.jpg


f0105542_18515672.jpg


f0105542_18515054.jpg


f0105542_18522094.jpg


f0105542_18523141.jpg


現在、午後1時半。2つの選択肢を考えました。1つ目は大阪市内の大公園でオジロビタキを撮影する。
2つ目は、フユシャクをMFで狙う。少し考えましたが、後者にしました。これが大失敗。
以前、雨の冬日に展望台で♀を撮影したのに味を占めて、出撃しましたが、展望台の壁にへばりついていたのはこの子だけでした。何処に行けばフユシャクに会えるのだろうか。

f0105542_1923788.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-11-23 19:05
蝶もシーズンオフです。あと1ヶ月もすれば、観察も不能です。
本日は、少し仕事が気になって、午後2時までお仕事をしておりました。最近、仕事人間になっております。

天気が良好なので、帰宅せず、MFで途中下車。服装は私服ですが、会社の鞄を持ち、靴も革靴。会社の鞄にはコンデジをいつも入れております。

丁度、終見調査には、うってつけです。何種類観察出来るのか少し興味があります。
結果から申しますと、モンシロチョウ多数、キチョウ5頭、ヤマトシジミ多数、ベニシジミ2頭、ウラナミシジミ多数、ツマグロヒョウモン1頭、アカタテハ1頭、ヒメウラナミジャノメ1頭、クロコノマチョウ1頭、テングチョウ1頭の合計10種類の観察でした。

終見情報としては、チョウが多すぎました。ただし、MFは飽きません。機会があれば、その2、その3を掲載いたします。

何の写真を掲載いたしましょうか?やはりインパクトがあったのは、モンシロチョウ交尾拒否の写真でしょうか。
時系列で、4枚貼ります。人間で言えば、人妻に猛烈にアタックをかける男性といったところでしょうか。しかし、人間と違ってモンシロチョウは根性がすわっています。最近の日本人男性は、根性がない。

f0105542_20571782.jpg


f0105542_20573627.jpg


f0105542_20575021.jpg


f0105542_20581437.jpg


その他、鳥を狙いました。500ミリなら何とか掲載できますが、20メートル以上距離のある鳥を撮影するのは少し無理がありました。一応エナガです。

f0105542_2121682.jpg


蝶はクロコノマチョウを貼っておきますね。エエ位置で撮影しようとした時、ハイカーが全速力で駆け抜けたため、本種は消えてしまいました。「ボケ、走るなよ。」と心から言いたいですけど、私の公園ではないので、しょうがありません。

なかなか撮影も難しいです。

f0105542_2163283.jpg


最近、ブログ仲間が猫を飼われたということで、天然の野良猫の写真です。目の鋭さが違うようです。

f0105542_2194827.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-11-16 21:11
少しだけ晴れ間が覗いたので、MFに直行。午前9時前に現地着。丁度、日本野鳥の会大阪支部の観察会があるらしく何名か集まっておられた。「あなたも参加しますか」と言われたけれど、結構遠い所まで歩くし、午後3時頃解散ということで、丁重にお断りし、単独で、入り口付近の鳥を狙う。

先週のビンズイもいたけれども、ジョウビタキの♂♀が入っており、遊んでもらった。この鳥は、観察難易度は高くはないが、綺麗で、入門編としたら最高の鳥である。確か、私もこの鳥を撮影してから鳥にはまった記憶がある。
♂は凛々しい顔をしているし、♀は少し色っぽくて大好きな野鳥である。

ジョウビタキ♂
f0105542_1139412.jpg


ジョウビタキ♀
f0105542_11393411.jpg


先週と同じく、500㎜で蝶を撮る。何せ最短撮影距離が3m以上もあるので、後ずさりしての撮影である。シャープさは、やはり、少し劣るが、ブログに載せる写真としては、さほど遜色はないと思う。

ウラナミシジミ
f0105542_11413545.jpg


ヤマトシジミ
f0105542_11415662.jpg


モンシロチョウ
f0105542_11421447.jpg


ベニシジミ
f0105542_1142373.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-11-10 11:44
蝶もシーズンオフです。暫くは地元の鳥写真を掲載しますね。ガクッと訪問される方が減りそうな予感が。
この日は、MFにビンズイが入っておりました。決してレア種ではありませんが、MFで見るのは初めてです。
結構フレンドリーな鳥なんですが、凄く敏感で遠距離での撮影しかできませんでした。

ビンズイ1
f0105542_18475553.jpg


ビンズイ2
f0105542_18481031.jpg


ビンズイ3
f0105542_18482661.jpg


蝶も何種類か観察しましたのでどうぞ。すべて500㎜での撮影です。

テングチョウ
f0105542_1849186.jpg


ウラギンシジミ♀
f0105542_1849396.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-11-09 18:50
イントロからファイナルまで、たった半日の出来事を4回に分けて引っ張りました。
ファイナルをお届けいたします。サツマシジミも掲載したし、ヤクシマルリシジミも掲載したし、何も残っていませんが、その他の生き物他を掲載しますね。

撮影していて気になったのが、アサギマダラ。計4頭観察しました。既に11月。今から南に渡るのか、この三重県を最後の地として死ぬまで生きるのか、私には分かりませんが、一番躍動感のある写真を先ずどうぞ。

