ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

台風の影響もあり、風雨とも凄かったです。実は、本日、Kの下見に行ってまいりました。予定通り自宅から半時間でポイントに到着しましたが、唖然。気持ち的には、本ちゃんの出撃を止めようかと思いました。理由は、①細長いポイントでした。良く言えば、手付かずの雑木林が残っていましたが、道がありません。ピンポイントを絞るにはかなり苦労しそうです。②これが出撃を止めようと思った最大の理由です。周りは閑静な、というよりか高級住宅地のど真ん中です。早朝に叩き出しを試みたら、その音で間違いなく、警察に通報されそうです。あとあと厄介ですものね。以上2点で気持ちは、出撃しない方向に傾いています。万が一Kがいるとしても、そっとしておきたいと思いました。
「ローマは一日にしてならず」「ロマンは一日にして消滅する」

ほんの少し雨が止んだ時に撮影した写真です。コンデシの10倍で撮りましたが、何とか写っておりました。

モンシロチョウ
f0105542_2225527.jpg


ケリ
f0105542_2226631.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-05-29 22:28
昨年よりも超早く入梅し、今日も明日もずっと雨だそうです。次週は遠征の予定ですが、天気だけは予測できません。
さて、本題。以前飲み会で面白い情報を入手しました。自宅から、電車と徒歩でたった30分の所にKがいるということです。この蝶は午前4時半頃に卍飛翔をする以外飛びません。流石に現地に4時半に到着するには、無理がありますので、旬である6月半ば、始発電車、長竿持参で様子を見に行ってきます。こういう話って男のロマンですよね。

K
f0105542_148433.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-05-28 14:11
本日は、昼前にミュウ号の予防注射があるので、午前10時半までしか遊べない。ということで、少し気合を入れて、MF三筋ポイントに午前7時45分の到着。午前10時15分までピンポイントで2時間半も粘っておりました。一応雄、雌共観察出来ましたが、雄はいつもより飛翔が早く、結局一度も静止しませんでした。すべて飛翔写真ですが、数百枚撮影した中で、辛うじて写っている写真を数枚ばかり。気持ちよく滑空する姿はいつも惚れ惚れいたします。

ミスジチョウ雄飛翔1
f0105542_15301434.jpg


ミスジチョウ雄飛翔2
f0105542_15304588.jpg


ミスジチョウ雄飛翔3
f0105542_15311294.jpg


ミスジチョウ雄飛翔4
f0105542_1531364.jpg


ミスジチョウ雄飛翔5
f0105542_1532248.jpg


ミスジチョウ雄飛翔6
f0105542_15322878.jpg


すべて、トリミングしております。焦点距離は150㎜前後です。

次に雌個体。低地本種の大きさは、オオミスジの雄位あります。堂々としていて、すぐに葉上に静止しましたので、すべてマクロ、ノートリでの撮影です。

ミスジチョウ雌1
f0105542_1535319.jpg


ミスジチョウ雌2
f0105542_15361782.jpg


ミスジチョウ雌3
f0105542_15364350.jpg


ミスジチョウ雌4
f0105542_1537652.jpg


ずっと同じポイントにいましたので、目撃種は少なく、クロアゲハ、ナガサキアゲハ、ゴマダラチョウ、ミスジチョウ、コミスジ、アサマイチモンジ、イチモンジセセリ、ダイミョウセセリ、ルリシジミ、テングチョウを見る。少し期待していた、新成蝶のイシガケチョウ、初ゼフのはずだったアカシジミは未発生であった。

ゴマダラチョウ
f0105542_15411032.jpg


アサマイチモンジ
f0105542_15413042.jpg


カワトンボの仲間
f0105542_15422361.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-05-21 15:51
昨日の疲れで、起床は午前11時。一応狙いは決めていた。MFのアオバセセリ。正午12時出発。先ずは梅林のお花畑で黒系アゲハを待つ。最初に目に飛び込んだのが、ナガサキアゲハ雌。沖縄産とは比べ物にならないが、後翅にほんの少し白紋があり、魅力的。

