ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

更新しようか、しまいか悩んでつい遅くなってしまった。まあネタが少ない時期なので内容的にはご容赦を。
撮影仲間のF氏と大阪府南部に、ムラツ♂♀開翅と集団越冬目的で出撃した。開翅の開始時刻である午前11時前に到着するも天気が悪い。薄曇、低温、強風の最低のコンディション。まずムラツがいない。午後1時撤収するまでにボロ1頭という散々な結果。シリブカガシをメインに徹底的に集団越冬個体を探すも見事空振。成果と言えば、かなり衰弱した個体であったがクロコノマの表面を撮影出来たことくらいか。本日の目撃種はキチョウ2頭、ウラギンシジミ1頭、ウラナミシジミ1頭、ベニシジミ2頭、ムラサキシジミ1頭、ムラサキツバメ1頭、クロコノマチョウ1頭であった。昨日は最高気温が20℃まであがり、しかも快晴。昨日と今日が入れ替わっていたらさぞかし成果があったことだろう。残念。蝶ネタもいよいよオーラスの予感が。

カシラダカ?
f0105542_0105994.jpg


ベニシジミ
f0105542_0112436.jpg


ムラサキツバメ
f0105542_0121660.jpg


クロコノマチョウ1
f0105542_0125448.jpg


クロコノマチョウ2
f0105542_0132027.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2009-11-29 00:18
午前9時出発でマイフィールドに行く。目的は終見調査といったところか。特に、非越冬種が何種類見れるのか興味がある。ここ一週間気温の低い日が続いたので、かなり厳しいと思っていたが、予想どおり。半時間歩いても一頭も見ず。確実に見れるであろうインゲン畑ウラナミポイントに到着。やはりいました。完品の個体はいなかったが、その数10頭以上。この子だけは12月になっても可能性大である。キャベツ畑中心にモンシロチョウを探すも、飛ぶのも少し苦しそうな本種を1頭見ただけ。12月では厳しそうである。気温が上がるにつれて、ヤマトシジミを各ポイントで見る。こちらも軽く10頭以上。いつものツマグロヒョウモンテリ張りポイントでボロボロの♂を見る。半分翅がないのに自己主張だけはしっかりとしていた。
結局、非越冬種は上記の4種類であった。越冬種は、ムラサキシジミ2頭、キチョウ1頭。いよいよ蝶のシーズンオフは間近だ。

ムラサキシジミ閉翅
f0105542_11253062.jpg


ムラサキシジミ開翅
f0105542_11255833.jpg


些か不完全燃焼なので、次に奈良市内をうろつく。木々の葉が赤、黄色に色づき、それ目当ての観光客も多い。

f0105542_11284078.jpg


背景としては最高なのだが、主役となる鳥が少ない。メジロ、シジュウカラは数羽いたが、結局お見せ出来る写真は一枚もなかった。駄目元で、環境悪化で著しく数が減少しているムラツポイントに移動。シリブカガシ?の周囲を飛ぶ♀個体を発見。地面にも一回だけ下りてきてくれて無事撮影完了。

ムラサキツバメ♀葉上全開
f0105542_11334547.jpg


ムラサキツバメ♀地面全開
f0105542_1134404.jpg


その他、ルリタテハ、ムラサキシジミを見る。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2009-11-22 11:38
本日はボジョレーヌーボーの解禁日である。拙ブログをご覧いただいている皆様も半数以上は知らないであろう。実は私もです。(笑)毎日愛飲しているサッポロドラフトワンが残り1缶となり、家内に頼んでいたのだが、酒屋の店員さんが、「本日はヌーボーの解禁日です。非常に安価で良質ですよ」という殺し文句につい財布の紐が緩んだようだ。帰宅後、本日のメニューはニシンの塩焼き。白ワインは魚、赤ワインは肉と変な拘りがある私。お腹一杯になってから、本種を呑む。肴はスライスチーズとスライスソーセージだ。ニュースによると、50年に一度の出来だそうだ。そういや、数年前も100年に一度の出来だったそうだが。
確かに旨い。嫌な酸味がなく、良く言えば瑞々しい。悪く言えばジューシー。2009年のワインは覚えておかなくてはならない。数年後には、シャトーマルゴーのような名品になるに違いない。

f0105542_20531997.jpg


f0105542_20533522.jpg


ブログに蝶の写真がないと寂しい。掲載するのは、11/19現在で非越冬種の最後の写真。これから見れるのは、非越冬種では、モンシロチョウ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミの3種だけであろう。

f0105542_20561499.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2009-11-19 20:59
遠征もほぼ終了し、あと1ヶ月もすれば蝶さえ見れなくなる。12月1日前後にムラツの開翅、集団越冬を計画しているが、それまでは全く予定なし。本日もなかなかエエ天気である。だぶついたお腹を少しでもスリムにするべく(無理か?)マイフィールドに向かう。はっきり言って歩きが目的で、撮影は二の次と言ったところか。到着しても、やはり蝶は激減。超普通種のヤマトシジミさえ数が少ない有様だ。とりあえず青♀狙いで徘徊し、無事ゲット。

