ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

本来なら信州遠征その4を掲載する予定であったが、本日三重県にキリシマ狙いで小遠征したので、ほやほやの方を優先することにする。メンバーはスギ丸氏、dodoboy氏の三人組。早朝から出発し、現地には午前5時半の到着である。既に金緑色の宝石が梢を高速で飛翔しているではないか。本日は例年と勝手が違う。全然葉上に静止しないのである。一向にシャッターチャンスは訪れない。かなり時間が経過してから、お馴染みのma23氏、O氏、A氏もやって来られた。A氏が第2ポイントに移動、後を追うようにdodoboy氏も移動。遅ればせながら私も移動する。こちらのポイントもやはり静止しないとのこと。でも、少しだけ本日は私の引きが強かったのか、少し遠方で、暗い条件ではあったが、キリシマの尻尾はゲットすることが出来た。
第1ポイントに残っている3人を呼びにいき、チラット私の撮った写真をお見せすると、瞬時に、3人の姿はなかった。(笑)
偶然にも、第1ポイントで午後になってからキリシマ♀個体を発見し、6人全員でストロボの嵐。意外と満足のいく1日であった。dodoboyさん運転お疲れ様です。スギ丸さん腫れはひきましたでしょうか。
本日の目撃種は、キチョウ、ルリシジミ、ヤマトシジミ、キリシマミドリシジミ、ミドリシジミ、トラフシジミ、クロシジミ、クロコノマチョウ、ジャノメチョウ、クロヒカゲ、キマダラヒカゲ、ホソバセセリ、ヒメキマダラセセリ、アオスジアゲハ、イチモンジチョウ、ルリタテハ、コミスジであった。

ホソバセセリ
f0105542_22181992.jpg


クロコノマチョウ
f0105542_22185157.jpg


クロシジミ
f0105542_22192388.jpg


キリシマミドリシジミ♀
f0105542_2219535.jpg


キリシマミドリシジミ♂閉翅
f0105542_22205078.jpg


キリシマミドリシジミ♂開翅
f0105542_2221276.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2008-07-27 22:27
いきなり卍飛翔に遭遇する。多分アイノだ。それも2~3ヶ所でだ。まさしく圧巻。時には目の前数十cmでバトルを繰り広げている。但し、私のカメラ、レンズ、腕前ではこのシーンをおさめることが出来なかった。まさしく証拠写真ではあるが、掲載しておきます。

卍1
f0105542_12555360.jpg


卍2
f0105542_12562826.jpg


卍3
f0105542_1257530.jpg


卍が解けると、下草に静止することが多いことを発見。チャンスを伺う。やはりアイノだった。約100枚程度撮影したが、比較的ましな写真を数枚。

アイノ1
f0105542_1303610.jpg


アイノ2
f0105542_131040.jpg


アイノ3
f0105542_1313733.jpg


アイノ4
f0105542_132357.jpg


アイノ5
f0105542_1324462.jpg


種類の違うゼフもいた。表の色、裏面の模様から察すると、ジョウザンのようだ。

ジョウザン
f0105542_1341977.jpg


その他の蝶としては、オオミスジが多い。♀個体の様だ。マイフィールドでおなじみのミスジチョウ♀よりもはるかに大きくて感動。

オオミスジ
f0105542_1361669.jpg


タップリとゼフを堪能したので、次のフィールドに移動すべく車に戻ると、ウラジャノメがボディーに張り付いていた。車の色がお気に入りなのかなあ?

ウラジャノメ
f0105542_1310887.jpg


次のフィールドは昨年ムモンを撮影したところだ。流石に早いなと思っていたが。着いてすぐ、珍しいシーンを見る。  -続く-
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2008-07-26 13:18
素敵な蝶とは、コヒョウモンモドキだ。いつもながら飛翔は緩やかだが、気温が高い故なかなか静止せず、撮影に苦労する。この蝶はウスイロヒョウモンモドキそっくりだが、生息地がかけ離れているので、同定には苦労しない。

コヒョウモンモドキ開翅
f0105542_21142582.jpg


コヒョウモンモドキ閉翅
f0105542_20495351.jpg


アザミの花にヒョウモン類が群れている。このポイントには、ウラギンヒョウモンとギンボシヒョウモンが混生しているので、またまた同定に苦労する。

ウラギンヒョウモン♂(性標2本がくっきりしているので自信あり)
f0105542_20572429.jpg


ギンボシヒョウモン(2頭共多分?)
f0105542_20583973.jpg


草原特有の蒸し暑さに体力が次第に奪われる。次にゼフポイントに移動する道中、またまた同定に苦労させられる2種に遭遇する。ヒメとアサマだ。でも、今回は全員一致で意見が共通したので間違いないと思う。どちらも可憐で愛おしい蝶だ。

ヒメシジミ半開
f0105542_2145129.jpg


ヒメシジミ全開
f0105542_2115047.jpg


ヒメシジミ集団吸水
f0105542_2161254.jpg


アサマシジミ半開
f0105542_217935.jpg


アサマシジミ全開
f0105542_2174087.jpg


ゼフポイントはナラ、カシワ系の食樹が一杯。何度か叩きだしを試みるものの、意外と飛び出す個体は少ない。更に奥に進むと、凄い光景に出くわす。   -まだ続く-
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2008-07-23 21:21
6月中旬以降、土日になると悪天候が続き、週1回は更新という箍が外れると、急に撮影意欲が減退し、約1ヶ月間更新しなかった。既に関西も梅雨明けし、関西はオフシーズンである。そんな時、撮影仲間からお誘いがあり、信州に遠征することになった。メンバーは、スギ丸氏、ma23氏、dodoboy氏の四人組である。前日19日午後10時半に大阪を出発し、いざ長野県へ。今回はプランニングがma23氏、運転がdodoboy氏。御両名には色々とお世話になりありがとうございました。


現地には午前3時半の到着。勿論まだ夜が明けていないので、外灯や自販機の明かりにやってくる昆虫をチェックするが、蛾類ばかりですぐに飽きてしまう。午前5時過ぎ、日の出を待って出撃を開始する。一番最初に現れたのがセセリチョウ。アカセセリだと言う意見が多い。それなら初撮影種である。先程まで同定をしていたが、私はコキマダラセセリだと思った。

コキマダラセセリ?
f0105542_11384133.jpg


次に弱弱しく飛び出したのがウラジャノメ。
f0105542_11424925.jpg


f0105542_11444798.jpg


いよいよ草原に突っ込む。朝露でズボンはベチョベチョ。しかも結構草丈があり、登り斜面なので、少し戦意喪失。朝露に濡れたヒョウモンチョウを撮影する。


f0105542_11493299.jpg



f0105542_1150013.jpg


dodoboy氏が叩きだしを試みると、一頭のゼフガ落ちてきた。しかし、同定が難しい。エゾミドリシジミのような気がするが。この個体も先程まで同定をしていました。エゾかジョウザンのどちらかだと思うが。エゾは尾状突起が短い、ジョウザンはやや長いと図鑑に書いてあった。

エゾミドリシジミ?
f0105542_1202173.jpg


日当たりの良い斜面に移動する。と、いきなりあの素敵な蝶が・・・・。   -まだまだ続く-

(注記)
今回は撮影枚数1000枚、撮影種数はまだ作業中ですのでわかりません。1回の掲載ではボリュームが多すぎましたので、小出しで掲載いたします。なお、同定に少し自信がありませんので、ご指摘宜しくお願いいたします。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2008-07-21 12:16