ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

この日、裏戸に一頭の蛾がへばりついておりました。2時間経っても、3時間経ってもずっと動きません。「写真でも撮っておこか」と、コンデジで数枚撮影しました。「何という蛾だろう」「何科の蛾だろう」とネットで調べるもさっぱりわかりません。ヤママユ、オオミズアオ、シンジュサン、イボタガ他大型美麗種なら、私でもすぐにわかりますが、この子は難解でした。高価な蛾類図鑑を持っていなかったら、HP「みんなで作る日本産蛾類図鑑」の掲示板がお勧めです。たった1時間で回答をいただきました。凄いレベルの方がおられるんだなと感心いたしました。

この日撮影した蛾です。
f0105542_22353082.jpg


種名は「スギドクガ」私、触りたくてむずむずしておりましたが、触らなくてラッキーでした。何度もチャドクガにはえらい目にあっているものですから。(笑)
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2012-05-31 22:38
昨日は、すっかり魂を解き放ち、本日は二日酔い状態。一応午前9時には出撃態勢にはあったのだが。兵庫県でもゼフ第一弾のアカシジミが出ているようだ。今から長竿持参で、MFでたたき出しを試みても多分1頭の裏面を撮影するのがやっとであろう。「やめた」
でも。エエ天気。自宅で悶々としているのはあまりにもったいない。そういえば、自宅周辺でも過去2度本種を見ている。1度目は、通勤時、ヒラヒラと飛翔している姿を見た。2度目は自宅から5分の公園で見た。確かこの蝶は夕刻、日没までに活発に活動するらしい。
と言うことで、駄目もとで、午後5時半出発で地元の公園で待つ。たった5分で到着。そこらじゅう蚊の餌食となり、腫れ上がるが、じっと辛抱。午後6時、やはり予想は当たっていた。梢を数頭のアカシジミが飛翔。距離にして20mはある。70-300㎜の範囲で約300枚撮影。午後6時半撤収。一枚でも当たってくれ。やはり惨い出来栄え。でも、辛うじて本種だとわかる写真を思い切りトリミングしてアップいたします。
こんな遅い時刻に、出撃するのは生まれて初めて。やはり蝶遊びは止められません。

アカシジミ飛翔
f0105542_19245247.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2012-05-27 19:25
ミュウ号のフィラリア予防注射他所用をこなし、午前11時MF着。丁度中途半端な時期。伊勢地方に行けば、ミカド、ウラゴ。京都北部に行けば、バシロ、ミヤカラは撮影可能であるが、遠い。と言うことで、いつものMF。ゼフはアカシジミが五分五分。一応たたき出し用の長竿を携帯。
着いてすぐ、黒っぽい蝶が凄いスピードでやってきた。直感でナガシと判断。こんな時刻でも飛ぶんだと思っていた所、地面に着地。撮影を開始しても逃げない。「何でやろう」すぐにわかった。「なに」を吸っているのだ。
広角写真まで撮れた。満足。

スミナガシ1
f0105542_17205965.jpg


スミナガシ2
f0105542_17211635.jpg


スミナガシ3
f0105542_17213017.jpg


スミナガシ4
f0105542_17215016.jpg


スミナガシ5
f0105542_1722430.jpg


さあ、登ってアカシジミを撮影しようと思っていた矢先、ミスジ系の大きな蝶がヒラヒラ。「ミスジの♀や」直感でわかる。結構敏感で、何とか全開写真をゲット。

ミスジチョウ♀
f0105542_17242241.jpg


暫く待っていると、これまた大きなミスジ系が飛び出す。先ほどのミスジ♀だと思い、追いかけると、葉上に静止。「あれれ、ホシミスジ♀やないか」少しテンションが下がったが、数枚撮影。

ホシミスジ♀
f0105542_172642100.jpg


やっとアカシジミポイントに行ける。と思ったが、今が旬のコムラサキにまず挨拶。夏の信州では腐るほどいる蝶であるが、MFでは比較的レアだ。♂は午後3時頃からテリを張るが、♀は早い時刻に柳周辺をゆっくりと飛翔する。午後1時半まで生態を観察。面白かった。数枚をアップいたします。

コムラサキ1
f0105542_17321697.jpg


コムラサキ2
f0105542_17323270.jpg


コムラサキ3
f0105542_17325432.jpg


すでに
1時間ほど観察・撮影。♀は案の定、柳に産卵ポーズをとる。♂は激しいバトル。次に現れたのがアサマイチモンジ。イチモンジチョウよりはちょっと珍しい程度。マクロと広角で数十枚撮影完了。

