ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

午前中、所用を終え、昼前にMFに行く。狙いは予定通りウラナミジャノメである。
最初に見つけたのが、ヤマトシジミ交尾個体。デジ一とコンデジで撮影完了しましたが、HPに図鑑風に掲載するのなら、コンデジの方がエエかなあ?皆さんの好みはどちら?

ヤマトシジミ交尾 D90+シグマ70-300㎜
f0105542_1725292.jpg


ヤマトシジミ交尾 CX3
f0105542_17255016.jpg


2ポイントを徘徊しましたが、ウラナミジャノメはおりませんでした。本日観察出来なかったら、絶滅宣言を出そうと思っていました。

ヒメウラナミジャノメさえも非常に少なく、3頭を見ただけ。

ヒメウラナミジャノメ
f0105542_17285455.jpg


樹にヒヨドリぽい鳥がおりました。多分初心者の方はスルーすると思います。少し、体型がズングリしているというのが私の感想。暫く見ていると、飛び出して、遠方に着地。すかさず撮影しました。
やっぱり、イソヒヨドリでした。この子もさほどレア種ではありませんが、私の予感は当たっておりました。
鳥も初心者から中級者の道を歩んでいるようです。(笑)

イソヒヨドリ1
f0105542_17344617.jpg


イソヒヨドリ2
f0105542_1735520.jpg


イソヒヨドリ3
f0105542_17353113.jpg


私の大好きな花、マルバルコウも咲いておりました。上2つは私の好きな写真、下は広角でバックを意識した写真です。やはり写真はアップで鮮明にというのが私の持論ですが。(泣き笑い)

マルバルコウ1
f0105542_17401769.jpg


マルバルコウ2
f0105542_17403679.jpg


マルバルコウ3
f0105542_17405352.jpg


やっぱり、ウラナミジャノメは駄目か。自宅から半時間で行けるエエポイントだったのに。勿論関西には、無数のポイントがあります。でも、1時間以上かけないと到着しません。
何気なく、第1ポイントの端を見ていると、ピョンピョンとジャノメが飛んでおりました。約100%、ヒメだと思っていましたが、意外にもウラナミジャノメでした。少し欠けておりましたが、綺麗なサイドから1枚アップします。
良かった。何とか生息しているようです。来年も遊べそう。
9月からは、鳥に浮気をする予定です。

ウラナミジャノメ
f0105542_17462683.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-08-31 17:50
8/24は休日ですが、1日中会社で仕事をしておりました。
8/25は朝からMFに出撃する予定でしたが、凄い雨です。何とか止んだのが、午後3時。
ということで、MFには午後3時半着。こんなに遅い出撃は初めてです。少しでも蝶が見たいの一心でした。

一応狙いは、ウラナミジャノメ。MFでも2ポイントで細々と生息しております。結論から言うと、ヌルでした。
①ついに絶滅したか ②少し時期が早いので来週あたりから発生か の2通り考えられます。

②であることを祈らずにはおられません。

たった1時間半の滞在でしたが、この日目撃した蝶は、ナミアゲハ、ヤマトシジミ、ルリシジミ、ヒメウラナミジャノメ、ナミヒカゲ、ヒメジャノメ、イチモンジセセリ、キマダラセセリの8種類であった。

これだけでは、流石にブログは書けませんが、1頭イトトンボを撮影しましたので、ブログネタにさせていただきます。拙ブログを訪問される方は、大半が蝶屋さんだと思いますが、蝶屋さんは、他の昆虫にも結構造詣が深い方が多いです。しかし、私の場合、蝶だけは、中級者だと自負しておりますが、他の昆虫は全くの初心者です。

撮影したトンボを何とか自力で同定したいということで、お馴染みの原色日本昆虫図鑑を紐解きました。確かにイトトンボが何十種類か掲載されておりますが、死体(標本)を載せているだけで、私レベルでは全く同定出来ませんでした。

f0105542_2212258.jpg


f0105542_2213450.jpg


次にネット検索です。子供にもわかるイトトンボの同定というタイトルがヒットしました。
イトトンボを同定するには、6つのパターンを先ず選択するそうです。
①アオモンイトトンボの仲間
②クロイトトンボの仲間
③キイトトンボの仲間
④モノサシトンボの仲間
⑤アオイトトンボの仲間
⑥ホソミオツネントンボの仲間

どれだろうと読んでいると、モノサシトンボの仲間は、「目が大きく離れていると」と書いてありました。
間違いない。④だ。更に♂は、脚に毛が生えていると書いてありました。

分かった。モノサシトンボの♂だ。自力で同定すると、スカッとした気分になりました。トンボを同定するには、最低、(1)サイド、(2)上方、(3)尾端の3枚が必要ですが、(3)は手を抜き撮影しませんでした。このトンボを撮影するために、何匹の蚊に刺されたことか。でも、種名がわかりホッとしています。