ナガサキアゲハ雌1
f0105542_233969.jpg


ナガサキアゲハ雌2
f0105542_2333010.jpg


ナガサキアゲハ雌3
f0105542_2335125.jpg


これだけでも、そこそこ満足したのであるが、彼女を狙って、オナガアゲハ雄が執拗に急接近。時間にして3分間は追いかけたであろうか。比較的緩やかな飛翔であったが、くもり空で、SSも上がらず、撮影はかなり苦労する。オナガアゲハの誤求愛は初めて見た。

ナガサキとオナガ1
f0105542_2382328.jpg


ナガサキとオナガ2
f0105542_2384578.jpg


ここまでは、時々見ることが出来るシーンだと思うが、更に、もう1頭のオナガ雄が参加をし、3頭が延々ともつれ合っていました。こちらも更に撮影に難儀しましたが、2枚ほどヒット。

ナガサキとオナガ2頭その1
f0105542_23112037.jpg


ナガサキとオナガ2頭その2
f0105542_23114969.jpg


しかし、このナガサキ雌はもてもてです。オナガ雄がマジで、交尾を迫っていたのか、軽い遊びなのか、定かではありませんでした。

かなり時間を費やしてしまい、大急ぎで、アオバポイントに移動。てっきりトベラの花満開だと思っていたのにまだ蕾状態です。ショック。

トベラ
f0105542_2315349.jpg
 

この花にやって来たのは、クロヒカゲ1頭のみ。開花もしていないのに、何かを吸っている感じ。

クロヒカゲ
f0105542_23165634.jpg


アオバセセリは間違いなく発生しているはずだ。吸蜜にやってきそうな花を求めて徘徊。午後2時半頃1頭のナガサキアゲハ雄が吸蜜している花発見。

ナガサキアゲハ雄
f0105542_23221547.jpg


すぐに、アオバセセリがやってきた。生憎、柵がしてあり、かなり遠方でしか撮影出来ない。それでも証拠写真レベルであるがかなりの枚数を撮影完了。

アオバセセリ1
f0105542_23243683.jpg


アオバセセリ2
f0105542_23245428.jpg


アオバセセリ3
f0105542_2325137.jpg


アオバセセリ4
f0105542_23255636.jpg


シャガとイナゴ
f0105542_23402067.jpg


一応狙いの蝶が撮影出来、気持ちよく帰路に着く。本日の目撃種は、アゲハチョウ、キアゲハ、アオスジアゲハ、クロアゲハ、オナガアゲハ、ナガサキアゲハ、モンシロチョウ、キチョウ、ゴマダラチョウ、ツマグロヒョウモン、アオバセセリ、ダイミョウセセリ、クロヒカゲ、サトキマダラヒカゲであった。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-05-17 23:42
スギ丸氏は所用があるため、一人欠けたが、お馴染み仲良しグループma23氏、dodoboy氏の3人で5/13夜大阪市内を出発し、5/14早朝にKポイントに到着。少し仮眠してから、午前8時頃撮影仲間のH氏ご一行と合流し、K撮影開始。ポイントは3つあるが、私は昨年も複数目撃した第2ポイント、他の方々は第1ポイントをメインポイントに定める。
結果からまず言うと、私のポイント選択ミスにより、午後2時半まで粘るも、オレンジチップは1頭も見ず。楽しみにしておられる方がいらっしゃったらお詫びいたします。ただし、他の方々は見事にKを撮影されたようです。フルコースディナーのメインディッシュを食べずに、2番目から食べたというのが、表現としてはピッタリだと思います。遠征のヌルはかなり堪えました。ガックリ。なお、ma23氏:蝶にあそぶ、dodoboy氏:週末がさがさ団は見事ゲットされたようですので、更新日は存じませんが、Kをご覧になりたい方は、訪問してくださいまし。私の拙HPのお薦めリンク集から飛ぶことが出来ます。
本日の教訓:集団行動は調和を重んじ、喜怒哀楽を共にすべし。単独行動は調和を乱し、慎むべし。

でも、私、転んでもただでは起きません。この日撮影した写真を紹介いたします。先ずはタテハ類です。信州の夏、高原で撮影出来るタテハをほぼ本日撮影出来ました。流石にサカハチを除く全種が越冬種でピカピカの個体はありませんが、結構感動いたしました。昨年はシーを見ただけでしたから。