アサマイチモンジ1
f0105542_17364924.jpg


アサマイチモンジ2
f0105542_17371362.jpg


いつの間にか午後2時になっていた。折角長竿を持参したのに。アカシジミは諦め、岐路に着く。今年度の初見は、コムラサキ、アサマイチモンジであった。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2012-05-26 17:44
あまり天体ショーには興味はないんだけど、金環日食は、前回が昭和62年沖縄で、次回が平成42年北海道で見られるそうだ。今回は大阪でも観察可能とのこと。ニュースによると、直接日食を見ると眼を傷つけるそうな。撮影でも、減光フィルターを装着しないと同様とのこと。と言うことで、会社にはコンデジさえ持参しなかった。それでも、いつも午前7時45分に会社に到着する所を半時間早起きして、午前7時15分着。早速ビル19Fから空を見る。ほとんど曇り。たまに微かな陽光がある。いつも早く出勤する仲間と空を見る。午前7時30分頃、急に空が暗くなる。直視で太陽を見ると、金環日食の兆しあり。肉眼ではっきりと金環を見て取れたので、徐に100万画素レベルの携帯で数枚パチリ。やはり画素数が少ないというか、解像度が低いというか、皆さんに金環日食をお伝え出来ないレベルであった。

金環日食1
f0105542_2147106.jpg


丁度、一人がコンデジを所有されていたので、お借りして、ズームで撮影。何とか見れます。下部が雲に隠れ、いまいちの出来でしたが、結構感動しました。

金環日食2
f0105542_21493191.jpg


全く、蝶や鳥には関係のない話題でしたが、興味がある方もおられると思いアップしました。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2012-05-21 21:54
少し気合を入れて三筋ポイントに午前7時前に到着。何と先客が。このポイントで私より早く来る人なんて考えられない。撮影仲間のkanabunさんであった。和歌山から車を飛ばして午前6時にここに来られたとのこと。凄い。一人よりも二人の方が楽しい。色々と会話をして本種を待つが一向に現れない。

最初に目に入ったのが、ニシカワトンボ。今は、アサヒナカワトンボと言うそうだ。メタリックでエエトンボである。可愛い顔をしているが、しっかりと蛾を捕食していた。クロスジギンヤンマ他を見たが、トンボの飛翔能力はチョウよりもはるかに上である。

アサヒナカワトンボ1
f0105542_2061852.jpg


アサヒナカワトンボ2
f0105542_2064179.jpg


やっとミスジチョウが現れた、というよりか葉上に静止していた。大分待ちました。結構距離があり、証拠写真ですがどうぞ。カエデを颯爽と飛翔する姿を見たかったのであるが、ほとんど飛ばなかった。少し気温が低いせいか?

ミスジチョウ1
f0105542_2093022.jpg


ミスジチョウ2
f0105542_2095516.jpg


ミスジチョウ3
f0105542_20101389.jpg


更に待つが結局、♂1頭のみ。少し早かったようだ。kanabunさんと別ポイントに移動して、何種類か撮影してからお別れをした。成果はいまいちだったが、kanabunさんはミスジが初撮影ということで喜んでおられた。

ナガサキアゲハ
f0105542_20124852.jpg


モンキアゲハ1
f0105542_2013987.jpg


モンキアゲハ2
f0105542_20132420.jpg


また゜、午前11時。帰宅するには少し早いので、周辺をブラブラ。最初に見たのがダイミョウセセリ。角度が悪いので、ゆっくりと180度移動した時飛ばれてしまった。本日の第2本命であるホシミスジもやってきた。見失ったあと、暫くして飛び出したので、撮影してみると、いつの間にか、ミスジチョウにかわっていた。我ながらビックリ。そんなこんなで本日もエエ休息が出来ました。

ダイミョウセセリ
f0105542_20202712.jpg


コチャバネセセリ
f0105542_20205764.jpg


ヒメウラナミジャノメ1(こちらが正常紋か?)
f0105542_20214689.jpg


ヒメウラナミジャノメ2(それともこちらが?)
f0105542_20222064.jpg


ホシミスジ1
f0105542_2024021.jpg


ホシミスジ2
f0105542_20242079.jpg


ホシミスジ3
f0105542_20244463.jpg


ミスジチョウ閉翅
f0105542_202513100.jpg


ミスジチョウ半開
f0105542_20253314.jpg


ミスジチョウ全開
f0105542_20255127.jpg


ミスジチョウ飛翔
f0105542_20261243.jpg


MF最寄り駅で電車を待つ。乗ろうとした時、ミスジ系のチョウ発見。緩やかに飛翔しているので、こいつは静止するなと、意識的に電車をスルーする。15分待たなければならないが、へっちゃら。やはりホシミスジであった。本日全開静止写真を撮っていなかったので、待つ。やっと撮影できました。反対側の電車がやってきたので、チョウが驚いて飛び立つ。絶好の蝶鉄写真撮影機会。10枚程度撮影しましたが、すべてボツ。まあエエか。今年度の初見は、ミスジチョウ、ホシミスジ、ダイミョウセセリ、コチャバネセセリであった。