ヤマトシジミ♀半開
f0105542_13471676.jpg


ヤマトシジミ♀全開
f0105542_1348682.jpg


いつもなら完全にスルーする♂でさえ、少し愛おしくなり、一応撮影。

ヤマトシジミ♂全開
f0105542_13493556.jpg


珍しくヒメアカタテハを見る。普通種ではあるが、狙って撮影出来る蝶ではないので、少し嬉しかった。

ヒメアカタテハ
f0105542_13512016.jpg


いつも必ず行くインゲン畑でウラナミシジミの撮影。やはり無茶苦茶多い。この蝶は12月半ばでも元気に飛翔しているのでありがたい。

ウラナミシジミ1
f0105542_13533529.jpg


ウラナミシジミ2
f0105542_1353598.jpg


蝶はこれにて終了。合間に鳥も撮影しているので、紹介いたします。500mmにチェンジするのがうっとうしくて、すべて300㎜での記録です。

最初に現われたのがジョウビタキ♀。♂に比べて地味ですが、非常に色っぽい目をしておりました。

ジョウビタキ♀
f0105542_13592140.jpg


さて、本日のタイトルであるエナガ。非常に身近な鳥ですが、仕草並びに顔が本当可愛らしく、100枚以上も撮影してしまいました。

エナガ1
f0105542_1411328.jpg


エナガ2
f0105542_1413283.jpg


エナガ3
f0105542_1414958.jpg


可愛いけれど、悪声のコゲラも登場。

コゲラ
f0105542_1424037.jpg


いつもトンボのホバリング等を撮影している、幅3メートル、長さ10メートルのドロ池に何とカワセミがいた。少し距離があったのでトリミングしております。500mmにチェンジしようとした時、飛び去られてしまった。

カワセミ
f0105542_1451677.jpg


鳥もこれにて終了。何かエエ被写体がないか物色していたら、お馴染みの野良猫が日向ぼっこをしていた。誰か餌をあげているのだろう。

東大阪市の野良猫
f0105542_1482295.jpg


そこらじゅう蜘蛛の巣だらけ。ジョロウグモだと思うが、大きくて目立つ♀に比べて、♂は小さくて貧弱だ。左上にいる♂は意外と気付きません。

ジョロウグモ♂♀
f0105542_14105270.jpg


3時間良く歩きました。やはり全然お腹はへっこんでおらず、帰宅後ビールと焼酎を呑むと、体重は出発前よりも増加。62.7㎏→63.2㎏困った困った。
本日の目撃種は、モンシロチョウ、キチョウ、ヤマトシジミ、ウラナミシジミ、ウラギンシジミ、ヒメアカタテハであった。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2009-11-07 14:27
裏面は嫌と言うほど撮影したが、表面は難儀を極める。静止した個体が開翅するのを辛抱強く待つ方法から、飛翔狙いに切り替える。面白い方法を思いついた。何秒か先に止まるであろう花を予想して、花にフォーカスをあわせ、近づいたら連写するのだ。4.5コマ/秒の私のカメラでは少し厳しかったが、何百枚も撮影した結果、何枚かヒットした。先ずは♀飛翔の2枚連続写真

f0105542_10261483.jpg


f0105542_10263798.jpg


やはり♀は地味で面白くない。次に♂狙い。こちらはなかなかエエ写真が撮れた。5本の指に入る美蝶だ。

f0105542_10294434.jpg


f0105542_1029592.jpg


f0105542_10301222.jpg


f0105542_10303189.jpg


午後になると、♂が♀に求愛し、♀が逃げ、♂が追いかけるシーンを何度か見る。恐ろしいスピードだ。何とか撮影してやろうと何度も何度もチャレンジしたが、失敗。かなりピントはずれているが、ジャスピンなら本日一番だった残念賞の写真をどうぞ。

f0105542_1036616.jpg


今日はこれまでと、帰り支度を始めた時、一頭の♂が急に全開したのだ。大感激である。

f0105542_103885.jpg


サツマは過去何度か撮影しているが、本日が一番充実していたように思う。来年は、交尾とか産卵シーンを撮影したいものだ。帰りのSAで当地の名物である、「伊勢うどん」なるものを食す。普通のうどんの倍はありそうな極太うどんの上に「かつおぶし」と「ねぎ」をのせたダシのない変わった代物である。しかし、底をお箸でかき混ぜると、濃厚な醤油ベースのたれとうどんが絡み、なかなか美味かった。

f0105542_10492785.jpg


本日の目撃種は、モンシロチョウ、キチョウ、アカタテハ、ツマグロヒョウモン、クロコノマチョウ、テングチョウ、アサギマダラ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ルリシジミ、ヤクシマルリシジミ、サツマシジミ、ウラギンシジミ、ウラナミシジミであった。Fさん、長時間の運転お疲れ様でした。Mさん、急に割り込ませていただき、失礼いたしました。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2009-11-03 11:08