ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

暫く完全休養しようと思っていましたが、起床して快晴だと、身体がムズムズして、やはり出撃してしまいました。鳥狙いですが、MFは全く閑古鳥が鳴いて面白くありませんので、少しだけ気合を入れて、午前8時出発で大阪南の公園に向かう。
いつもの休憩木にはミサゴがおりました。このポイント、確実に猛禽は見れますが、距離が半端ではありません。少しトリミングしておりますが、どうぞ。

ミサゴ静止
f0105542_1964690.jpg


本日はミサゴを5羽も見ることが出来ました。飛翔写真です。やはり猛禽、エエ顔しております。

ミサゴ飛翔
f0105542_198684.jpg


前々から魚を掴んで飛ぶ本種を見たかったのですが、やっと見れました。休憩木に止まるまでの3カットをどうぞ。なお、掴まれている魚はコノシロです。隣にいる方のスコープではクッキリ写っておりました。

ミサゴ1
f0105542_1995293.jpg


ミサゴ2
f0105542_1910915.jpg


ミサゴ3
f0105542_19102669.jpg


その他の鳥はやはり種類が少なかったです。特に小鳥の類は全くおりませんでした。やはり鳥不作の年のようです。大型種ばかりですが。

サギ集団
f0105542_1912484.jpg


カワウ飛翔
f0105542_19122817.jpg


証拠写真のカンムリカイツブリ
f0105542_1913111.jpg


このポイント、数は多くないですがムラツがいます。偶然、葉上で全開する雌個体発見。

ムラツ雌開翅(D90 500㎜)
f0105542_19142535.jpg


以上すべてD90に装着した500㎜での写真です。ムラツを見て、慌ててD70に装着した300㎜で撮影しようとした時、飛んで行ってしまいましたが、一度だけ地面に降りてくれました。葉の影で左尾状突起は見えませんが、無事撮影完了。蝶と鳥両方楽しめた1日でした。鳥では、上記以外に、ハイタカ、トビ、蝶では、ムラシ、ウラギン、ヤマト、キチョウを見る。

ムラツ雌開翅(D70 300㎜)
f0105542_19195236.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-11-26 19:31
本日は勤労感謝の日。てっきり、普段仕事に精を出しているお父さん(お母さん)に「偶には休息してよ」の気持ちを込めて制定した祝日だと思っていたが、ネットで調べると、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」日だそうだ。何だが難しそう。そういや、最近、国旗を掲揚していません。昔は所々で見れましたが、確かに減っていますね。帰りの電車の中。チャンと国旗を掲揚していました。少し感動いたしました。

f0105542_186891.jpg


さて、本日は一日中雨の予報でしたので、少し油断していましたが、午前9時に起床して、空を見上げると、薄日が射し、先ず先ずの天気。速攻でMFに出撃。午前10時半到着。約2時間、生物なら何でもという気持ちで、周辺をブラブラしましたが。一度も日が射すこともなく、正午12時半には雨が降り出す始末。気温も非常に低いです。飛翔する蝶はゼロ、鳥もカラス、ドバト、ヒヨドリを除いてゼロ、最悪の1日でした。それでもじっくりと観察をすると、葉上にヤマトシジミ。ムラシポイントでは1頭だけでしたが曇天の中開翅する子も。その他の昆虫もアブの仲間を撮影しただけ。いよいよ今年もオーラス近しです。野鳥が非常に少ないのが残念です。ジョウビタキ、ルリビタキ、アオジ、カワセミ何でも良かったのですが、何にもおりませんでした。次のブログ更新は年始の御節料理の写真かも?

ヤマトシジミ1
f0105542_18231512.jpg


ヤマトシジミ2
f0105542_1823424.jpg


ヤマトシジミ3
f0105542_182437.jpg


ムラサキシジミ
f0105542_18242117.jpg


完璧なタンポポの綿帽子
f0105542_18251417.jpg


アブの仲間飛翔
f0105542_18254795.jpg


アブの仲間静止1
f0105542_18261869.jpg


アブの仲間静止2
f0105542_1827465.jpg


アブの仲間静止3
f0105542_18273319.jpg


MFに行くと、飽きることは先ずありませんが、本日は正直・・・です。私の気持ちを野良猫が表現してくれました。「退屈だニャン」

f0105542_18325236.jpg


f0105542_1833666.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-11-23 18:41
昨日11/17はボージョレヌーボーの解禁日。スーパーダイエーで一番安いヌーボーを購入。880円也。帰宅は午後8時半。昨年は、鱧入り湯豆腐という真逆な夕食。特に家内にはワインを買って帰るとは言っていなかったが、忙しかったらしく、献立は、スーパーで購入したカツとじ弁当と小鉢3品。昨年よりはましかな?赤ワインには微妙ですが。

