ブログトップ

蝶&鳥日記 2

nozopy2.exblog.jp

冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記

<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

26日からGWが始まっており、長い方だと11連休。勿論私は違いますが。26~27日はラストギフに出撃予定だったのですが、所用と二日酔いのため、叶いませんでした。関西のギフも既にシーズンオフ。交尾、産卵シーンは今年も撮影出来ませんでしたが、来年の楽しみに残しておきます。
さて、本日は・・と言いつつ、特にこの時期めぼしい蝶はおりません。こういう時はマイフィールドに限ります。どちらかと言えば、運動不足を解消するための、「歩き」中心の1日でした。午前9時半到着。午後4時までおりましたので、ざっと6時間半。勿論、蝶仲間との談義やら、墨流し撮影のためのウェイティング(結局は見れず)を差し引いても、5時間は歩いておりました。
蝶の方ですが、タイトルどおり、身近な蝶の飛翔写真をメインといたしましたが、やはりヒット率は低いですね。200mmマクロ、AFで約300枚。1~2枚はましな写真があったかなあ。本日の目撃種は、ナミアゲハ、キアゲハ、ナガサキアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、クロアゲハ、ジャコウアゲハ、モンシロチョウ、キチョウ、モンキチョウ、スジグロシロチョウ、ツマキチョウ、ツバメシジミ、ルリシジミ、ヒメウラナミジャノメ、クロヒカゲ、サトキマダラヒカゲ、アカタテハ、コミスジ、ツマグロヒョウモン、テングチョウであった。

モンシロチョウ吸蜜
f0105542_1848223.jpg


モンシロチョウ飛翔
f0105542_18485412.jpg


ナミアゲハ飛翔1
f0105542_18492131.jpg


ナミアゲハ飛翔2
f0105542_18494118.jpg


ジャコウアゲハ飛翔1
f0105542_18501138.jpg


ジャコウアゲハ飛翔2
f0105542_18503653.jpg


コミスジ飛翔
f0105542_1851683.jpg


コミスジ静止
f0105542_18512720.jpg


サトキマダラヒカゲマクロ
f0105542_18515684.jpg


サトキマダラヒカゲ広角
f0105542_1852283.jpg


クロヒカゲマクロ
f0105542_18525898.jpg


クロヒカゲ広角
f0105542_18532819.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2008-04-29 18:58
土・日、ナラギフに出撃すべく、金曜日にまずは諸条件の確認。まずは天気。両日共くもり。山沿いは雨が降りやすいそうな。ガクッ。次にカタクリの開花状況を電話して確認。ほとんど蕾で一週間後が適期とのこと。更にガクッ。ということで、昨日は家事手伝いに専念する。ミュウ号の予防注射、庭の草むしり他所用を無事こなす。夕方から、阪神戦を見たり、ごくせん3を見たりして、珍しく一度もパソコンに向かうことはなかった。そして、本日。午前5時に起床し、天気予報を確認すると、午前中はくもり。午後から晴れとのこと。非常に微妙だが、とりあえず出発する。
現地ポイントには午前9時40分の到着である。予想通り、カタクリの花はすべて蕾。辛うじて3つはほんの少し開いている。天気はどんよりした曇り空。午前9時時点での気温も7℃と、先週に引き続きヌルの可能性95㌫。目的はカタクリギフなのでかなりハードルは高いが、兎に角待つことにする。午前11時半、一瞬(正確には5分)太陽が顔を出す。奇跡的にも、1分後、ギフが出現し、ほんの少し開いたカタクリで吸蜜を開始したではないか。残念ながら目線はギフのサイドである。急に回り込んで飛ばれたら元も子もない。シャッターを押し続けながら、正面の位置まで、ゆっくりと移動する。「エエポジションや」とシャッターを押す瞬間、飛ばれた。すぐには飛び去らず、地面で暫し静止。曇りだしたら、梢彼方に飛び去ってしまった。

ギフカタクリ吸蜜1
f0105542_20353277.jpg


ギフ地面静止
f0105542_20361965.jpg


まあ、一応カタクリギフは撮影成功。ほとんど蕾のカタクリに来るなんて、かなりラッキーなのであるが、心は晴れない。更に待つ。正午12時半。再度太陽が顔を出す。またもやギフ登場。1回目のギフと同個体かどうかはわからないが、やはりカタクリで吸蜜を始める。今度は正面からの撮影にも成功。5分後またもや曇りだし、同様の結果に。

ギフ地面静止広角
f0105542_20422719.jpg


ギフカタクリ吸蜜2
f0105542_20432035.jpg


ギフカタクリ吸蜜3
f0105542_20435531.jpg


カケス1
f0105542_2054823.jpg


カケス2
f0105542_20543018.jpg


たった10分だけであったが、晴れ間がのぞき、待望のシーンも成功。「たられば」を言わしていただくなら、①満開のカタクリだったらなあ ②飛翔とか、縦位置とか、青空広角カタクリギフも撮影したかったなあ。更に1時間待つも、天気の回復はなし。午後1時半、1名のネットマンと数名のカタクリ観察隊がほぼ同時にやってきたので、ポイントを後にする。次は麓での撮影。天気はうってかわって快晴だ。しかも気温も汗ばむほど高い。いつもの菜の花畑には、白いチョウが8頭。モンシロ4、スジグロ4だ。期待していたツマキチョウはいない。良く見ると1頭毛色の異なるチョウが熱心に吸蜜中。サカハチチョウだ。何とか表裏を撮れた。