かなり拡大した写真を3枚掲載いたします。蝶屋さんも、是非他の昆虫を自力で同定してくださいまし。

モノサシトンボ♂1
f0105542_2212695.jpg


モノサシトンボ♂2
f0105542_22123036.jpg


モノサシトンボ♂3
f0105542_22125039.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-08-26 22:15
この日も猛暑のなか、MFを1時間半歩いてきました。首にアイスノン(古い言い方か?)を手ぬぐいに入れて巻きつけると、かなり効果的で暑さがあまり気になることはありませんでした。
狙いは、オオセイボウとイラガイツツバセイボウの2種類でしたが、カスリもせず。
タイトルを何にしようか迷いましたが、ツクツクボウシにしました。8/19まで9連休の方も多いと思いますが、私は、8/15から出勤ですので、8/17は盆明けというイメージです。先週まで、クマゼミとアブラゼミの鳴き声が中心でしたが、8/17はツクツクボウシの鳴き声が中心でした。暑さは先週とあまり変わりませんでしたが、この蝉の鳴き声を聞くと、少しは秋を感じます。
大した成果はありませんでしたが、普通種ばかりを何枚かアップいたしますね。
蜂狙いで園芸種の近くで待っていましたが、全然蜂はやって来ませんでした。花の上にマメコガネの交尾個体発見。暑いのにご苦労さんです。

マメコガネ
f0105542_10315163.jpg


蜂は、青くないのを2種類撮影しました。1種類はハナバチ、もう1種類は狩りバチのようです。名前は分かりません。

蜂1
f0105542_10332369.jpg


蜂2
f0105542_103348100.jpg


農園の周辺でツバメの飛翔写真を撮りました。一応蝶&鳥日記なので、鳥も撮影しなくてはなりません。

ツバメ1
f0105542_10371131.jpg


ツバメ2
f0105542_10373161.jpg


ツバメ3
f0105542_10374766.jpg


ツバメ4
f0105542_10381069.jpg


ツバメ5
f0105542_10382668.jpg


蝶を何種類かと、タイトルのツクツクボウシアップ写真をどうぞ。

ヒメアカタテハ1
f0105542_10493573.jpg


ヒメアカタテハ2
f0105542_10495665.jpg


ヒカゲチョウ
f0105542_10501820.jpg


ウラナミシジミ
f0105542_10503681.jpg


ツクツクボウシ
f0105542_10505785.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-08-18 10:52
暑い日が続いております。ゴマシジミとかを期待されていた方、申し訳ありません。遠征はしておりません。暑さが半端ではないので、午前8時~午前9時半MFを散歩しておりました。
狙いはチョウではありません。蜂です。
私、幸せになりたいのです。民家の園芸種にやって来る青い蜂を只管待ちました。半時間後、やって来ました。
ルリモンハナバチが。
やはり綺麗。100枚ほど撮影しましたので、セレクトして掲載いたします。

ルリモンハナバチ1
f0105542_2314062.jpg


ルリモンハナバチ2
f0105542_232786.jpg


ルリモンハナバチ3
f0105542_2323224.jpg


チョウは全然面白くありません。アオスジアゲハ、ヤマトシジミ、サトキマダラヒカゲ、イチモンジセセリを見ただけ。

前回、へクソカズラを臭いに行きますとコメントしたので、臭いに行きました。多分、屁と糞の臭いで卒倒すると予感しておりましたが、意外と臭さは感じませんでした。良い臭いは勿論ありませんでしたが、へクソカズラには、卒倒するほどの嫌な臭いはありませんでした。

私、ひょっとして味音痴?自称美食家を公言しておりましたので、かなりショック。


ヘクソカズラ
f0105542_23122350.jpg


サトキマダラヒカゲ
f0105542_23125011.jpg


イチモンジセセリ
f0105542_2313115.jpg


帰宅して、何気なくキンカンの花を凝視すると、やはり青い蜂が数頭、ブンブンしておりました。慌てて、カメラをとりに行き、何枚か撮影しました。上述したルリモンハナバチよりか、サイズはかなり小さかったです。
多分、アオスジハナバチだと思います。どうぞ。

アオスジハナバチ1
f0105542_2318398.jpg


アオスジハナバチ2
f0105542_23182339.jpg


アオスジハナバチ3
f0105542_23184436.jpg


これでセイボウの仲間でも見れたら幸せ度MAXでしたが、流石に虫が良すぎますね。楽しい1日でした。
多分、私、幸せになるかと思います。ご覧になられた方も、同じ効果がありますよ。(笑)
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-08-10 23:23
この日も遠征はしませんでした。暑すぎて午前7時に起床。何かターゲットはと考えましたが、ほとんど思い浮かびません。
確か、ムラサキツバメが出始めの頃ということで、地元奈良市のポイントに出撃。どちらかというと普通種ですが、1頭だけでも観察・撮影しなくては。約2時間懸命に探しましたが、ヌルでした。
いつもなら日陰に2~3頭はいるはずなのに。少し早かったかもしれません。
日陰にいたのは、この子達でした。

f0105542_19491874.jpg


次にMFに移動。やはりチョウ自体がほとんどおりませんでした。こう暑いとチョウも大変でしょう。偶然、へクソカズラに1頭のアゲハチョウが吸蜜にやってきました。私、植物は苦手なのですが、へクソカズラは知っています。

和名は「屁糞葛」 字のごとく、屁と糞の匂いがするそうです。アゲハチョウもたった1秒吸蜜しただけで、飛んでいきました。どんな匂いなんだろう。しかし、和名は凄く斬新な名前だなあ?

f0105542_19564823.jpg


f0105542_19565652.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-08-04 19:58