ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

天気は良いものの、風が非常に強く、気温も低い。先週の奈良ギフのような感じだ。GW突入であるが、のんびりといこうと思っている。午前10時半MFに向け出発。梅林ではタンポポが咲き乱れ、アゲハ、キアゲハ、モンシロが凄い数。普通種ばかりであるが、たくさんの蝶を見ていると心が癒される。アゲハとキアゲハの写真をどうぞ。

アゲハチョウ1
f0105542_15243030.jpg


アゲハチョウ2
f0105542_15252424.jpg


キアゲハ1
f0105542_1526151.jpg


キアゲハ2
f0105542_15263316.jpg


キアゲハ3
f0105542_1527542.jpg


農園ポイントに移動すると、早速ツバメシジミ雌に遭遇。北に行くほど青みが強いそうであるが、関西ではまあこんなものか。でも、雄よりもはるかに素敵である。

ツバメシジミ
f0105542_15295365.jpg


次に発見したのがコチャバネセセリ。風が強く、葉上にしがみついていた。

コチャバネセセリ1
f0105542_15312020.jpg


コチャバネセセリ2
f0105542_1531532.jpg


更に1時間ほど歩くもたいした成果なし。一応狙いはツマキチョウだったのにガックリ。
梅林に戻り、シロチョウの乱舞を見ていると、1頭だけせわしなく、バタバタと飛ぶ子を発見。「ツマキ」だ。結構長く追いかけました。残念ながら雌個体でしたが、サービス満点であちらこちらの花で吸蜜してくれました。ホッ。

ツマキチョウ1
f0105542_15354762.jpg


ツマキチョウ2
f0105542_15361077.jpg


それではタイトルの機能で撮影した写真です。コンデジではほとんどこの機能がついていると思いますが、要するに、シャッターを押した瞬間、さかのぼって何枚かを撮影してくれる機能です。狙いはサトキマダラヒカゲ。この子は自然状態では絶対に開翅しません。さて、うまくいくでしょうか。
葉上や樹に静止した本種に何度もチャレンジしましたが、如何せん逃げないのです。これではこの機能は全く役に立ちません。名案を思いつきました。おじさんの臭い額の汗をたっぷりと手につけて、暫し待つと、案の定やってきました。俗に言う手乗りです。M連写プラススタート。見事に決まりました。どうぞ。

サトキマダラヒカゲ1
f0105542_15444255.jpg


サトキマダラヒカゲ2
f0105542_1545266.jpg


本日の目撃種は、アゲハチョウ、キアゲハ、ジャコウアゲハ、ナガサキアゲハ、モンシロチョウ、キチョウ、ツマキチョウ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ツバメシジミ、サトキマダラヒカゲ、ヒメウラナミジャノメ、コチャバネセセリであった。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-04-29 15:53
昨日、今日どちらか天気の良い日に奈良ギフに出撃予定だったのだが、先日名古屋在住のHP仲間T氏からメールがあり、本日所用で夕方京都に行かなければならないので、それまでの時間を潰す手段として奈良ギフを考えているとのこと。「それではポイントを案内しましょう」とご一緒することになった。
現地ポイントには9時半過ぎの到着である。「寒い」「風が強い」が二人の共通認識。かなり厳しそうである。時折晴れ間が出るものの、ポケットに手を突っ込まざるを得ない。待ちました。待ちました。既に正午12時40分。私一人ならとっくに諦めて帰り支度をする時刻である。
「松岡さーん」の声。飛ぶように近づくと、笹の葉に可愛い子が静止していた。これが最初で最後だと思い、結構な枚数撮影完了。今年初めて野外で見るギフチョウである。