f0105542_20333640.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2012-05-19 20:38
5月10日、大阪市内の大公園にサンコウチョウが入ったそうだ。鳥に興味がない方でも、この鳥を見ると、「撮りたい」と思うエエ鳥である。5/12も滞在中。でも、この日、私、朝から晩まで仕事をしておりました。天気の良い日の休日出勤は身体に良くありません。本日5/13気合を入れて出撃しましたが、抜けておりました。3箇所も徘徊したのに。残念。「抜ける」とは要するに別ポイントに移動したという意味です。珍鳥は3日で抜けるという諺を絵に描いたような残念な結果に終わってしまいました。普通種に少し毛が生えた鳥を3種類掲載いたします。

キビタキ
f0105542_18152384.jpg


コサメビタキ
f0105542_1815516.jpg


マミチャジナイ
f0105542_18172531.jpg


次にMFに移動。狙いは、ナガサキとアオバ。先ずは入り口のナガサキポイントで待つ。吸蜜のため、クロ系アゲハが立ち代りやって来ます。オナガアゲハを期待していましたが、ナガサキとクロのみ。でも、ナガサキ♀を至近で撮影できたので満足。沖縄産の♀に比べるとかなりおちますが、白紋のフリルは素敵でした。

ナガサキ1
f0105542_18234757.jpg


ナガサキ2
f0105542_1824461.jpg


次にアオバポイント移動前に周辺を探索。ナガサキポイントから歩いて1分の所に、何とアオバが吸蜜しておりました。登りを30分かける手間が省けました。この蝶、ヒメジョオンでも吸蜜するんですね。結構フレンドリーで、約5分間付き合ってくれました。何枚か撮影しましたのでどうぞ。

アオバセセリ1
f0105542_18311846.jpg


アオバセセリ2
f0105542_18314163.jpg


アオバVSヤマト
f0105542_18321383.jpg


アオバVSイチモンジ
f0105542_18323796.jpg


アオバ全開
f0105542_1833413.jpg


アオバ広角
f0105542_18333592.jpg


この個体は♂か♀か。最近購入したフィールドガイド 日本のチョウで判明しました。♀個体です。この本は本当にエエです。

f0105542_1837850.jpg


なお、本日の目撃種は約20種類でしたが、毎度毎度掲載するのはあまり意味がないので、本年度の初見を掲載いたします。コミスジ、ゴマダラチョウ、イチモンジセセリであった。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2012-05-13 18:46
シルビアは無事♂個体を撮影し、次は、大阪の大公園に移動。夏鳥は大半が抜けた模様。それでも何羽かはいるに違いない。約3時間滞在しましたが、カメラマンも分散しており、これと言った成果なし。ただ、センダイムシクイという名の鳥がフレンドリーでしたので、執拗に追いかけました。私的にはライファーでしたので、嬉しかったです。

センダイムシクイ1
f0105542_2218338.jpg


センダイムシクイ2
f0105542_22183857.jpg


センダイムシクイ3
f0105542_221991.jpg


センダイムシクイ4
f0105542_2219492.jpg


その他の夏鳥は大半が抜けた模様。なんとか、オオルリ♀、キビタキ♂をそれぞれ数枚撮影しただけですが、証拠写真として掲載いたします。

オオルリ♀
f0105542_22215914.jpg


キビタキ♂
f0105542_22222438.jpg


いつもなら、これで帰宅するところですが、MFの蝶目指して移動。最初はナガサキを撮影する予定でしたが、この日はMFの祭りがあり、若い衆がナガサキポイントに沢山おられ、足場もない状態。ツツジの上をナガサキ♂が飛翔しておりましたが、撮影に至らず。早めに切り上げてスミナガシポイントに移動。現地に着くと、3頭のアオバセセリが凄いスピードで円軌道を描いておりました。流石に高速。一眼とコンデジで500枚程度撮影しましたが、コンデジの連写モードでシルエットを撮影したのみ。残念。

アオバセセリ飛翔シルエット
f0105542_22301227.jpg


次に現れたのがミヤマカラスアゲハ。この蝶も山頂を緩やかに飛翔する。高さは、10メートル以上。やはり数百枚チャレンジするも、辛うじて本種とわかる写真は2枚だけでした。飛翔写真は難しいですね。

