ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

午前11時出発でマイフィールドへ。天気は良好、気温は最高12℃の予想。最初から蝶用に300㎜を装着して、気合いは充分である。人出の多い梅林は避けて、風の当たらない、比較的暖かく感じるポイント中心に粘りに粘ってみた。いきなり大ショック。ウラナミジャノメポイントの下草(=食草?)が無残にも綺麗に刈られていた。

f0105542_2111232.jpg


6月と9月の適期、自宅から最も近いポイントだけに残念である。全体の1割だけだが僅かに刈られずに残っていた。さあ、6月になったら1割にかけてみよう。多分駄目な予感が。(涙)

f0105542_21181492.jpg


越冬蝶のキチョウ、テングチョウ、アカタテハ、キタテハ等、1頭でも出現するに違いないとかなり期待していたのだが、やはり気温の壁だろうか。あと3℃高ければ。
梅林に戻り、約1時間半、せめてウメテングだけでもと、飽きっぽい私にしては執拗に更に粘った。花見客の構成は、花を愛でる者80%、兎に角、花を肴に一杯呑みたい者18%、花にやって来る鳥を撮影したい者1.9%、花にやって来る蝶をひたすら待つ者0.1%(私)といったところか。最後の期待も空しく、蝶は1頭も観察、撮影出来ませんでした。やはり2月の蝶は結構ハードル高いです。300㎜、しかもマクロで鳥を撮影しましたので、どうぞ。鳥に近づく術だけは習得できたような気が。(大涙)

f0105542_21375648.jpg


f0105542_21381160.jpg


f0105542_21382839.jpg


f0105542_2220027.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2010-02-21 21:46
来週の月曜日から最高気温15℃以上、天気良好で、蝶が出現する条件にマッチする日が続くそうだが、今日、明日は気温がネックである。本日の最高気温は10℃以下。明日はジャスト10℃だそうだ。一応、蝶用に300㎜レンズもバッグに入れて遅ればせながら午前11時半出発でマイフィールドに向かう。梅は3分咲きといったところか。そこそこ花見客もいる。何かいないか、一枝ごとに真剣にチェックするも、蝶はおろか、虻他の昆虫も何にもいない。鳥撮もやっているので、切り替えは早い。ルリビタキとトラツグミの2種に絞って色々な角度から撮影を試みた。蝶の場合は、横から閉翅と半開、上から全開を狙うのが通常であるが、鳥の場合、立体感があるので、前、後、横と3つの角度から狙える。前、後、横の3枚×2種計6枚を掲載いたします。早く蝶が見たい・・・・。

トラツグミ前
f0105542_1736521.jpg


トラツグミ後
f0105542_17371736.jpg


トラツグミ横
f0105542_17373653.jpg


ルリビタキ前(前と横の中間)
f0105542_17385643.jpg


ルリビタキ後
f0105542_17393785.jpg


ルリビタキ横
f0105542_1740834.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2010-02-20 17:44
先日、家内の誕生日にシェフ・ナカギリのイチゴロールケーキをプレゼントしたのだが、女性は些細なこともよく覚えている。2月14日のバレンタインデー、友人と三重県に日帰りツアーに行ったそうだが、お返しとして私へのバレンタインデープレゼントは、チョコレートではなくて、焼酎であった。辛党の私としてはこちらの方が数十倍も嬉しい。2月14日~15日は、まだ残っている1.8リットル890円の甲乙混合焼酎を飲み干し、本日開封して、魂を既に解き放っている。三重県産、㈱宮崎本店製造の、「久寿」という銘柄の麦焼酎だ。

f0105542_23201586.jpg


ラベルの文言には、鈴鹿山脈の伏流水を使用しているとのこと。720mlで2000円近くする焼酎は呑むのも久しぶりである。何年ものかはわからないが、モルトウイスキーを彷彿とさせるまろやかな味だ。多分明日には空っぽになっているだろう。鈴鹿といえばあの蝶。昨年土石流で大打撃を受けたポイントは今年少しは復活しているだろうか?