f0105542_2340395.jpg


ドラフトワンを数分で飲み干し、カツとじ弁当を頬張る。結構美味い。さて、今年のヌーボーの出来は如何か軽く試飲。「うーん、いまいち」2009年は本当に美味いと感じたのだが。何せ50年に一度の出来だったので。やはり料理が合わないんだ。ソーセージを「ちん」し、スライスチーズを添えて、真剣に呑む。やはり、いまいち。本日11/18も会社帰りに、酒屋の試飲コーナーで何種類か飲んでみたが、特に感激はなかった。やはりワインは年によってレベルの差があるようだ。それでも、昨晩約20分間でフルボトルを飲み干し、軽く焼酎の水割りを2杯飲み、ブログを書こうと思ったが、文字が2重に見える。「こりゃあかんわ」と一日遅れのヌーボーの感想でした。
仲間のブログを拝見すると、某氏のブログが何とワインの種類まで一緒。後塵を拝してしまった。チーズ、ソーセージ共エエのを食しておられました。

f0105542_23554991.jpg


f0105542_2356023.jpg


f0105542_23561141.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-11-18 23:57
次の土日は、悪天候の予報。多分アップできないようですので、お蔵入りした11/13の日記です。毎日老犬ミュウ号と約1時間散歩していますが、この日も午前10時出発で周辺の公園に。
最初に見つけたのが、オオカマキリ。獲物を待って、壁に張り付いていました。ラッキーだったら、壁に張り付いた昆虫をゲットする手筈だったと思いますが、何にもおりませんでした。寿命も多分長くなく、逆にオオカマキリが鳥の餌になる可能性大です。少し哀れを感じました。

オオカマキリ
f0105542_21353619.jpg


民家が密集する近所の公園を徘徊。デジ一眼だと、変な目で見られますが、コンデジだと自然に撮影出来ます。片手でカメラを操作するので、手振れ補正はなかなか効果的でした。約2~3メートルの距離から、光学10倍で非越冬種を数種類撮影完了。原寸だと少し惨い写りですが、ブログ写真では充分に鑑賞に堪えることが出来ます。メモ帳代わりに結構戦力になってくれます。

先ずは、ツマグロヒョウモン。晩秋まで元気に飛翔しています。産卵シーンとかは見れませんでしたが、雄、雌をどうぞ。

ツマグロヒョウモン雌
f0105542_21443387.jpg


ツマグロヒョウモン雄
f0105542_2144559.jpg


ヤマトシジミもまだまだたくさんいました。青雌開翅を狙いましたが、すぐに花の中に顔を突っ込みエエ写真は撮れませんでした。

ヤマトシジミ雌
f0105542_21462936.jpg


意外に新鮮だったベニシジミ。この時期は春型と同じ色合いです。

ベニシジミ
f0105542_2147391.jpg


最後はウラナミシジミ。流石に鮮度が悪い個体が大半です。

ウラナミシジミ
f0105542_21484835.jpg


非越冬種が観察できるのも、12月上旬迄でしょうか。一杯蜜を吸って、残り少ない生命を精一杯生き抜いている姿に結構感動いたしました。その他、キチョウを見る。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-11-16 22:04
天気が良いということなので、MFでは全く不作だった鳥狙いで、地元奈良に出撃。少し気合を入れて、現地到着午前8時半。数種類の小鳥、2~3種の猛禽は確実にゲットできるはずだったのですが。「アジャー」「何にもいないやんか」今年は鳥不作のようです。スズメ、ドバト、カラス、シジュウカラ、ヤマガラしかいません。今年の冬はネタ不足ぢゃ。仕方なく、観光に転ずる。
秋のシーズン、色々な催しがあるようです。興味のある方はお越しくださいまし。

f0105542_18402472.jpg


とか、

f0105542_1840443.jpg


とか、興味のある方にはたまらないのでしょうが?