サカハチチョウ1
f0105542_20585984.jpg


サカハチチョウ2
f0105542_20592738.jpg


サカハチチョウ3
f0105542_2184990.jpg


スジグロシロチョウ交尾
f0105542_20595510.jpg


本日の目撃種は、初見が、ベニシジミ、ヒメウラナミジャノメ、サカハチチョウ。それ以外が、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、キチョウ、ヤマトシジミ、ツバメシジミ、ルリシジミ、ギフチョウであった。来週はきっとカタクリが満開のはずだ。一方、ギフの方は、♂はボロ、♀はまだ狙えるかもしれない。まあ出撃は天気次第。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2008-04-20 21:17
昨日は、予定どおり2回目の北陸遠征であったが、晴れ間がほとんどなく、気温もギフ飛翔基準値よりも3~4℃低かったようで、一頭も観察出来ませんでした。遠征のヌルはかなりダメージがあります。

ギフ無念 天気の神に イカリソウ
f0105542_15235352.jpg


本来なら、本日は完全休養日であったのだが、何せストレスたまりまくり。という事で、ギフの合間に、軽くマイフィールド向け出撃。一面タンポポが咲き乱れ、チョウ達も熱心に吸蜜中。大半はモンシロチョウであるが、すぐにキアゲハ発見。いつもながら春型は小振りで可愛い。

キアゲハ
f0105542_15301337.jpg


他に何かいないか探していたら、こちらも今年初見のツバメシジミ。残念ながら黒♀であったが10枚程度撮影する。

ツバメシジミ♀
f0105542_15321368.jpg


暫く歩いていると、颯爽と、クロアゲハ登場。流石に飛翔写真を撮る余裕なし。そうかと思えば、陽気に誘われた越冬イシガケチョウがお出まし。恐ろしく敏感であったが証拠写真をば。

イシガケチョウ(越冬)
f0105542_15381099.jpg


次にスプリングエフェメラル求めて、ミヤマポイントに移動。道中、園芸種にスジグロシロが熱心に吸蜜している。かなり飛び古しているので、発生は大部前のようだ。

スジグロシロチョウのボロ
f0105542_15431951.jpg


ミヤマポイントに到着すると、一頭だけであったが、強烈にテリを張っていた。凄いスピードであるが、すく止まるので撮影は簡単。

ミヤマセセリマクロ
f0105542_15452214.jpg


ミヤマセセリ広角
f0105542_15455059.jpg


次に、コツバメポイントに移動しようかと思ったが、昨日の疲れが出始め、断念する。まだ、タップリ時間があるので、最近ブログ仲間で人気急上昇中の飛翔写真にチャレンジ。AFが超速いレンズで、ISO1600でもノイズが少なく、秒8コマ以上のカメラなら、少しはヒット率が上がるのであろうが、何せ今の機材ではかなりしんどい。100mmの焦点距離、MFで100枚程度、キチョウとモンシロチョウにチャレンジしたが、やはり厳しい結果に。笑ってやってくださいまし。

キチョウ飛翔
f0105542_1555482.jpg


モンシロチョウ飛翔
f0105542_15553537.jpg


本日の目撃種は、初見がスジグロシロチョウ、キアゲハ、クロアゲハ、ヤマトシジミ、ツバメシジミ、イシガケチョウ、ミヤマセセリ。それ以外が、モンシロチョウ、キチョウ、ルリシジミ、ナミアゲハ、ルリタテハ、テングチョウであった。来週からは、ナラギフスタート。意地でもカタクリ吸蜜シーンを撮るぞぉ。
[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2008-04-13 16:03
待望の4月がやってまいりました。来週からスタートする予定だったのですが、先日、以前よく御一緒した蝶仲間で、2年前に三重県に転勤され、ご無沙汰であったF氏からメールが届き、「福井ギフどうですか」との由。勿論快諾である。と言うことで、午前6時に大阪を出発する。
Aポイントには午前8時30分の到着である。一昨年、4月19日に軽く40頭オーバーのポイントに到着。山頂付近がポイントであるそうだが、車通行禁止で、麓に車を止め、登り坂を半時間かけて、ヒィーヒィー言いながら、ピンポイントに到着。午前9時15分、待望の素敵な奴がお出まし。まだ気温が上がりきっていないので、飛んでは止まり、止まっては飛びの繰り返し。何とか定番の開翅写真は撮影成功。約2時間で、数頭を観察するも、スミレ、ショウジョウバカマには全く関心がないらしく、平凡な写真しか撮影出来なかった。
次に、来週の下見を兼ねて、ブログ仲間のK氏から頂いた情報を頼りに、Bポイントに約1時間かけて移動。Aポイントよりは目撃数は多かったが、何せ到着時刻が正午12時半。一向に止まりません。やはり平凡な写真ばかりです。

♀が産卵するはずであった食草
f0105542_21354383.jpg


吸蜜にやってくるはずであったカタクリ
f0105542_2137738.jpg


吸蜜にやってくるはずであったショウジョウバカマ
f0105542_21382880.jpg


吸蜜にやってくるはずであったスミレ
f0105542_21393233.jpg


Aポイント静止開翅
f0105542_2141415.jpg


Bポイント静止開翅
f0105542_21414384.jpg


まあ、一回目のギフ出撃。成果としてはこんなもんだろうと、二人、些かブルーな気分で俯き加減で、車を止めてある場所に移動。現在の時刻は午後2時15分である。暫く歩いていると、まだ若い満開桜の樹に蝶影を発見。何とギフであった。距離にして、約2m半。吸蜜に夢中らしく、約3分間色々なポーズを披露してくれた。ブルーから一転して、二人共顔面笑顔。来週も天気が良ければ別メンバーで北陸遠征2回目を実施予定である。本日の目撃種は、モンシロチョウ、キチョウ、ギフチョウ、コツバメ、ルリシジミ、キタテハ、ルリタテハ、ヒオドシチョウであった。

桜で吸蜜するギフチョウ
f0105542_21573272.jpg

[PR]
by 6422j-nozomu2 | 2008-04-05 22:03