f0105542_23295967.jpg


f0105542_23301558.jpg


普段は滅多にアップしない内容だが、酔いも加勢して、某氏のブログスタイルをパクッてみました。(笑)
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2010-02-16 23:38
昨晩もネットで情報収集。何種類か候補にあがったが、日本最小の鳥キクイタダキに決定。全長は約10cmで、小さすぎてカマキリに捕食されることもあるそうだ。午前8時出発で大阪の大公園に向かう。メジロ、エナガ、シジュウカラ等小鳥の大集団の中に一羽だけいるそうである。一人では到底発見出来ないと思うが、約10人、20の目で探索した結果、無事発見。小さいし、暗い所が好きだし、落ち着きのない子だし、ゴミ箱行きの写真を大量生産するが、まあ辛うじて掲載可能な写真を6枚アップいたします。なお写真はすべてトリミングしております。

キクイタダキ1
f0105542_16555.jpg


キクイタダキ2
f0105542_1653521.jpg


キクイタダキ3
f0105542_1655861.jpg


キクイタダキ4
f0105542_1662770.jpg


キクイタダキ5
f0105542_1665465.jpg


キクイタダキ6
f0105542_1672412.jpg


次に長期間滞在中の可愛い子に会いにポイントを移動する。撮影者も疎で思う存分撮影することが出来た。某ポイントのようにバックが紅梅だと少し絵になるのだが。

オジロビタキ1
f0105542_16142110.jpg


オジロビタキ2
f0105542_1614401.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2010-02-13 16:18
昨日、一昨日と大阪、奈良の最高気温は18℃まで上昇したが、打って変わって本日は寒い。しかも天気は最悪。昨晩ネットで情報収集していると、トラフズクが出現しているとのこと。少し気合いを入れて午前8時半に出発。現地に到着すると、既に数名のカメラマンがスタンバイしている。悪天候故思ったほど撮影者は多くない。トラフズクはすぐに発見出来たが、枝被り、葉被りの惨い位置に静止している。上下左右前後色々と撮影出来そうな隙間を探すが皆無。しかもほとんど目をつぶっているので、撮影は難儀を極める。500枚程度撮影したが、目を開いていて、本種とわかる写真を2枚ばかり。おまけとしてその他の鳥を2種。ウメにやって来る越冬蝶を撮影出来るのは早くても来週の予感が。

トラフズク1
f0105542_1643475.jpg


トラフズク2
f0105542_1644711.jpg


モズ
f0105542_16442619.jpg


アリスイ
f0105542_16444914.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2010-02-11 16:52
昨晩は午前様。いつもなら瞬時に爆睡モードに入るのだが、無性にお腹が空き、即席のサッポロ一番みそラーメンに少量の野菜、スライスチーズ、溶き卵をトッピングして食べるが、非常に美味い。昨日人間ドックに行き、血液検査の一部結果発表にて、幾分コレステロール値が高い。特に卵は控えるようにと言われたばかりなのに、本当懲りない御仁である。
当然早朝には起床出来ず。午前9時半にムックと起き上がり、所用をひとつこなして、正午にマイフィールドに向かう。冬は寒いのが当たり前であるが、今年は特に寒い。それも土日が。現地に到着して、先ずは身近な鳥を撮影する。先ずはベタ静止アップ画像。

ジョウビタキ♀
f0105542_1892076.jpg


ルリビタキ♀
f0105542_1810989.jpg


図鑑的には面白いのだが、全然センスがない。今度は咲きはじめた梅の花を背景にいれてチャレンジする。

シジュウカラと梅
f0105542_18122894.jpg


ルリビタキと梅
f0105542_18132791.jpg


まだまだ納得がいかない。次はお得意?の飛翔に挑戦。2枚目の写真、ピンが合っていたら、梅と飛翔の両方が網羅されているので惜しい1枚である。

ルリビタキ飛翔1
f0105542_18171323.jpg


ルリビタキ飛翔2
f0105542_18174466.jpg


鳥フィールドとしては珍鳥もいないし、人気がない所であるが、良くお会いする方と色々情報収集できる。
「アカハラとアオバトがいますよ」と言うことで、早速おねだりしてご案内いただいた。両種ともマイフィールドでは初鳥である。見上げる形での撮影なので、出来栄え的にはいまいちであったが、本日も帰宅後、美味しいお酒を呑んで、余韻に浸っております。

アカハラ1
f0105542_1825595.jpg


アカハラ2
f0105542_18261596.jpg


アオバト1
f0105542_18263456.jpg


アオバト2
f0105542_18265129.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2010-02-06 18:28