ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

午前10時から町内会の行事がある。折角エエ天気なのに、勿体無い。でも、先週も出勤でキャンセルしたので、絶対参加しなければならない。公私共にヘトヘトである。
少し早めに自宅を出て、町内の花ポイントで待つ。花ポイントといっても、野生種ではなくて、町内の方が植えられた園芸種のポイントである。

園芸ポイント
f0105542_15374817.jpg


蝶と、青い蜂を待つが、大した種は訪れない。先ずはウラナミシジミ。今年はどうも少ないようだ。無茶苦茶敏感でまともな写真は撮影出来なかった。

ウラナミシジミ1
f0105542_1541177.jpg


ウラナミシジミ2
f0105542_15412231.jpg


ウラナミシジミ3
f0105542_15414486.jpg


ヒメウラナミジャノメもやって来た。普通種であるが、この時期見れるのは嬉しい。

ヒメウラナミジャノメ
f0105542_15421343.jpg


場所を移動。やはりほとんどおりません。夏をアピールするヒマワリが素敵でした。

ヒマワリ
f0105542_15434734.jpg


白い彼岸花も素敵でした。野生種ではなくて、如何にも植えた感じが、印象に残りました。先週MF
で撮影した、赤い彼岸花もどうぞ。やはり赤い方が素敵です。

白い彼岸花
f0105542_1546813.jpg


赤い彼岸花
f0105542_1547980.jpg



町内会の行事も無事終了し、移動。移動中、ミドリヒョウモン♂に遭遇。ボロボロの個体であったが、ご苦労様と言いたい。

ミドリヒョウモン♂
f0105542_15504417.jpg


最近ずっとMFに通い詰めなので、本日は鳥狙いで、最寄駅周辺を流れる川ポイントで遊ぶことにする。
最低でも、シチギの1頭、普通種のカワセミの写真でもと考えていたのだが、ともにヌル。
いたのは、最普通種のコサギ、アオサギ、カルガモだけであった。ガックリ。

コサギ
f0105542_1555619.jpg


アオサギ
f0105542_15552993.jpg


カルガモ
f0105542_15554862.jpg


巨大な鯉達
f0105542_15561463.jpg


10~11月になったら、クロツ、シルビア、ヤクルリ、サツマ、ムラツ、ルーミスが面白い。また機会がありましたら、掲載いたします。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-09-29 15:58
世間では3連休でしたが、初日は出勤しておりました。2日目も夕方から、兄貴の誘いで麻雀をすることに。この日も遊べる時間は2時間しかありません。いつものMFに直行。蝶端境期のようで、ほとんど飛んでおりませんでした。

ほとんど蝶はおりませんでしたが、どうぞ。

9月22日

ヤマトシジミ交尾
f0105542_17472135.jpg


ウラナミジャノメもまだ元気でした。発生してから1ヶ月も経つのに、がんばっておりました。

ウラナミジャノメ
f0105542_17495377.jpg


普通種の飛翔写真に挑戦。何とか写っておりました。

ナミアゲハ
f0105542_17505678.jpg


コミスジ
f0105542_1751196.jpg


9月23日

本日も、2時間MFを徘徊しました。やはりほとんどおりません。昨日と違う蝶をアップしますね。先ずはルリシジミです。ヤマトシジミよりか、少し数が少ないですが普通種です。

ルリシジミ
f0105542_1755018.jpg


ホシミスジも沢山見ました。地域によっては意外とレア種だそうですけど、関西には無茶苦茶おります。

ホシミスジ
f0105542_17572954.jpg


暑いので帰ろうと思っていた矢先、ミドリヒョウモン発見。産卵したい気持ちがありありです。約10分間彼女を追いかけました。産卵後、何とツマグロヒョウモン♂にしつこく付きまといました。女性は怖い。正直な感想です。

ミドリヒョウモン
f0105542_1805759.jpg


ミドリヒョウモン産卵
f0105542_1812649.jpg


ミドリヒョウモン♀がツマグロヒョウモン♂を襲う
f0105542_1821519.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-09-23 18:03
9/16午前4時頃が奈良市の暴風雨のピークでした。多分20m以上の風が吹いていたでしょう。それに、凄い雨。私、午前4時からずっと起きていました。午前6時起床して、台風18号の記事を新聞で熟読し、テレビでも見る。
結構、雨の被害が各地で起きているようだ。被災された方には心からお悔やみ申し上げます。
さて、午前9時頃ピタッと雨が止む。風もおさまってきた。
人の安否も気になるが、同様に蝶の安否も少し気になる。気になるのはウラナミジャノメ。今日の雨で翅がボロボロになり、強風で飛ばされ、多分全滅でしょう。地面に横たわった死体に蟻が群がり、跡形もなく、多分、この世に存在していないでしょう。現地には、午前10時半到着。勿論一頭の蝶も飛んでおりませんでした。

