ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

撮影仲間のF氏並びにお友達のM氏の3人で、三重県伊勢地方にサツマ狙いで出撃した。現地には午前10時前の到着である。数箇所ポイントを周り、そこそこの成果はあった。先ずはその1閉翅・チラリズム編である。この蝶、早朝に気合いを入れて出撃しても、下草には絶対にいない。気温が高く、天気が良いと、午前9時頃に山の彼方からヒラヒラと下りてくるのだ。午前10時がベストタイムらしく、特にセンダングサに多くの吸蜜個体を見る。やはり、翅は開きません。その1は、タイトルどおり閉翅・チラリズムの写真です。その2を期待されることと思いますが、今回は少し自信あり。一応、その2のタイトルは、飛翔・全開編です。乞うご期待・・・
-続く-

サツマシジミ閉翅1
f0105542_2047518.jpg


サツマシジミ閉翅2
f0105542_20482526.jpg


サツマシジミ閉翅3
f0105542_20485712.jpg


サツマシジミ閉翅4
f0105542_20493039.jpg


サツマシジミ閉翅5
f0105542_205044.jpg


サツマシジミ閉翅6
f0105542_20504017.jpg


サツマシジミチラリズム1
f0105542_20522619.jpg


サツマシジミチラリズム2
f0105542_20525086.jpg


サツマシジミチラリズム3
f0105542_20531856.jpg


サツマシジミチラリズム4
f0105542_20534939.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2009-10-31 20:58
更に、サツマを探して徘徊するもヌル。元々超少ないポイントだそうだし、時期も少し早かったか?一番多いのがこの子。どこにでもいる蝶だが、一応♂と♀

ウラナミシジミ♂
f0105542_11213827.jpg


ウラナミシジミ♀
f0105542_1122451.jpg


突如目の前に現れたのがメスグロ♀。一瞬種名がわからなかった。ヒョウモン類でも異色の色と模様だ。夏眠明けなので、ピカピカの個体ではないが。なかなかエエ色をしている。

メスグロヒョウモン♀
f0105542_11245568.jpg


アサギマダラも渡り前の個体がそこそこ。懲りずに飛翔に挑戦するも、やはり難しい。腕前もあるが、きっとレンズのせいだ。

アサギマダラ静止
f0105542_11422037.jpg


アサギマダラ飛翔1
f0105542_11425869.jpg


アサギマダラ飛翔2
f0105542_11283884.jpg


ポイントを移動する。いつものクロツポイントだ。いきなり3人のネットマンに遭遇し、一気に撮影意欲をなくすが、ベタな写真を何枚か撮影。ツメレンゲ満開は1ヶ月程先のようだ。機会があればもう一度訪れてみようっと。本日の目撃種は、少し記憶が怪しいが、モンシロチョウ、キチョウ、アオスジアゲハ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ウラギンシジミ、ムラサキシジミ、ウラナミシジミ、ヤクシマルリシジミ、クロマダラソテツシジミ、クロツバメシジミ、アカタテハ、ルリタテハ、メスグロヒョウモン、ミドリヒョウモン、ツマグロヒヨウモン、イチモンジセセリ、クロヒカゲ、アサギマダラであった。

ウラギンシジミ♂
f0105542_11354835.jpg


ウラギンシジミ♀
f0105542_11361460.jpg


クロツバメシジミ1
f0105542_11364711.jpg


クロツバメシジミ2
f0105542_11371599.jpg


クロツバメシジミ3
f0105542_11374269.jpg


クロツバメシジミ4
f0105542_11381279.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2009-10-17 11:47
本日で3連休終了。午前9時に起床すると非常に良い天気。家に粗大ゴミでいるよりは、マイフィールドを選択。一応狙いはヤマト、ツバメ青♀に決定。最初に目に飛び込んだのは、クロヒカゲ。結構遅くまでいる蝶だ。地面静止ならスルーするのだが、止まった場所が面白い。

クロヒカゲ吸水
f0105542_1433077.jpg


青♀求めて徘徊すると、ヤマトは♀5頭のうち1頭は青い。一方ツバメは個体数が少なく、残念な結果に終わる。

ヤマトシジミ♀①
f0105542_146764.jpg


ヤマトシジミ♀②
f0105542_1464350.jpg


ヤマトシジミ♀③
f0105542_147992.jpg


ツバメシジミ♀
f0105542_1475066.jpg


マクロばかりでは面白くないので、ツマグロヒョウモンを題材にして、広角とマクロの撮り比べ。被写体の写りという点では、マクロが勝るが、全体としてははるかに広角のほうが面白い。