建立物もたくさん写真を撮りました。

f0105542_18433588.jpg


とか、

f0105542_18435370.jpg


とか、

f0105542_1844854.jpg


とか、

f0105542_18442121.jpg


とか、

f0105542_18455416.jpg


仕舞には、こんな写真も撮りました。私奈良県人やのに。

f0105542_18481842.jpg


午前10時半。鳥と観光は終了。狙いとすれば「あれ」しかありません。そうです。ムラツです。でも、このポイントも元ポイント。周辺で大規模な工事が行われており、食草が大量に切られ、見る影もありません。確実に2~3年すれば絶滅するポイントです。珍しく、午後1時まで執念深く待ちました。最初に現れたのがこの子。

アカタテハ
f0105542_18542475.jpg


次はキタテハ。エエ色でした。

f0105542_18551821.jpg


ようやくムラシ登場。普通種ですが、エエ色しておりました。

ムラシ閉翅
f0105542_18563447.jpg


ムラシ雄開翅
f0105542_18571062.jpg


ムラシ雌開翅
f0105542_18573957.jpg


ウラギンシジミは凄い数。雄と雌をどうぞ。

ウラギンシジミ雄
f0105542_18582610.jpg


ウラギンシジミ雌
f0105542_18584992.jpg


さて、本日の本命だったムラツ。撮ったという満足感はゼロでしたが、食草周辺をチラチラする蝶、多分ムラシだと思って撮影した中で、偶然ムラツがおりました。多分来年は消滅している予感が。

ムラサキツバメ雄1
f0105542_192366.jpg


ムラサキツバメ雄2
f0105542_193067.jpg


本日の目撃種は上記以外に、キチョウ、ヤマトシジミであった。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-11-12 19:11
今にも泣き出しそうな空。午前10時に齢73歳の愛犬ミュウ号と散歩で、地元の公園へ。途中ジョウビタキ雄2羽が歓迎してくれましたが、片手にリードを持っているので、撮影不能。いつもの公園に到着。園芸種が植えられていましたが、唯一チャバネセセリを見る。この蝶も今年ラストでしょう。別の公園に移動。ここには大きな池があります。変な夫婦を御紹介。アヒルが一羽いるのですが、2年前からマガモ雄と番になっています。本来は冬鳥のマガモが夏でも、秋でもずっとアヒルと行動をともにしております。陸に上がっていたので、広角での撮影です。アヒルはマガモから人為的に作り出された家禽ですので、DNAは同じです。毎日犬の散歩をしていますが、この変な夫婦をいつも見守っております。少しネタが枯渇しておりますが、ご容赦の程を。

f0105542_16413224.jpg


f0105542_16414616.jpg


f0105542_16415811.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-11-06 16:46
誰かさんがよく使うタイトルをパクリました。今日もシトシト雨が降っています。明日も雨天のようです。晴天なら「満開のツメレンゲとクロツ」というタイトルで和歌山にでも行こうと思っていたのに、この雨でなす術がありません。11/3一昨日のブログです。本来ならお蔵にする予定でしたが、アップさせていただきます。

今年のMFは鳥が全然いなくて面白くありません。午前10時到着。スズメ1羽さえおりません。「何でや」と言いたくなります。蝶にしようっと。レンズを500㎜から300㎜にチェンジして蝶を探します。最初に見た生き物は「野良猫」最近ここに猫を捨てる輩が多いようで、この日だけでも10頭近く見ました。優しい?ハイカーが餌をあげるので、辛うじて生き延びていますが、多分来年になるとその数は半減しているでしょう。

野良猫
f0105542_1452154.jpg


最初の蝶はナガサキアゲハ。まだいるんだ。飛翔写真を撮ろうと思っていたのに、10m先の葉上に静止してじっとしています。飛ぶのもしんどいんだなあ。

ナガサキアゲハ
f0105542_146536.jpg


ウラギンとムラシが一杯いるポイントで待つ。1頭、ムラシを大きくして、青黒いシジミが目の前を通過するが、止まらず。間違いなくムラツ雄だ。残念。ムラシ雄を何枚か撮影しましたので、どうぞ。

ムラシ閉翅
f0105542_1410388.jpg


ムラシ開翅1
f0105542_1411255.jpg


ムラシ開翅2
f0105542_14112418.jpg


農園ポイントに移動。相変わらずヤマトが多い。雄と雌をどうぞ。

ヤマトシジミ雄
f0105542_1412241.jpg


ヤマトシジミ雌
f0105542_1412429.jpg


モンシロチョウもまだまだ多い。一応飛翔写真ですが。

モンシロチョウ
f0105542_14134655.jpg


身近な蝶のオンパレード。でも自宅で悶々としているよりか遥かに楽しいです。最後はツマグロヒョウモンの求愛飛翔です。この雄、延々と5分間は雌を追いかけていました。この雌が妊婦さんであることを知らないようでした。

ツマグロ求愛1
f0105542_14161454.jpg


ツマグロ求愛2
f0105542_14163346.jpg


ツマグロ求愛3
f0105542_14165743.jpg


マルバルコウ
f0105542_14172075.jpg


本日の目撃種は、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハ、ヤマトシジミ、モンシロチョウ、キチョウ、ウラギンシジミ、ムラサキシジミ、ムラサキツバメ、ツマグロヒョウモンであった。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-11-05 14:22