アサギマダラ吸蜜
f0105542_23144416.jpg


ヒメアカタテハにはたった3頭しか会いませんでした。いかにも秋らしい蝶です。世界的に広く分布しているそうです。

ヒメアカタテハ吸蜜
f0105542_23171084.jpg


ヤマトシジミの青♀を結構探しましたが、この個体が一番、スーパーブルーに近かったです。超普通種ですが、この時期の♀は魅力的です。

ヤマトシジミ♀
f0105542_2318532.jpg


記念に、コンデジで撮影した、サツマシジミの超アップ写真を載せておきます。少し、白飛びしておりますが、ご容赦を。

サツマシジミアップ
f0105542_23204943.jpg


次はその他の生き物です。鳥ではトビが非常に多かったです。猛禽の仲間では、これまた、超普通種ですが、やはりアップで撮影すると、エエ顔をしていました。

トビ
f0105542_23273465.jpg



道中、狸を発見。やはり野生生物は是非撮りたい種類です。比較的フレンドリーで車の中から激写。結構顔はきつかったです。


f0105542_23245094.jpg


撮影も済ませ、帰路につきます。SAで遅い昼食です。私は本音を言うとラーメン・チャーハンセットを食べたかったのですが、これはどこのSAでも食べることが出来ます。ということで、地元の料理である、松阪牛焼肉定食を少し奮発して注文しました。「空腹は最大の美食なり」という諺がありますが、非常に美味しくいただきました。

料理
f0105542_23332998.jpg


Fさん、長時間の運転お疲れ様でした。次は来年だと思いますが、また遊んでくださいね。
蝶もシーズンオフ。辛うじてクロツは撮影可能ですが、いつも行く和歌山のクロツポイントは崖崩れによりロープが張られ、立ち入り禁止だそうです。ということで、これからは鳥ネタをアップする予定です。1週間に1度は更新する予定ですので、皆様の訪問をお待ちしております。-管理人-
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-11-08 23:41
サツマシジミ同様、本種も少なかったです。半日徘徊して、やはり数頭でした。
先ずは♀。ヤクルリの裏面はかなり変異があります。この個体はルリシジミタイプってところでしょうか。

ヤクルリ閉翅
f0105542_20334372.jpg


ヤクルリ半開
f0105542_2034660.jpg


ヤクルリ全開
f0105542_20342944.jpg


次の個体は、かなりヤクルリの特徴が出ています。やはり♀です。

ヤクルリ閉翅
f0105542_2036259.jpg


ヤクルリ半開
f0105542_20364678.jpg


広角写真もどうぞ。

f0105542_20372334.jpg


次は♂です。非常に鮮度の良い個体でしたが、全開はしませんでした。全開写真だけ、別のボロ個体です。
少し残念。

ヤクルリ閉翅
f0105542_20393170.jpg


ヤクルリ半開
f0105542_20395398.jpg


ヤクルリ全開
f0105542_20401329.jpg


なお、私の写真はクリックするとすべて拡大しますので、是非大きな写真でご覧いただければ幸いです。

-続く-
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-11-06 20:43
↓の答えはあとにして、第2弾です。しかし、コメント数が少ないです。やはり人気のないブログです。どしどしコメントお待ちしております。
この日の目的は、サツマシジミとヤクシマルリシジミ。Fさんによると、昨年はサツマシジミだけで50頭近く観察できたそうです。今年は超不作の年。5~6箇所のポイントを徘徊しましたが、数頭見ただけ。メインはサツマシジミ♂の閉翅全開写真ですが、翅は開きませんでした。♀にいたっては、半開さえしませんでした。
両者の静止全開写真を撮影出来たら、大成果と書く予定だったので残念です。

本日、サツマシジミ、明日はヤクシマルリシジミ、明後日はその他の蝶他ファイナルということで、掲載予定です。

先ずはサツマシジミです。関東の方にはなじみの薄い蝶ですが、凄く綺麗です。何枚か紹介いたしますね。

先ずは♂。羽裏が白いので、すぐに本種であることは分かります。

サツマシジミ閉翅静止
f0105542_19103782.jpg


サツマシジミ半開静止
f0105542_19112363.jpg


サツマシジミ飛翔1
f0105542_19114811.jpg


サツマシジミ飛翔2
f0105542_1912899.jpg


サツマシジミ広角1
f0105542_19125552.jpg


サツマシジミ広角2
f0105542_19131475.jpg


♀にいたっては、閉翅写真を撮れただけ。残念です。

サツマシジミ閉翅静止
f0105542_1915325.jpg


-続く-
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-11-03 19:21
撮影仲間のFさんと、三重県に小遠征をしてきました。大成果をおさめることは出来ませんでしたが、小成果といったところでしょうか。
元来、ブログは管理人が一方的に配信するものです。コメントをいただけるので、少数の方と意思疎通ははかることが出来ますが、ほとんど、だれが訪問したかはわかりません。
私のブログの場合、大半は蝶にお詳しい方が訪問されているものと確信しておりますが、はたして?

実は結構な枚数を撮影したので、本日中にアップするには少し厳しいと思いましたので、蝶シーズンオフでもありますし、長く引っ張りたいと思います。まるで、九州のNさんブログみたい。(笑)

イントロということで、クイズを出したいと思います。この蝶は何だぁ。図鑑とか見ないで直感的にお答えください。

ブログの面白い所は、非公開コメントが出来ることです。これなら、クイズに間違っても恥をかくことはありません。

さて、答えは何番。奮って鍵コメしてください。ただし、正解しても景品は出ませんが、明日、発表いたします。

①ヤマトシジミ
②ルリシジミ
③ヤクシマルリシジミ
④サツマシジミ
⑤シルビアシジミ
⑥上記以外のシジミ

ヒントは、1.本日が11月2日であること。2.三重県での撮影であること。

f0105542_22574480.jpg


証拠の飛翔写真。正しくルリシジミです。

f0105542_20294215.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-11-02 23:02