ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

<   2013年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今回のメインはミヤマシロチョウ。前回、4年前の2009年に観察会に参加して以来です。
斜面に咲く花に訪花するそうです。朝からずっと待ち続け、何頭か撮影出来ましたのでホッ。
主に飛翔写真中心にお届けいたします。モンシロチョウとか、スジグロシロチョウにない、気品さが備わっており、なかなかエエ蝶でした。

ミヤマシロチョウ閉翅全開
f0105542_2043633.jpg


ミヤマシロチョウ飛翔1
f0105542_20434251.jpg


ミヤマシロチョウ飛翔2
f0105542_20444013.jpg


ミヤマシロチョウ飛翔3
f0105542_2045677.jpg


その他のシロチョウとしては、スジボソヤマキチョウ位。ヤマキチョウだったら、超嬉しいのですが、ポイントが違うようです。どうぞ。

スジボソヤマキチョウ1
f0105542_20484697.jpg


スジボソヤマキチョウ2
f0105542_2049971.jpg


長く引っ張りましたが、これにて、信州遠征は完です。大阪では考えられないほど、沢山の蝶を観察出来て至福の時を過ごしました。Fさん本当にお疲れ様でした。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-07-31 20:54
何か気の抜けたビールのような更新となりますが、公私共に忙しくて申し訳ありません。
信州遠征といっても、どうもタテハチョウ科はさほどレア種も出てきませんし、面白くないかもしれませんが、流石信州、沢山の種類を観察出来ました。
2日目の朝。店じまいをして、かなり年月が経つ茶屋。扉だけが開いておりました。ふと見ると、オオムラサキが店内におりました。1頭だけなら偶然だと思いますが、2頭おりました。
やはり暑いので、茶屋に避難したのでしょうか?このままだと、多分数日で干からびる予感がしましたので、2頭共外に逃がしてやりました。エエ行動かどうかは微妙ですが、出来るだけ長生きして欲しいというのが、私の本音です。

オオムラサキ外から
f0105542_22214583.jpg


オオムラサキ内から
f0105542_2222673.jpg


オオムラサキをアップしたので、コムラサキもどうぞ。大阪では意外とレア種ですが、信州では無茶苦茶おりました。

コムラサキ1
f0105542_22235178.jpg


コムラサキ2
f0105542_2224925.jpg


今回タテハチョウ科で一番嬉しかったのが、ミスジ5ファミリーを全部観察できたことです。
オオミスジ、ミスジチョウ、ホシミスジ、コミスジ、フタスジチョウの5種類です。オオミスジは撮影成功しましたが、ボロ故アップせず。ミスジチョウは新鮮でしたが葉かぶりでしたので、アップせず。ホシミスジはやはりボロだったのでアップせず。コミスジは新鮮でしたが撮影する気が全くなし。
と言うことで、フタスジチョウの写真をどうぞ。この蝶、初撮影種ではありませんが、酷い写真でしたので、生態図鑑にも載せておりません。

フタスジチョウ1
f0105542_22291719.jpg


フタスジチョウ2
f0105542_2229355.jpg


次はコラボ写真です。吸蜜していると、2種類以上を同時に撮れることがあります。

コヒョウモンとウラギンヒョウモン吸蜜
f0105542_2230538.jpg


クジャクチョウとコチャバネセセリ吸蜜
f0105542_2231319.jpg


あとは大した蝶はありません。キベリは撮影出来なかったし、強いて言えばエル位かな?