ギフチョウ笹の葉上静止
f0105542_20899.jpg


とりあえずnullは免れた。でもそれ以降全然飛びません。既に午後1時40分。針葉樹の天辺からヒラヒラと舞い降りる本種発見。葉上に静止した。「Tさーん」と今度は私が叫ぶ。
寒いのか、平凡な地面静止個体をお互い撮影していたところ、急にカタクリに向かう。時間にして、1分程度だったと思うが、何とかカタクリギフ吸蜜写真が撮れた。案内役としてこれほど嬉しい事はない。

ギフチョウ地面静止
f0105542_20141613.jpg


ギフチョウカタクリ吸蜜寸前
f0105542_20145857.jpg


ギフチョウカタクリ吸蜜中
f0105542_20152838.jpg


Tさんの夜の所用もあるため、午後2時10分にポイントを後にする。麓でお別れをし、私は更に約1時間、ツマキチョウ、サカハチチョウ、コツバメ狙いで徘徊するも、すべてnull。超身近な蝶を何枚か撮影しましたのでどうぞ。ここで紹介しないとずっとお蔵入りになりますから。

スジグロシロチョウ
f0105542_20192554.jpg


ルリシジミ雄
f0105542_20194773.jpg


ルリシジミ雌
f0105542_202083.jpg


テングチョウ
f0105542_20203096.jpg


ヤマトシジミ雄
f0105542_20204914.jpg


本日の目撃種は掲載種以外にモンシロチョウであった。風と気温になかされた1日でしたが、無事今年のギフも撮影完了。Tさんお疲れ様でした。アップする頃には、京都で盛り上がっておられるのが目に浮かびますよ。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-04-24 20:26
ずっと雨が降っています。勿論フィールドには出られません。楽しみにしていた、甲子園の阪神×横浜戦も中止です。ブログもネタがないと寂しいですね。先週撮影した写真です。
一枚目は、自宅のカンアオイの写真です。左は購入したヒメカンアオイ?、右は奈良ギフポイントから持ち帰ったミヤコアオイです。共に約10年の月日が経っています。最初は庭に植えていましたが、雑草が多く、砂利を入れたため、仕方なく、小型のプランターに入れて観賞用としています。この時期、一斉に若葉が出て、大型のプランターに移し変えなければと考えています。元来は、ここに、ギフ卵、幼虫を入れて飼育用にと考えていましたが、ご存知のように、9年前から採集(採卵、採幼を含む)を一切止めましたので、自宅でギフ乱舞は見れそうにありません。
二枚目は、ブログに時々登場する雌愛犬ミュウ号です。確かアップは初公開のような気が。齢14歳。人間だと70歳超の老婆ですが、頗る元気です。
明日は、何とか天気も良いようなので、奈良ギフに出撃予定です。明日が駄目なら、次週も出撃したいと考えています。

f0105542_14335483.jpg


f0105542_1434533.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-04-23 14:37
昨日は、天気も良くないので、ミュウ号の予防注射他、数々の所用をクリアし、クタクタとなる。本日は奈良ギフの予定だったので、奈良ギフポイントにある施設に電話して、カタクリの開花状況を確認した。「まだ蕾です。開花は1週間先です」ショック。ギフは地域限定の普通種。カタクリ乃至サクラ吸蜜個体を撮影したかったのに。地面ギフでは写欲は満たされません。
急遽、撮影場所変更。相も変わらずMFに決定。
少し気合を入れて午前9時半現地着。先週あれほど見事な咲きっぷりだったサクラも落花さかん。見る影もありません。出来れば、先週撮影出来なかった新手を撮影したい。
最初に出会ったのはサトキマダラヒカゲ。皆さんスルーする蝶です。でも、4/17の個体は少し魅力的です。