キべりタテハ1
f0105542_18123557.jpg


キべりタテハ2
f0105542_1813559.jpg


シータテハ
f0105542_18391370.jpg


エルタテハ
f0105542_1814526.jpg


クジャクチョウ
f0105542_18143590.jpg


アカタテハ
f0105542_18145237.jpg


サカハチチョウ
f0105542_18152192.jpg


次はお馴染みのシジミチョウ。昨年もそうでしたが、無茶苦茶おりました。

スギタニルリシジミ
f0105542_18164180.jpg


コツバメ
f0105542_18165760.jpg


最後に、副産物としては少し大物のヒメギフチョウです。ようやく、私に笑顔を与えてくれました。スミレの花に約3分間、色々なポーズを見せてくれました。少しすれていましたが、大きな欠けもなく、満足。彼女(彼かな?)はこう言っていました。「オレンジばかりに目をギラギラさせているようですが、私も忘れないでね。美しさでは私のほうが上なんだから。」

ヒメギフチョウ1
f0105542_18223695.jpg


ヒメギフチョウ2
f0105542_1823858.jpg


蝶以外の生き物も撮影しましたのでどうぞ。

ノジコ雌
f0105542_18241286.jpg


ノジコ雄
f0105542_18243433.jpg


ハタザオの仲間
f0105542_1828463.jpg


ミズバショウ(ポイント外)
f0105542_18284184.jpg


ツチハンミョウの仲間
f0105542_18291746.jpg


遠征のKヌルはかなりダメージが大きかったですが、今年、時期、場所を変えて、4人組で出撃計画を水面下で考えております。きっとリベンジするぞ!!!!。本日の目撃種は上記以外に、ルリシジミ、スジボソヤマキチョウ、ルリタテハであった。ma23さん、チラッとモニター覗かせていただきましたが、見事にKを撮影された模様。良かったですね。dodoboyさん、裏面綺麗に撮影されましたね。おめでとうございます。長時間の運転、お疲れ様でした。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-05-15 18:42
午後1時半出発。狙いは久しぶりにMFのスミナガシ。残念ながらここははテリ張りポイント。綺麗にアップで撮影するというよりか、まだ、この時期、テリ張りにやって来るか確認の意味合いが大きい。午後2時半から午後4時まで、首が痛くなるまでずっと上ばかり見上げていました。環境はこんな所です。

ポイント風景
f0105542_18262684.jpg


益々樹が高くなり、いつもテリを張る葉も随分少なくなっており、少し厳しいなというのが第一印象。それでも、午後3時に一頭目が出現。4~5回円軌道を描いて、スッと葉上に止まるはずが、高い幹上にテリを張った。全然違う行動である。地面から8メートルほどの高さ。何とか表面を撮影完了。思い切りトリミングしています。

スミナガシ幹上テリ張り
f0105542_18324727.jpg


このポイントは他に、ミヤマカラスアゲハもよくテリを張りに来ます。距離にして10メートル超。はっきりいって証拠写真以下のシャドウ写真ながら、大トリミングで2枚ばかり。

ミヤマカラスアゲハ1
f0105542_183548.jpg


ミヤマカラスアゲハ2
f0105542_1835281.jpg


帰りの道中。今年初見のクロヒカゲがやはりテリ張り中。地味ながら目玉模様が渋かったです。本日の目撃種は、ナガサキアゲハ、クロアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、カラスアゲハ、アゲハチョウ、キアゲハ、モンシロチョウ、キチョウ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、コミスジ、スミナガシ、アカタテハ、ツマグロヒョウモン、クロヒカゲ、ヒメウラナミジャノメであった。

クロヒカゲ
f0105542_18404088.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-05-07 18:43
久しぶりに撮影仲間のF氏と河川敷の蝶を狙う。最初の狙いはシルビアシジミ。高速本道手前で渋滞30kmを知り、急遽、兵庫県の東部に変更。ここはお馴染みのポイントであるが、何せ数が少ない。特に春型は。約2時間徘徊して、辛うじて2頭観察。2頭目が結構フレンドリーで静止、吸蜜、全開と色々なポーズを披露してくれた。ホッ。

