ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

9月26日
クロツはツメレンゲ満開の時に撮影したいし、シルビアは♀が青く色づく時に撮りたいし、共に1ケ月早いと言う事で特に狙うべき蝶はいない。こんな時はマイフィールドに限る。午前8時の出発である。梅林に到着すると、樹の枝にハトかヒヨドリらしき鳥影が。どうでも良いけど一応70㎜で1枚撮影。撮影後鳥屋さんに会い、お話を伺うと、昨日から大阪府では準絶滅危惧種のツツドリが入っているとの事。念のため、唯一の画像をモニターでお見せすると、間違いなくツツドリとの事。「アジャー」真剣に撮っていれば良かった。

ツツドリ証拠写真以下レベル
f0105542_1250919.jpg


暫く再度出現することを期待して待つも現われず。仕方なく、アサギマダラポイントに移動。マイフイールドでも最も遠い場所である。登りを延々と1時間半歩かなくてはならない。道中、ホシミスジやクロヒカゲに会う。

ホシミスジマクロ
f0105542_125492.jpg


ホシミスジ広角
f0105542_12543646.jpg


クロヒカゲ
f0105542_1255586.jpg


ヒイヒイ言いながらアサギポイントに到着。数年前は一杯あったヒヨドリバナがほとんどない。辛うじて2頭観察出来たが、飛翔写真は惨い出来栄え。

アサギマダラ1(超ピンボケ)
f0105542_12574772.jpg


アサギマダラ2
f0105542_1258121.jpg


9月27日
昨日は何と5時間も歩きヘトヘト状態。ほとんど成果はなかったが、今日は休養日に決めていた。午前8時に起床すると、網戸にチャバネセセリが静止していた。

チャバネセセリ
f0105542_1314286.jpg


急遽、撮影意欲がメラメラと湧き、すぐに出発。ツツドリポイントでとことん粘ることにする。半時間後、森の中から素敵な奴が飛び出し、電線に静止。「近い」軽く100枚は撮影。執念深く追いかけ、色んなシーンを至近で撮ることが出来た。特にラストの写真は我ながら出色。

ツツドリ1
f0105542_1353269.jpg


ツツドリ2
f0105542_1355958.jpg


ツツドリ飛翔
f0105542_1362652.jpg


たっぷり時間があるので、周辺を蝶狙いで散策。勿論レア種はいなかったが、秋らしい写真を一杯撮れて、本日も美味しいビールを飲みながらアップ。

ツマグロヒョウモン♂訪花
f0105542_139025.jpg


ツマグロヒョウモン交尾
f0105542_1393764.jpg


ウラナミシジミ♀飛翔
f0105542_13103021.jpg


ウラナミシジミ♀静止広角
f0105542_13111093.jpg


両日の目撃種は、ナミアゲハ、キアゲハ、アオスジアゲハ、クロアゲハ、ナガサキアゲハ、チャバネセセリ、イチモンジセセリ、キチョウ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、ウラナミシジミ、ムラサキシジミ、クロヒカゲ、ナミヒカゲ、アサギマダラ、コミスジ、ホシミスジ、ミドリヒョウモン、ツマグロヒョウモンであった。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2009-09-27 13:17
数年前、大半のブログ、HPはベタな静止マクロ画像が主流を占めていたが、今は違う。広角飛翔がメインといったところか。恥ずかしながら、広角レンズは所持していない。大半の写真は、シグマ70-300㎜の200-300㎜領域での1/2マクロである。このレンズ、2万円を切る安さ。写りもそこそこで、良く言えばコストパフォーマンスは高い。でも、最近ワンパターンで少々食傷気味。このレンズでそこそこの飛翔写真は撮れまいか、無謀にもチャレンジした。マクロ機能は使わず、主に70-200㎜領域で押しまくった。結果は・・・であったが。大半の写真はトリミングはしております。冬のボーナスでシグマ15㎜あたりの購入を考えていますが、多分無理でしょう。写真はすべて本日のマイフィールド。目撃種は、ナミアゲハ、キアゲハ、クロアゲハ、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハ、ヤマトシジミ、ウラギンシジミ、ウラナミシジミ、コムラサキ、ミドリヒョウモン、イシガケチョウ、ホシミスジ、ツマグロヒョウモン、モンシロチョウ、キチョウ、ウラナミジャノメ、ヒメウラナミジャノメ、イチモンジセセリであった。