エルタテハ
f0105542_22324551.jpg


ラストはミヤマシロチョウ他シロチョウ科をアップいたします。-続く-
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-07-29 22:38
本日もまずまずの天気。車があったら、鈴鹿の霧島緑を撮影したかったのであるが、お誘いもなく、MF
に行ってまいりました。
夏枯れ真っ最中。強いて言えば、午後3時頃、アオバセセリとスミナガシのテリ張りシーンは見れると思うが、特に興味なし。
自宅で篭るのは大嫌いなので、午前9時~午前10時。たった1時間ですがMFに出撃です。
兎に角暑い。1時間でグロッキー状態です。蝶影は薄く、クロアゲハ、ジャコウアゲハ、アオスジアゲハ、モンシロチョウ、ツマグロヒョウモン、ヤマトシジミ、ヒメウラナミジャノメを見ただけ。この時期は蝉の季節。クマゼミとアブラゼミの鳴く声が凄い。

クロアゲハ♀
f0105542_1519681.jpg


クマゼミ
f0105542_15194545.jpg


アブラゼミ
f0105542_15201148.jpg


ツマグロヒョウモン♀飛翔
f0105542_15204591.jpg


モミジアオイ
f0105542_1521528.jpg


空を見上げると、1頭の猛禽が悠々と登場。いつもなら、カラスに追いやられて、退散するのだが、今回はツバメの集団が、追い出しにかかりました。先日、チョウゲンボウをハイタカかハヤブサと誤同定しましたが、今回の個体は大きかったです。多分ハヤブサだと思いますが、間違っていたらコメントよろしくです。
ツバメも可愛い顔をしていますが、気性は荒いようです。

ハヤブサ1
f0105542_15255664.jpg


ツバメに追いやられるハヤブサ
f0105542_1526219.jpg


たった1時間ですが、ブログネタを収集いたしました。本音は幸せをよぶ青い蜂狙いだったのですが、1頭もおりませんでした。なお、近々、信州のタテハチョウ科、シロチョウ科はアップいたしますね。この遠征のメインはミヤマシロチョウだったので、最後に掲載いたします。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-07-27 15:36
たった1泊2日の蝶日記を十数回も引っ張るのは忍びない。
と言うことで、科別にアップいたします。今回は、ジャノメチョウ科(最近はタテハチョウ科になるそうです。)
、次回がタテハチョウ科、最終回がシロチョウ科のあと3回で終了いたします。

7/20、7/21両日で少し嬉しかったのが、ベニヒカゲとツマジロウラジャノメです。ベニヒカゲは少し早いと思っていましたが、両日で10頭以上観察しました。F氏の撮影仲間はクモマベニヒカゲを撮影されたようです。私は駄目だったですが。ツマジロウラジャノメも両日で数頭観察出来ました。信州では普通種だと思っていましたが、そうでもないようです。露岩地周辺の花に訪花する個体を撮影出来ました。多分、食草が、露岩地しか生息しないのでしょうね。おまけで、ヒメキマダラヒカゲとヤマキマダラヒカゲを掲載いたします。ヒメキマダラヒカゲはジャノメチョウ科にしては、色彩が明るく、やや見栄えがいたします。ヤマキマダラヒカゲは、多分標高2000メートル辺りで観察しましたので、サトキマダラヒカゲではないと思いますが、少し自信はありません。

ベニヒカゲ1
f0105542_21111727.jpg


ベニヒカゲ2
f0105542_2112453.jpg


ツマジロウラジャノメ1
f0105542_2112452.jpg


ツマジロウラジャノメ2
f0105542_21132090.jpg


ヒメキマダラヒカゲ
f0105542_21134198.jpg


ヤマキマダラヒカゲ
f0105542_21141717.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-07-24 21:17
今回の信州遠征。どうまとめるか、苦慮いたしました。何せ撮影枚数2500枚、撮影種約35種類。
とりあえず1回目はジョウザンミドリシジミに決定。7/20の午前9時頃だったでしょうか。1頭の本種がミズナラ周辺で強烈にテリを張っておりました。何とか見下ろす形で撮影したいということで、崖を登りました。足場が悪く、私にとっては命がけでした。
何とかアップで本種の撮影に成功。5枚アップします。
本日外付けHDDを早速購入いたしました。BUFFALO製で、1TBが8800円でした。安いか高いかは分かりませんが、これでタップリ1年間は保存できます。