雲雀囀り
f0105542_183620100.jpg


シルビアシジミ葉上静止閉翅
f0105542_1837746.jpg


シルビアシジミ吸蜜閉翅
f0105542_1837417.jpg


シルビアシジミ吸蜜半開
f0105542_18381663.jpg


シルビアシジミ全開
f0105542_18384320.jpg


次に京都府に移動。狙いは銀一。一頭目はすぐに現れた。羽化直の個体のようで、暑い中(既に気温24℃)飛んではすぐに静止する。しかし翅は全然開かない。

ギンイチモンジセセリ閉翅1
f0105542_18413776.jpg


ギンイチモンジセセリ閉翅2
f0105542_18423491.jpg


ギンイチモンジセセリ広角
f0105542_1843182.jpg


2頭目以降が難儀する。一向に止まらないのだ。地味な表面を一枚でも撮影したかったのに。仕方なく飛翔写真に切り替える。比較的飛翔速度は遅いが、小さいので、なかなかピントが合わない。正直証拠写真レベルですが、どうぞ。

ギンイチモンジセセリ飛翔1
f0105542_18465035.jpg


同上2
f0105542_18471653.jpg


同上3
f0105542_18473912.jpg


同上4
f0105542_1847574.jpg


次に同じ京都府のホソオチョウポイントに移動。天気が良く、気温が高すぎて、本種も全然静止しません。執拗に飛翔写真にチャレンジ。

ホソオチョウ飛翔1
f0105542_18501547.jpg


同上2
f0105542_18503241.jpg


同上3
f0105542_18504822.jpg


同上4
f0105542_1851572.jpg


急に空が暗くなり、風が出始めた。急に静止する。どうぞ。

ホソオチョウ静止マクロ
f0105542_18522025.jpg


ホソオチョウ静止広角
f0105542_1852448.jpg


一応狙いとする蝶は撮影出来たので、ほぼ満足。本日の目撃種は、アゲハチョウ、アオスジアゲハ、キアゲハ、ホソオチョウ、モンシロチョウ、キチョウ、モンキチョウ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ツバメシジミ、ルリシジミ、シルビアシジミ、キタテハ、ツマグロヒョウモン、ヒメウラナミジャノメ、ギンイチモンジセセリであった。Fさん、運転お疲れ様でした。また、遊びましょうね。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-05-04 19:04
GWは続いていますが、色々と所用があり、本日は久しぶりにオールフリーの一日。昨晩までは、兵庫のシルビア、京都のギンイチ、ホソオ、北摂のミヤカラ、裏をかいて、大阪市内の夏鳥他色々と妄想していましたが、午前零時前に、アニメ「あしたのジョー」を見たのが、運のつき。延々と午前3時まで見てしまいました。到底早朝には起床できませんでした。午前9時起床。庭を見ると、お馴染みミュウ号のトイレ場にアゲハチョウが集団吸〇中。〇には水とは書けません。色々と多分ミネラル分を含んだ〇だと思います。2頭ならさほど感動はなかったと思いますが、3頭だとやはり感動いたします。飛ぶようにコンデジを持ってきて撮影開始。

アゲハチョウ1
f0105542_1522292.jpg


アゲハチョウ2
f0105542_1522196.jpg


もう既に午前10時だし。やはりMFしかありません。梅林から登山コースを選択し、約2時間半歩きました。初見が、アオスジアゲハ、コミスジ、クロコノマチョウと見事普通種ばかりです。黒いアゲハを期待して、満開のツツジを中心に探しましたが、少し早いようです。ミヤカラ、カラスは見事ヌルでした。何枚か撮影しましたのでどうぞ。本日の目撃種は、アゲハチョウ、アオスジアゲハ、モンシロチョウ、キチョウ、モンキチョウ、コミスジ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ツバメシジミ、クロコノマチョウ、サトキマダラヒカゲであった。

コミスジ
f0105542_15292538.jpg


クロコノマチョウ
f0105542_15295022.jpg


アオスジアゲハ
f0105542_1530698.jpg


ツバメシジミ雌1
f0105542_15302738.jpg


ツバメシジミ雌2
f0105542_15304529.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-05-02 15:33