f0105542_18554199.jpg


f0105542_1855589.jpg


f0105542_18561836.jpg


f0105542_18563159.jpg


f0105542_18565994.jpg


f0105542_18572299.jpg


f0105542_18574188.jpg


静止写真もどうぞ

f0105542_18582689.jpg


f0105542_18584173.jpg


f0105542_18592379.jpg


f0105542_18594532.jpg


(追記)
昨日の失われた200枚を取り戻すため、9/20もたった1時間でしたが、コムラサキの飛翔にチャレンジしました。約200枚撮影しましたが、辛うじて写っていたのは掲載する2枚。ヒット率1%です。

コムラサキ飛翔1
f0105542_22452266.jpg


コムラサキ飛翔2
f0105542_22454624.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2009-09-19 19:03
朝晩幾分か凌ぎ易くなってきましたが、日中はまだまだ暑いです。秋の蝶には少し早いし、端境期でしょうか。朝9時出発でマイフィールドを2時間散歩してきました。コサメビタキ他夏鳥が現われると期待していましたが、ヤマガラ、エナガ等身近な鳥ばかりです。

ヤマガラ
f0105542_22101555.jpg


蝶の方もそこそこの種類はいますが、皆かなりくたびれております。まあ天敵に襲われることなく、長生きしているということで嬉しいですが。ボロの3種です。

キアゲハ吸蜜
f0105542_2214777.jpg


ジャコウアゲハ飛翔
f0105542_22143470.jpg


ウラナミジャノメ静止
f0105542_22145774.jpg


特にアップネタもなく、帰ろうとした時、少し大きめのブルーシジミ登場。ウラナミシジミ♂だろうと何枚か撮影しましたが、裏面を見てドキッ。熊襲でした。周辺を丹念に探しましたが、♂1頭のみ。関西では、情報も含めると、大阪市、高槻市、東大阪市の3市。これから関西一円に広がるかどうか興味津々です。多分すべてが放蝶だとは思いますが、どのステージの本種を何処から持ち込みばら撒いたのか、これまた興味津々です。しかし、暇な御仁がいるものです。本日の目撃種はアオスジアゲハ、キアゲハ、ナミアゲハ、クロアゲハ、ジャコウアゲハ、ナガサキアゲハ、モンシロチョウ、キチョウ、ヤマトシジミ、ウラギンシジミ、クロマダラソテツシジミ、ウラナミシジミ、ルリシジミ、イチモンジセセリ、コチャバネセセリ、ナミヒカゲ、ウラナミジャノメ、ヒメウラナミジャノメ、コミスジ、イチモンジチョウ、ツマグロヒョウモンであった。

クロマダラソテツシジミ半開
f0105542_2229087.jpg


クロマダラソテツシジミ全開
f0105542_22293071.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2009-09-13 22:32
先週、撮影仲間のスギ丸氏から、大阪市内某所でクマソ幼虫大量発生の知らせを受けた。やはり関西でも今年大発生するのだろう。タイトルのように、この蝶が大好きではないが、やはり記録として残しておかなくてはならない。丁度成虫も出現しているに違いない。ということで、スギ丸氏にご案内いただいた。
♂♀共成虫がちらほら、幼虫も少々、蛹も苦労して発見。約2時間で、お腹一杯撮影完了。はっきり言ってなかなかの美麗種だと思う。ただ、あまり人気がないのも事実である。本日の目撃種は、ナミアゲハ、アオスジアゲハ、モンシロチョウ、キチョウ、ヤマトシジミ、クロマダラソテツシジミ、ルリタテハ、ツマグロヒョウモンであった。

ソテツ
f0105542_19423978.jpg


クマソ幼虫
f0105542_19431049.jpg


クマソ蛹
f0105542_19433838.jpg


クマソ産卵
f0105542_19442751.jpg


クマソ♀閉翅
f0105542_1946294.jpg


クマソ♀半開
f0105542_1946327.jpg


クマソ♀全開
f0105542_194744.jpg


クマソ♂閉翅
f0105542_1948084.jpg


クマソ♂全開
f0105542_19483413.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2009-09-06 19:53