まっしぐらにウラナミジャノメポイントに直行。「ウソっ」と言いたくなった。数頭のウラナミジャノメが飛んでいるではないか。確か蝶は約1億年前には存在していた。人間の歴史はそれに比べて遥かに浅い。一応撮影して、半時間後には岐路に着いていた。「やはり、蝶は強か」私の感想である。兎に角生きてて良かった。

ヒメウラナミジャノメ
f0105542_143698.jpg


ウラナミジャノメ1
f0105542_14363154.jpg


ウラナミジャノメ2
f0105542_14365872.jpg


ウラナミジヤノメ3
f0105542_1437194.jpg


もう、秋はほんの少しでやって来ます。この花を見ると、いつも思います。

f0105542_14382465.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-09-16 14:41
大阪市内の大公園にコムクドリが入ったという情報を得て、早速行って参りました。現地到着午前9時半。少し出遅れました。大砲集団がいたので、すぐにポイントはわかりました。少し前に1羽入って、何名かが撮影されたとのこと。写真も見せていただきましたが、ライファーですので、感動と悔しさが混ざった複雑な気持ちでした。
正午12時半まで粘りましたが、結局観察出来ず。鳥はいつもこんなものです。
この日撮影した鳥を載せますね。コサメビタキが枚数も多く、タイトルにしました。

コサメビタキ1
f0105542_90652.jpg


コサメビタキ2
f0105542_902642.jpg


コサメビタキ3
f0105542_904749.jpg


コサメビタキ4
f0105542_91635.jpg


キビタキ(真っ黒の写真を補正)
f0105542_915591.jpg


センダイムシクイ(小さい写真をトリミング)
f0105542_924660.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-09-15 09:04
9/7午前7時起床。大阪市内の大公園に、キビタキ、オオルリ、コサメビタキ、エゾビタキ、サンコウチョウ、コルリ等が入っているようだ。いつものD7000にシグマ170-500㎜を装着して、いざ出発。
何とシトシトと雨が降り出した。くもりならまだしも、雨だと鳥は撮れないなと判断して、急遽MFに変更。
雨は少しして止みました。さあ、ここにも鳥が入っているかもしれないと気合を入れる。全然おりません。良くお会いする鳥上級者の方にお聞きすると、「鳥の餌となる毛虫、青虫他が全くいないので、期待薄ですよ」とのこと。ガックリだ。
先週撮影したウラナミジャノメの行方が気になっていたので移動する。最初に出会ったのがゴマダラチョウ。この蝶は暖地では、5、7、9月の3回発生する。第3化の新鮮な個体である。夢中で吸水していたので、少々近づいても逃げない。全開写真を1枚どうぞ。この写真では物足りないことは、蝶に精通している方にはすぐお分かりだろう。そう、この蝶の特徴は黄色いストローなのである。

f0105542_9434339.jpg


次は黄色いストローを意識した写真です。

f0105542_9442694.jpg


普通種ですが、この時期見れてラッキーでした。次にウラナミジャノメ。先週はラスト5分でボロ個体を発見して、絶滅宣言を回避できましたが、さて今回は。結論から言いましょう。第1ポイントで3頭、第2ポイントで2頭、そして新しく発見した第3ポイントで1頭、計6頭の成果でした。やはり、先週はフライング気味だったのです。

先ず、D90+シグマ70-300ミリで撮影した写真です。

閉翅
f0105542_9494535.jpg


半開
f0105542_950519.jpg


全開1
f0105542_9502727.jpg


全開2
f0105542_9504289.jpg


次にD90VSD7000の比較写真です。

ウラナミジャノメ対決

D90
f0105542_9514988.jpg


D7000
f0105542_9521940.jpg


ウラギンシジミ対決

D90
f0105542_9525370.jpg


D7000
f0105542_9532179.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-09-08 09:54
平日です。勿論出勤しております。ブログの写真は決して、フィールドに出なくてもアップ可能です。
会社から約5分のビルの壁に蛾が張り付いておりました。カメラは持っておりません。一瞬スルーしました。でも、スマートホンがあります。写りが惨いのは重々承知ですが、引き返して撮影しました。撮った写真をパソコンに転送しました。
帰宅後、同定作業開始。御馴染み「みんなで作る日本産蛾類図鑑」を訪問。私でもこの蛾がスズメガ科であることはすぐに分かりました。当HPには、スズメガ科はたった80種類。No.1から1種類ずつチェック。何と、NO.75にピッタリの蛾発見。種名は「セスジスズメ」でした。たった、20分で同定完了。普通種のようです。名前が分かり嬉しかったです。この蛾がもし、ヤガ科だったら、1276種類の写真を一枚ずつチェックしなければなりません。スズメガ科で良かった。ホッ。

会社の近くのセスジスズメ
f0105542_22143192.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-09-03 22:15