サトキマダラヒカゲマクロ
f0105542_15593252.jpg


サトキマダラヒカゲ広角
f0105542_160624.jpg


次に出会ったのがトラフシジミ。昨年同時期、私ながら見事なアップ写真を撮影した蝶です。今回は昨年のポイントから約20メートル下った道路上。初めは青黒っぽい蝶がチラチラと飛んでおり、種の同定が出来なかったが、静止した姿を見てアドレナリンマックス。先ずは3mほどの位置から数枚撮影。流石に匍匐前進はしなかったが、ジワジワと距離をつめ、シャッターを押そうとした瞬間に飛び立つ。道路上を結構なスピードで飛翔するので、久しぶりに約3分間、追いかけました。結局見失ってしまいました。身近な蝶とは言え、凄く素敵な蝶でした。証拠写真をどうぞ。

トラフシジミ道路上静止
f0105542_1684875.jpg


次にであったのがモンキチョウ。この蝶は超普通種ですが、MFでは年に数回しか出会えないレア種です。白っぽかったので雌個体だと思いますが、何枚か撮影完了。非常に嬉しかったです。

モンキチョウ半開
f0105542_16113342.jpg


モンキチョウ産卵
f0105542_16115670.jpg


モニターで確認すると確かに卵が写っています。卵を写さなくては。撮影済みの写真で位置を確認。食草の名前は知りませんが、1㎜程度の卵を発見。安価なコンデシで撮影開始。安いなりに、なかなかピントがあいません。苦労して何とか撮影完了。

モンキチョウ卵
f0105542_161625.jpg


本日は、昨日の疲れもあり、軽く、梅林、農園ポイントでの撮影。所用時間は3時間。最寄り駅の「餃子の王将」で昼食。初めて食べるチャンポンを注文しました。昨年、ワンツ狙いで大遠征した長崎で食べたチャンポンと遜色のない味。感動しました。勘定を済ます時に、「チャンポンも美味かったよ」と一言。店主の笑顔が忘れられません。

チャンポン
f0105542_16215138.jpg


なお、本日の目撃種は、ナミアゲハ、モンシロチョウ、モンキチョウ、キチョウ、ヤマトシジミ、ツバメシジミ、トラフシジミ、ウラギンシジミ、ルリタテハ、ヒメアカタテハ、テングチョウ、サトキマダラヒカゲであった。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-04-17 16:32
滅多にない快晴です。無風しかも最高気温も20℃オーバーとのこと。昨晩かなり迷いました。奈良ギフにするか、MFにするか。でも、今年のギフは昨年に比べて約10日遅れているとのこと。今日が4月10日だから、単純に引き算すると、昨年の4月1日に相当します。凄く微妙。仮に出始めでも、多分カタクリは咲いていないだろうし、平凡な地面ギフを撮影しても嬉しくない。約5千円の交通費を使って行く価値はあるのだろうか?「フライングその2」のタイトルで喜んでいただけるかもしれないが、思い切ってパス。ということで、本日は標題どおりMFに決定。
午前10時ジャストに到着。本日のコースは、梅林→農園→山道登り→山道下り→梅林の約3時間半の行程である。うまくいけば一通りの蝶が撮影出来るはずであるが・・・・。
最初に発見したのが、ツバメシジミ。今年になって、新成蝶はモンシロチョウしか見ていないので、結構嬉しい。青雌ではなくて、♂個体だったが、数十枚撮影完了。

ツバメシジミ半開
f0105542_189381.jpg


実は帰宅後、ミュウ号の散歩に行き、偶然本種発見。コンデジで全開写真の撮影成功。こちらの方がはるかに解像度良好。一眼>コンデジは、ケースバイケースであることを認識する。

ツバメシジミ全開
f0105542_18121733.jpg


次に出会ったのがルリシジミ。ここは本来コツバメのポイント。↓の花によく吸蜜にやってくるのだが、1頭も見ず。ルリも開翅すると結構綺麗だが、平凡な裏面しか撮影出来なかった。