ミヤマカラスアゲハ1
f0105542_22333460.jpg


ミヤマカラスアゲハ2
f0105542_22335812.jpg


やっと午後3時。案の定、スミナガシがテリを張りに来ました。毎年、木木の背が高くなり、エエ写真は望めません。それでも何枚かアップいたします。

スミナガシ1
f0105542_22363029.jpg


スミナガシ2
f0105542_22365083.jpg


午後4時まあこんなものかと下山。10年前にはスミナガシが結構テリを張っていたポイントに1頭発見。これは嬉しい。

スミナガシ3
f0105542_22404277.jpg


スミナガシ4
f0105542_22412718.jpg


飛翔写真を是非撮りたいと言う事で、またもや凄い枚数を連写。辛うじて1枚当たりました。

スミナガシ5
f0105542_22424829.jpg


約12時間遊びましたが、やはり蝶、鳥は飽きません。本日の目撃種は、モンシロチョウ、キチョウ、モンキチョウ、スジグロシロチョウ、ナミアゲハ、キアゲハ、クロアゲハ、モンキアゲハ、カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、アオスジアゲハ、ナガサキアゲハ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、シルビアシジミ、ツバメシジミ、サトキマダラヒカゲ、ヒメウラナミジャノメ、クロヒカゲ、ツマグロヒョウモン、スミナガシ、ミヤマセセリ、アオバセセリ、テングチョウであった。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2012-05-09 23:00
明後日からお仕事です。本日は少し気合を入れて、午前5時出発、午後5時帰宅。丸12時間遊んできました。蝶ポイント2箇所、鳥ポイント1箇所。私、車がないので、非常にフットワークが悪いです。車なら、多分半分の時間で、3箇所のポイントをまわれたはず。無い物ねだりはいけませんね。
この日の撮影枚数はコンデジも含めると約2000枚です。でも、大半は、飛翔写真に費やしました。当るのは1%以下ですね。昔の銀塩だと大変な出費ですが、デジタルだと平気。枚数が多いので、チェックする時間が大変と言うことで、その1は第1ポイントの蝶を掲載いたします。
第1ポイントは兵庫県のシルビアです。ここも環境悪化を絵に描いたようなところです。多分1頭だなと思っていましたが、オス3頭でした。本命は、メス。翅表はどんな色なんだろうなと楽しみにしておりましたが、おりませんでした。一応、閉翅、半開、全開を撮影出来ましたので、3枚ずつアップいたしますね。その2は近々アップいたします。-続く-

シルビアシジミ閉翅1
f0105542_19344235.jpg


シルビアシジミ閉翅2
f0105542_19351647.jpg


シルビアシジミ閉翅3
f0105542_19354188.jpg


シルビアシジミ半開1
f0105542_1936594.jpg


シルビアシジミ半開2
f0105542_19362734.jpg


シルビアシジミ半開3
f0105542_19364748.jpg


シルビアシジミ全開1
f0105542_19371487.jpg


シルビアシジミ全開2
f0105542_19373514.jpg


シルビアシジミ全開3
f0105542_19375776.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2012-05-05 19:45
天気は良くありませんでしたが、午前10時半~12時までMFで遊びました。晴れてくれば、午前はナガサキ、クロ他黒系アゲハ、午後はスミナガシ、ミヤカラが目的でしたが、正午から雨が降り出し撤収。前述したチョウは1頭も見ず。救いはツマキチョウオス。天気がエエと全く止まりませんが、低温、曇だと、緩やかに訪花にやってきます。雨が降り出すと、じっと葉上に静止。裏面の素敵な模様をアップで撮影できました。そうか、クモツキも同じ仲間。こんな天気のほうがエエ写真が撮れるのか。納得。なお、本日の目撃種は、ナミアゲハ、アオスジアゲハ、モンシロチョウ、キチョウ、スジグロシロチョウ、ツマキチョウ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ツバメシジミ、サトキマダラヒカゲ、コジャノメ、ヒメウラナミジャノメであった。
本日、フィールドガイド日本のチョウをアマゾンで予約。5/7~5/9に地元のローソンで受取予定。二千円を切ると、私でも辛うじて購入出来ます。楽しみだ。

サトキマダラヒカゲ
f0105542_14441861.jpg


コジャノメ1
f0105542_14444438.jpg


コジャノメ2
f0105542_1445392.jpg


ヒメウラナミジャノメ1
f0105542_1445385.jpg


ヒメウラナミジャノメ2
f0105542_1446453.jpg


ツマキチョウ1
f0105542_14463782.jpg


ツマキチョウ2
f0105542_14465558.jpg


ツマキチョウ3
f0105542_14471628.jpg


ツマキチョウ4
f0105542_14474569.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2012-05-04 14:55