ジョウザンミドリシジミ1
f0105542_2249358.jpg


ジョウザンミドリシジミ2
f0105542_22492635.jpg


ジョウザンミドリシジミ3
f0105542_22494834.jpg


ジョウザンミドリシジミ4
f0105542_22501160.jpg


ジョウザンミドリシジミ5
f0105542_22503425.jpg


このペースでアップしていくと、20回は行けそうです。これでいいのか、少し考えて見ます。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-07-22 22:53
大阪周辺は夏枯れで蝶は面白くない。7/20~7/21は全く予定がなかったので、7/18に撮影仲間のF氏におねだりして、信州に遠征することになった。7/19の深夜に大阪を出発し、7/20はビジネスホテルで1泊。
7/20と7/21に3ポイントで蝶撮影をし、先ほど帰宅した。
先ず結果からどうぞ。両日の目撃種は、アイウエオ順で、アカタテハ、アサギマダラ、イチモンジチョウ、ウラギンヒョウモン、エルタテハ、オオミスジ、オオムラサキ、キチョウ、キバネセセリ、キベリタテハ、ギンボシヒョウモン、クジャクチョウ、クロヒカゲ、ゴイシシジミ、コチャバネセセリ、コヒョウモン、コミスジ、コムラサキ、サカハチチョウ、ジョウザンミドリシジミ、スジグロシロチョウ、スジボソヤマキチョウ、ツバメシジミ、ツマジロウラジャノメ、テングチョウ、ヒカゲチョウ、ヒメキマダラセセリ、ヒメキマダラヒカゲ、ヒョウモンチョウ、フタスジチョウ、ベニヒカゲ、ホシミスジ、ミスジチョウ、ミドリヒョウモン、ミヤマカラスアゲハ、ミヤマシロチョウ、モンキチョウ、ヤマキマダラヒカゲ、ルリシジミの39種。撮影仲間乃至撮影家の両日の情報が、+アイノミドリシジミ、ウラジャノメ、クモマベニヒカゲの3種類。合計42種類であった。
流石信州である。本日その1をアップしようとしたが、思わぬ出来事が。本体、外付けHDDがほとんど空っぽではないか。
と言うことで、とりあえず、外付けのHDD(多分1テラ)を購入後、数回に分けて、アップいたします。一応イントロと言うことで、最も沢山見たアサギマダラの飛翔写真をどうぞ。-かなり続く-

Fさん、長時間の運転お疲れ様でした。また、機会がありましたら、遊びましょう。

アサギマダラ飛翔
f0105542_1861187.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-07-21 18:07
息子が今年、某社に就職し4月から遠方で勤務をしているが、今回の3連休久しぶりに7/12に帰宅した。
「宴会をしなくては」昨晩、鱧チリセットが届くはずであった。午後7時に宅配で到着するはずであったのに、午後8時になっても届かない。午後9時になっても届かない。宅配業者に電話をすると、手配ミスで本日7/13のam
に届くとのこと。「思い切り叱ってやった」
と言うことで、7/13は昼から鱧チリで宴会。午後6時半から地元の中華料理屋で宴会を挙行した。後半の中華料理は息子が金を出すとのこと。せめてもの親孝行。それでも結構嬉しかった。

f0105542_2253658.jpg


料理1
f0105542_226247.jpg


料理2
f0105542_2262061.jpg


料理3
f0105542_2263969.jpg


料理4
f0105542_2265657.jpg


料理5
f0105542_227122.jpg


料理6
f0105542_2273019.jpg


料理7
f0105542_2274878.jpg


料理8
f0105542_228436.jpg


料理9
f0105542_2282045.jpg


料理10
f0105542_2283772.jpg


近くの学校で花火をしているらしい。丁度駅前のタクシー乗り場から良く見える。約10分間であったが、久しぶりに間近で花火を見れて感動した。「何とか撮影したい」
実は、私、花火を撮影するのは始めてだ。どんなモードで撮れば良いのかも分からないレベルである。約30枚撮影したが、辛うじて写っている写真を3枚掲載いたしますね。