コツバメがやって来る花(種名不明)
f0105542_18185489.jpg


ルリシジミ閉翅
f0105542_18192893.jpg


次にミヤマセセリポイントに移動。暫くすると高速で、素敵な奴がやって来た。気温が高く、頻繁にハイカーが通過するので、全然近づけない。広角狙いであったが見事失敗。

ミヤマセセリ全開
f0105542_18221668.jpg


まだまだ満足できないので、スジグロポイントに移動。桜が満開で花見客の数が半端ではない。モンシロチョウさえいない始末。しかし、少し粘っていると、ヒメウラナミジャノメ、ヤマトシジミに出会う。前者はピョンピョンと跳ねるように飛翔する姿が可愛かったが、一向に止まらず撮影失敗。

サクラ風景
f0105542_18265594.jpg


ヤマトシジミ1
f0105542_18271895.jpg


ヤマトシジミ2
f0105542_18274265.jpg


ベニシジミ1
f0105542_18275944.jpg


ベニシジミ2
f0105542_18281317.jpg


まだ時間はあるし、アゲハポイントに移動。案の定ナミアゲハ数頭がテリを張っていた。

ナミアゲハ全開
f0105542_18293560.jpg


ヒオドシチョウ
f0105542_1830039.jpg


梅林に戻った時点で午後1時半。同じコースをもう1周したら、観察出来なかったコツバメ、トラフシジミ、キアゲハ他の可能性もあるが、流石に体力が続きませんでした。
本日の目撃種は、越冬種が、テングチョウ、ムラサキシジミ、アカタテハ、キタテハ、ルリタテハ、ヒオドシチョウ、キチョウ。新成蝶が、ナミアゲハ、モンシロチョウ、ルリシジミ、ベニシジミ、ツバメシジミ、ヤマトシジミ、ミヤマセセリ、ヒメウラナミジャノメ。計15種類。五目撮りとしてはまずまずの成果であったと思う。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-04-10 18:42
3年連続となる岐阜ギフ。今年は、ペケ氏に運転していただき、呑むさん氏、メリアン氏親子の総勢5名で大阪を午前6時に出発。通常なら午前9時に現地に到着の予定であったが、ポイント間近で道に迷い、辛うじて午前10時半に無事到着。昨年より約10日発生が遅れているとのこと。既に到着されている撮影家に聞いたところ、付近で1頭観察とのこと。大いに期待が持てそうである。
しかし、待てども待てども、本種は現われず。

吸蜜予定だったはずのカタクリ
f0105542_19224674.jpg


産卵予定だったはずのヒメカンアオイ
f0105542_19235018.jpg


採集禁止の立て看板
f0105542_1925319.jpg


やはり、見事にフライング。午後1時に観光目的で名和昆虫館に移動。

f0105542_1926387.jpg


館内では、見事に桜が満開で、ギフチョウが吸蜜中。屋外でこんな写真が撮れたらさぞかし感動したであろう。

f0105542_19281844.jpg


本日のメインイベントである、夜会会場に向かう。ここは、プログ仲間のH氏が経営をされているステーキ&ワインハウスである。関東から、ルドルフ氏他1名も合流し、8名で、午後5時半大宴会のスタート。次から次から豪勢な料理が出てきて大感激。

f0105542_19332547.jpg


f0105542_19333877.jpg


f0105542_19334911.jpg


一番印象に残ったのがワイン当てクイズ。3本のワインを呑んで、高い順に正解を出すという趣向。1本は、超高級ワインのシャトーマルゴー、残り2本はテーブルワインである。私やはり見事にはずしました。やはり馬鹿舌です。残念。

f0105542_19382598.jpg


何度もトイレに行きましたが、こんな写真が飾られています。-お洒落-

f0105542_19393641.jpg


私を除く全員で集合写真。皆さん、笑顔が弾けています。

f0105542_19402865.jpg


翌日の午前中所用があるため、私だけ、午後8時半に後ろ髪を引かれつつ帰路に着く。多分皆さん、早朝まで楽しまれたことと思いますが、本日の成果は如何だったでしょうか。今回沢山の方にお世話になりました。御礼申し上げます。

f0105542_19423565.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2011-04-03 19:47