ツマグロヒョウモンマクロ
f0105542_1411112.jpg


ツマグロヒョウモン広角
f0105542_14114035.jpg


まあまあの成果。出口付近で空を見上げると、ゴマダラチョウが気持ち良く滑空している。50回程シャッターを押したが、辛うじてヒットしたのはたった1枚。トリミングしております。

ゴマダラチョウ飛翔
f0105542_14142646.jpg


帰宅してすぐにミュウ号の散歩。勿論カメラは所持している。マイフィールドでは見なかったナガサキアゲハ、チャバネセセリ、アカタテハ、ヒメウラナミジャノメ等を見る。さて、本日のタイトル。ホシ<ルリとは?
3メートル四方の花壇。ここはホシミスジの縄張りである。本日も1頭がしっかりとテリを張っている。まだ新鮮だ。

ホシミスジ静止
f0105542_1420342.jpg


そこへルリタテハがやって来た。さてどうなりますやら。どちらかと言うとおとなしいホシミスジが何と攻撃を仕掛けたのだ。連続3枚です。

バトル1
f0105542_14231353.jpg


バトル2
f0105542_14233346.jpg


バトル3
f0105542_14235345.jpg


上記写真のとおり、ルリタテハはホシミスジの攻撃にはピクリともせず、すごすごとホシミスジは退散したのだ。ここからが面白い。何とホシミスジが2回目の攻撃?を仕掛けたのだ。

バトル4
f0105542_14266100.jpg


これは面白くなりそうだとワクワクしていたら、何と2頭は1枚の葉に止まって仲良く全開。勝てぬ相手は仲良くするのが一番と。-チャンチャン-

ダブル開翅
f0105542_14284650.jpg


本日の目撃種は、ナミアゲハ、ナガサキアゲハ、モンシロチョウ、キチョウ、スジグロシロチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、ツバメシジミ、ウラナミシジミ、ウラギンシジミ、ムラサキシジミ、クロヒカゲ、ヒメウラナミジャノメ、ツマグロヒョウモン、ルリタテハ、ホシミスジ、コミスジ、アカタテハ、ゴマダラチョウ、イチモンジセセリ、チャバネセセリ、テングチョウであった。なお、和歌山の蝶その2は、御三家の中の1種類を中心に後日アップさせていただきます。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2009-10-12 14:37
蝶シーズンも終盤。段々と蝶も少なくなってきました。関西では、ルーミス、ムラツ、シルビア、ヤクルリ、クロツ、サツマあたりが狙い目でしょうか。11月頃が面白いのですが、撮影仲間のF氏から、和歌山県でも北部の方に、ヤクルリ多産、多からずサツマもいるという情報をいただき、早速二人で出撃してきました。成果の程は?ですが、沢山写真が撮れましたので、その1を紹介いたします。
いつもなら、凄い時間をかけて南紀までサツマ狙いで行くのですが、今回のポイントは本当に近い。少し前に大きな台風が通過したのと、吸蜜植物のセンダングサの状態が心配。やっぱり蝶は少なかったです。センダングサもかなり刈り取られており、数頭のヤクルリを見ただけ。山地なのに、クマソ♀がいたのにはビックリ。このポイントを更に探索し、次のポイントに移動するのですが、写真の枚数上、その2で紹介いたします。但し、過度の期待はなさらないように。-続く-

ヤクシマルリシジミ♀閉翅
f0105542_11544739.jpg


ヤクシマルリシジミ♀半開
f0105542_11552197.jpg


ヤクシマルリシジミ♀全開
f0105542_11561099.jpg


ヤクシマルリシジミ♂半開
f0105542_11564229.jpg


クロマダラソテツシジミ♀閉翅
f0105542_1157309.jpg


クロマダラソテツシジミ♀全開
f0105542_11581885.jpg


ムラサキシジミ吸蜜1
f0105542_115914100.jpg


ムラサキシジミ吸蜜2
f0105542_11594758.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2009-10-11 12:03