花火1
f0105542_22145567.jpg


花火2
f0105542_22151488.jpg


花火3
f0105542_22152955.jpg


蝶の写真なら、そこそこ自信はあるけれど、花火の写真は難しい。勉強しようっと。

「おいおい、標題の蝶の写真は」と、お叱りを受けるかもしれない。「ハイハイ、ちゃんと出撃しましたよ」
非常に長い前ぶりでしたが、本題です。

シルビアシジミは、絶滅の危機に瀕しているようです。特に、ミヤコグサを食草としている地域が危ないそうです。7/13午前4時起床。始発電車に乗って、ポイントを目指す。すっきりした空模様ではなかったが、凄く蒸し暑い。1時間半歩きに歩いて、辛うじて♂♀各1頭観察。何とか撮影も成功しましたのでどうぞ。
この蝶、確か以前にも書いたと思いますが、4月~11月まで、ダラダラと発生します。未だに、4・6・8・10月が適期なのか、5・7・9・11月が適期なのか分かりません。博打的出撃で撮影出来たのは、ラッキーでした。

シルビアシジミ♀産卵
f0105542_22283272.jpg


シルビアシジミ♂半開
f0105542_22285932.jpg


少なくても、大阪周辺で、電車と歩きで行けるポイントは一通り紹介しました。来週から全くネタがありません。お誘いのメールを待っております。よろしくお願いいたします。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-07-13 22:34
本日は、午前はオオヒカゲ、午後はオオムラサキの予定。昨晩痛飲したため、少し出遅れてしまった。
午前7時の気温が何と30℃。熱中症にも気をつけなくてはならない。先ずはオオヒカゲ。現地午前8時半到着。6/20前後に発生するチョウなので、ヌルの可能性大。午前10時半まで粘って、唯一1頭観察。結構ヤブコギしました。パッと見凄く新鮮。かなり大きかったので多分♀であろう。
「静止してくれ」と念じましたが、ヤブの彼方に消え去りました。残念。
ヌルと1頭観察の差は大きいけれど、1頭観察と1頭撮影の差も大きい。心の写真機にはしっかりとインプットされたが、皆さんにお見せできない。やはり、悔しい。

気を取り直して、MFに移動。正午12時半に低いテリ張りポイントに着いた。ゲームをしながらオオムラを待つ。午後2時までは時々晴れ間が覗き、2~3頭の本種を観察したが、全然止まりません。午後2時から真剣に探しましたが、午後3時くもり空の中、鮮度の悪い1頭がテリを張っただけ。一応証拠写真は撮影成功。午後3時半にポイントを移動。ここは数は多いがテリ張り位置が高く、面白くない。飛翔写真を狙いました。
この蝶、「DNAに敵が来れば追いかける」ことを強烈にインプットされている。過去にも、ツバメを追いかけるシーンを観察したことがある。今回はカラスだ。果敢に追いかける姿に感動。勝てない喧嘩に挑む姿は感動物だ。何枚か掲載いたしますね。待っている間、カラスと猛禽のバトルにも遭遇。結構至近で猛禽を撮影成功しましたが、何せ300㎜。鮮明ではありませんでした。未だに、ハイタカかハヤブサか分かりません。鳥に詳しい方がおられましたら、是非コメントよろしくです。

オオムラサキ全開
f0105542_19521610.jpg


オオムラサキ普通の飛翔1
f0105542_19524615.jpg


オオムラサキ普通の飛翔2
f0105542_19531311.jpg


オオムラサキがカラスを多数で追う
f0105542_19535398.jpg


オオムラサキがカラスを追うが、逆襲にあう
f0105542_19544514.jpg


ハイタカかハヤブサか
f0105542_2015048.jpg


最近はまっている携帯ゲームのパズドラ
f0105542_19563664.jpg


午後4時半に最寄駅に到着。午前7時にパン半切れを食べただけで無茶苦茶お腹が空いております。こういう時は安くて旨い餃子の王将。定番の料理をどうぞ。

f0105542_19581926.jpg


地元の撮影も底をついてしまった。後は辛うじてシルビアシジミくらいか。やはり、これからは信州。お友達の皆様、是非お誘いください。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2013-07-06 20:08